【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。ぜひ一度、お試しください。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


インド伝統医学では一般的な健康法!

私は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの専門医です。
アーユルヴェーダでは、すべての人には3種のエネルギーが備わっていて、その人の体質や個性は、それらのバランスによって決まるとされています。

この3種のエネルギーが、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれるものです。
ヴァータは風のような性質、ピッタは火のような性質、カパは水のような性質を表しています。

これらのバランスは、個人により異なりますが、加齢、つまり成長により、ある程度の傾向が見られます。
一般的に、25歳までは、カパが優勢です。水の性質であるため、肌がみずみずしく、生命力にあふれた状態です。

25〜50歳になると、火の性質であるピッタが優勢になります。
活力、情熱、集中力が高まる時期です。そして、50歳以降で優勢になるのがヴァータです。

ヴァータは、体内で運搬や排出、吸収などの機能をコントロールしています。
ヴァータが優勢になると、風の性質からイメージできるとおり、「体の水分が減り、肌が乾燥する」「血管や骨がもろくなる」といった、老化現象が目立つようになります。

髪がパサパサする、抜け毛や白髪が増える、薄毛になるといった毛髪トラブルも現れます。
つまり、アーユルヴェーダでは、老化現象はもちろん、毛髪トラブルのほとんどは、ヴァータが優勢になることによる乱れが原因と考えられているのです。

若くして抜け毛や薄毛などに悩まれている人も、例外はありますが、ほぼ、ヴァータの乱れが原因です。
ですから毛髪トラブルは、乱れたヴァータを整えることで改善します。

そこで、私がお勧めしているのが、「白ゴマ油うがい」です。
うがいは、アーユルヴェーダでは、ヨガやオイルマッサージと同様、一般的な健康法の一つです。

ヴァータ・ピッタ・カパの、それぞれの調整に適したうがい法があり、白ゴマ油うがいは、ヴァータを整えます。

実践したその日に抜け毛が半減した人もいる!

使う油は、白ゴマを生のまましぼった油です。
「太白ゴマ油」などという名前でも売られています。

ちなみに、皆さんがよくご存じの褐色のゴマ油は、白ゴマを炒ってから、しぼって作られる物です。
白ゴマ油は、スーパーで手軽に入手できます。

香りがなく、サラッとしていて、料理に好んで利用する人も多いようです。
購入したままの状態でも使えますが、鍋に入れて100度まで加熱し、冷ましてから使用することで、さらにパワーがアップします。

うがいのやり方は、簡単です(上の図解参照)。
早朝か、ヴァータが優位になる、16時から18時ごろに行うのがお勧めです。

時間に余裕があり、より効果を高めたい人は、白ゴマ油を大さじ2杯に増やしてみましょう。
さらに、口に含んだら、30分ほどそのままにしておきます。

その後、うがいをして、油を吐き出してください。
こうすることで、口腔粘膜への白ゴマ油の吸収が、より高まります。

ヴァータを整える力も、さらに強まるのです。
私のクリニックでは、患者さんにも白ゴマ油うがいを勧めています。

実際、「白髪がなくなった」(60代・女性)、「髪にコシが出てきた」(70代・女性)など、毛髪のトラブルが改善したという声が上がっています。
顕著な例ですと、大量の抜け毛と薄毛に悩んでいた50代の女性が白ゴマ油うがいを実践し、その日のうちに抜け毛が半減したのを実感。

1年も経たずに悩みが解消したそうです。
実は、私も少年のころ、15歳の若さで、すでに白髪と薄毛に悩んでいました。

それが、アーユルヴェーダに出合い、白ゴマ油うがいを実践しているおかげで、白髪や抜け毛はさほど進行していません。
55歳になる現在でも、健康的な髪を維持しています。

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。
また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。

ぜひ一度、お試しください。

蓮村誠
マハリシ南青山プライムクリニック院長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング