【高齢者の転倒】足首の筋力低下が原因!寝たきりを防ぐ「つま先&かかと歩き」のやり方

【高齢者の転倒】足首の筋力低下が原因!寝たきりを防ぐ「つま先&かかと歩き」のやり方

高齢者が寝たきり(要介護状態)に陥る原因は、大きく2種類に分けられます。脳梗塞などの血管系の問題と、骨折などの整形外科系の問題です。つま先&かかと歩きを行って、無理なくじんわりと足の筋肉を鍛え、年を取っても動ける体づくりを目指しましょう。【解説】久保明(銀座医院院長補佐・抗加齢センター長)


足首を動かす三つの筋肉を鍛えることが重要

近年、健康長寿を語るうえで、「フレイル」という言葉が注目されています。
日本語に訳すと「虚弱」を意味します。

医学的にフレイルとは、加齢に伴って筋力や心身の活力が低下した状態を指します。
そして、高齢者の病気の専門医が集まる日本老年医学会は、2年前に、「高齢者の多くは、フレイルの状態を経て要介護状態になるので、早期発見をして対処することが必要」と、医療・介護関係者に呼びかけました。

高齢者が寝たきり(要介護状態)に陥る原因は、大きく2種類に分けられます。
脳梗塞などの血管系の問題と、骨折などの整形外科系の問題です。

フレイルにかかわるのは、後者の整形外科系の問題です。
骨折だけでなく、骨粗鬆症や変形性関節症、加齢による筋力低下など、いわゆるロコモティブシンドローム(運動器の障害により、要介護になるリスクの高い状態)全般が関係します。

簡単にいえば、「加齢に伴って筋力が低下する」→「自分の思うような動作が困難になる」→「最終的に寝たきりになってしまう」という危険性が生じるのです。
そして、寝たきりになる前段階に起こるトラブルとして多いのが、転倒です。

転倒の原因はさまざまですが、特に下半身や筋肉に注目すると、大きく三つの原因が挙げられます。

❶股関節の動きが悪い。
❷ひざの関節が十分に曲がっていない。
❸足首がかたく、思っているほど足が上がっていない。

ここで注目したいのが、原因❸です。
これを防ぐためには、足首からつま先をスムーズに上下させる、「足首を動かす筋肉」を鍛えることが重要です。

足首を動かす筋肉は、主に三つあります。
ふくらはぎの腓腹筋とひらめ筋、そして、いわゆる弁慶の泣き所(すねの前面)にある前脛骨筋です。
腓腹筋とひらめ筋はかかとを上げる動作(つま先立ち)と、前脛骨筋はつま先を上げる動作(かかと立ち)と連動します。

そして、この三つの筋肉を同時に、簡単で効果的に鍛えられるのが、「つま先&かかと歩き」です。
これにより、三つの筋肉を同時に鍛えることができます。

かかと歩きは20m歩ければ十分 !

まずは、「つま先&かかと立ち」から試してください。
ノルマの回数は特にありませんが、往復で10回も行えば十分です。

足首を動かす三つの筋肉は、普通に生活している限り、大きく刺激されることはありません。
意識的にケアをしないと、どんどん衰えていきます。

そのため、急につま先&かかと歩きを実行すると、こむら返りを起こす場合があります。
ですから最初は、つま先&かかと立ちを少しずつ実行して、自分の三つの筋肉の状態を確かめましょう。

なお、つま先&かかと立ちを行うときは、壁や机、イスなどにつかまりながら、足元が安定した場所で行いましょう。
基本的にどこでも実行できますが、通勤電車やバスで行うのは危険です。

慣れたところで、次は、つま先&かかと歩きです。
こちらはとにかく、無理のない程度に行ってください。

最初は、室内で数歩歩くだけでもかまいません。
慣れてきたら、少しずつ距離を伸ばしていき、最終的に20mも歩ければ十分です。

靴をはいたまま行っても問題ないので、散歩のときに実行するのがお勧めです。
これらのトレーニングを行ったとき、どうしても上手にできない、すぐにペタンと足先やかかとを下ろしてしまう、という人がいるかもしれません。

その場合、腰に異常がある可能性があります。
足首を動かす三つの筋肉は、腰の神経が支配しているので、腰に異常があると、スムーズに動かすことができないのです。

心配でしたら一度、整形外科で見てもらうことをお勧めします。
今回ご紹介したトレーニングは、足首を丈夫にして、転倒予防、ひいては寝たきりを防ぐために、多くの人にお勧めです。

つま先&かかと歩きを行って、無理なくじんわりと足の筋肉を鍛え、年を取っても動ける体づくりを目指しましょう。

久保明
銀座医院院長補佐・抗加齢センター長。常葉大学健康科学部教授。東海大学医学部医学科客員教授。アンチエイジング医療の第一人者。人の老化度を科学的に測るエイジングドックを開発。銀座医院では「プレミアムドック」を立ち上げ、その結果に基づく運動・栄養・点滴療法などを実践している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


かかと歩き 寝たきり 筋肉

関連する投稿


【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。【解説】宮田重樹(宮田医院院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング