簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

簡単に手作りできる!食べる甘酒の作り方

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理監修】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


桑島靖子
桑島内科医院副院長。新宿溝口クリニック・栄養療法医師。日本内科学会内科専門医。日本東洋医学会漢方専門医。日本抗加齢医学会専門医。30代に悩まされ続けた不定愁訴を、漢方と栄養療法でみずから克服。以来、漢方、栄養療法、点滴療法を取り入れた複合的なアプローチで内科疾患、不定愁訴の治療・予防に当たる。共著に『子宮を温める食べ方があった!』(青春出版社)などがある。

甘酒の作り方 炊飯器を使う作り方

大量に作りおきしたいかたにお勧め!

【材料】
※出来上がりの量=約900㎖
もち米(白米・玄米でも可)…1合
水…600㎖
水(追加分)…200㎖
乾燥米こうじ…200g(生米こうじの場合も同量でOK)

【作り方】
❶もち米は洗い、水600㎖に30分、玄米の場合は一晩つけておく。

❷①を炊飯器に移し、おかゆモードで炊く。

❸おかゆができたら、水200㎖を注いで混ぜ、温度を下げる。

❹60度前後になったら乾燥米こうじを加え、よく混ぜる。

❺炊飯器のふたを開けたまま、ふきんをかけ、保温モードで約8時間保温する。
途中で温度が下がったら、ふたをして温度を上げ、60度前後を保つようにする。

❻ほんのり黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

1週間で食べ切るのが目安。
1日大さじ4杯程度を、食後にとるのがお勧め。

酵素の活性が失われるため、60度を超える温度で温めないこと。
ヨーグルトのようにそのまま食べる。

また、豆乳や焼酎などと割って飲んだり、コーヒーゼリーやシリアルにかけて食べた
りしてもおいしい。

鍋と保温水筒を使う作り方

炊飯器に空きがなくても作れる!

【材料】
※出来上がりの量=約500㎖
もち米(白米・玄米でも可)…1/2合
水…500㎖
水(追加分)…100㎖
乾燥米こうじ…100g(生米こうじの場合も同量でOK)

【作り方】
❶もち米は洗い、水500㎖に30分、玄米の場合は一晩つけておく。

❷①を厚手の鍋に移し、ふたをして弱火で20 分ほど炊き、おかゆを作る。

❸おかゆができたら、水100㎖を注いで混ぜ、温度を下げる。

❹60度前後になったら乾燥米こうじを加え、よく混ぜる。

❺④を保温水筒に入れ、ふたを閉める。

❻約8時間おき、ほんのり黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

※④~⑥のとき、温度が下がり過ぎた場合は、一度鍋に戻し、弱火で60 度前後になるまで加熱する。

もち米を使わない作り方

おかゆを炊かなくてもOK!

【材料】
乾燥(もしくは生)米こうじ…200g
水…400㎖(生米こうじの場合は250㎖)
※炊飯器で作る場合は、水ではなくお湯を用意する

炊飯器を使う場合の作り方

❶手でよくほぐした米こうじを内釜に入れ、約60度のお湯を注ぐ。
❷炊飯器のふたを開けて上からふきんをかぶせ、保温モードで約6時間保温する。途中、温度が下がったらふたを閉めて温度を調整する。黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

ヨーグルトメーカーを使う場合の作り方

❶手でよくほぐした米こうじを専用容器に入れ、水を注いでふたを閉める。
❷温度を60度、タイマーを6時間にセットして、スタートボタンを押す。黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

食べる甘酒の保存方法

出来上がったら粗熱を取り、保存用容器やジッパーつきの保存袋に入れる。
常温で数時間おくと酸味が出てくるので、冷めたらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れること。

冷蔵庫なら1週間~10日間、冷凍庫なら1~2ヵ月間、保存できる。
冷蔵保存中も発酵は進むので、保存容器に満杯の状態では保存しない。

また、ガス抜きのため、1日1回開閉すること。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食べる甘酒 生甘酒

関連する投稿


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士) 


【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

生甘酒には健康によい数々の効果があります。有名なところでは、美肌、美白、保湿、美髪、ダイエット、疲労回復、滋養強壮、夏バテ防止などです。しかし、私が最も重要ととらえるのが、腸および腸内細菌の環境を整える効果が強いことです。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング