【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

「水泉」と「失眠」のツボは水分代謝をよくしむくみを改善します。「失眠」のツボがあるかかとは皮膚が厚く、鈍感なところです。したがって、強い刺激でないと効果がありません。そこで私は、小石(玉砂利)を踏む「石踏み」をお勧めしています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校講師)


関村順一
ekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校講師

象の足のように太いひどいむくみによく効く

中高年の女性のなかには、足がむくんで、象の足のように太くなっている人がいます。
これは、東洋医学でいう「瘀血」で、古い血液が滞った状態です。
加齢により腎機能が衰えると、水分代謝が低下します。

血液の流れも悪くなり、瘀血になりやすくなります。その結果、足全体がむくんで、疲れやすくなるのです。
そういう人に、ぜひお勧めしたいのが、かかとのツボ刺激です。

かかとの周囲には、水分代謝をよくするツボがいくつかあります。
その一つが、「水泉」です。水泉は、かかとの内側にあるツボです。

内くるぶしのすぐ後ろに、アキレス腱のくぼみがあります。
そのくぼみから指幅1本分くらい下の、かかととくるぶしの真ん中あたりに水泉があります。

むくみのある人は、そのツボを押すと穴が開いているようにへこむので、すぐにわかります。
水泉は、水分代謝をつかさどる腎経という経絡(生命エネルギーの一種である気の通り道)のツボです。

腎経のなかでも、郄穴と呼ばれる作用の強いツボに属し、急性期の症状によく用います。
ですから、足のひどいむくみにもよく効くのです。

そのほか、膀胱炎、頻尿、冷え症などの治療にも、このツボはよく用いられます。
水分代謝をよくするもう一つのツボは、足の裏のかかとのふくらみの真ん中にある「失眠」です。

不眠に効くツボとして有名ですが、このツボには利尿作用もあり、尿の出を促してむくみを解消してくれます。
尿の出がよくなることで、夜間頻尿も改善してきます。

夜中に目を覚ますことが減り、そういう意味でも、いい睡眠が取れるようになります。
私はふだんの治療によくお灸を使いますが、これらのツボにお灸をすると、皆さん、尿の出がよくなったと驚かれます。

尿の出が悪くて体内の余分な水分を排出できなければ、水毒(老廃物)がどんどんたまり、体がむくむだけでなく、膀胱炎を起こしやすくなります。
しかし、尿をしっかり出して、水分の流れがよくなれば、むくみや膀胱炎を予防でき、低下した腎臓や膀胱の機能も回復してきます。

かかとを中心に石踏みをすると疲れにくくなる!

水泉や失眠のツボは、お灸を使う代わりに、手の指で刺激しても、効果が期待できます。
水泉は、親指の腹で、10〜15秒、ギューッと強く押してください。

それを5〜6回くり返します。
左右の足に行い、むくみのひどい側は、少し多くします。

1日2〜3度行いましょう。一方、失眠は足の裏のかかとにあるツボです。
かかとは皮膚が厚く、鈍感なところです。

したがって、強い刺激でないと効果がありません。
そこで私は、小石(玉砂利)を踏む「石踏み」をお勧めしています。

丸い小石を浅めのダンボールに敷きつめ、その上で足踏みをします。
小石は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。

こうして石踏みをすると、失眠が刺激されて尿の出がよくなり、血流もよくなります。
足の裏に痛みを感じることがありますが、多少は我慢して続けてください。

続けるうちに、だんだん痛みは軽くなるはずです。
1日に5〜10分、かかとを意識して、ゆっくりしっかりと石踏みするといいでしょう。

かかとがガサガサしている人は、かかとの血流が悪くなっています。
かかとを中心に石踏みをすると血流がよくなって、かかとがキレイになり、足も疲れにくくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

【パニック障害・トラウマ】不安・不眠・過食に効果 大学准教授が考案「合谷タッピング」

私は普段、臨床心理士として、さまざまなトラウマ(心の傷)を抱えた人たちを回復させるお手伝いをしています。治療には、身体的にアプローチする心理療法を用いています。中でも、不安を消すのに非常に有効な手法が、私が考案した「合谷タッピング」です。【解説】藤本昌樹(東京未来大学子ども心理学部准教授・臨床心理士)


【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

人間の体にとってメンテナンスとは、「筋肉トレーニングをする」ことです。筋肉を鍛えれば、いつまでも自分の足で歩くことができますから、自立した生活を送るには、いくつになっても筋肉トレーニングが必要なのです。筋トレで、私が必ず皆さんに指導するものの一つに、「ふくらはぎストレッチ」があります。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

【むくみ・こむら返りを解消】ふくらはぎストレッチのやり方

「ふくらはぎストレッチ」は、ストレッチボードに乗ってふくらはぎを伸ばすという、簡単なストレッチです。ストレッチボードがなくても、身近にあるさまざまな物で代用できます。筋トレやストレッチは、何よりも続けることが大事なので、ぜひ、毎日続けてください。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

一般には40代から、しだいに毛細血管が弱くなっていきます。なぜかというと、ピタリとくっついていた壁細胞と内皮細胞が離れやすくなるからです。表地と裏地の間に、すき間ができてくるわけです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

【血圧を下げる効果】ツボ「合谷」位置は人によって違う?低血圧の人にお勧めの刺激方法

私は、30年以上前に「合谷」に着眼して以来、延べ2万人以上の患者さんに合谷指圧を施し、また指導してきました。その経験を踏まえて、読者の皆さんが効果的に刺激するためのコツをご紹介しましょう。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)