【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)


腸内にいる悪いカビの増殖をこうじ菌が防ぐ

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。
腸が元気であれば、体は病気知らずになり、気力も満ちあふれてきます。

腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。
そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。

そこで私が強くお勧めしているのが、米こうじを摂取することです。
私たちの腸内には、細菌だけでなく、いわゆる「カビ」と称される真菌類が存在します。

そのほとんどは、カンジダ菌と呼ばれるカビです。
カンジダ菌は、腸内環境が整っていれば、ほとんど悪さをしません。

しかし、腸内環境が乱れると、とたんに増殖し、体に悪影響をもたらします。
カンジダ菌の好物である、白砂糖やアルコール類、肉などを過剰に摂取することも、カンジダ菌や悪玉菌の増殖の一因です。

腸内でカンジダ菌が増えると、毒素が発生して免疫力が下がったり、腸の粘膜に穴が開いて炎症が起こったりします。
こうして、アレルギー源となる異物が侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎など、各種疾患が発症してしまうのです(リーキーガット症候群)。

また、腸に炎症があると、本来は便として排出されるべき毒素や腐敗物が腸内に滞留し、有害物質が再吸収されてしまいます。
つまり、毒素が全身を巡ることになるわけです。

これにより、高血圧や糖尿病、ガンなど、実にさまざまな病気を発症しやすくなります。
実際、近畿大学の報告によると、アトピー性皮膚炎の人の腸を大腸カメラで調べたところ、高確率で腸の炎症が見つかったというデータもあります。

このように、増え過ぎると体に害を及ぼすカビ(真菌類)が存在する一方で、体に有益な働きをするものもあります。
それが、米こうじなどに含まれる「こうじ菌」です。

こうじ菌は、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制します。
さらに、大量の酵素を作り出すため、栄養の消化・吸収能力の向上にも役立つのです。

カンジダ菌の治療薬には、抗真菌剤があります。
しかし、これは、こうじ菌までも殺してしまいます。

そして、カンジダ菌は、すさまじい再生力を持つため再び増殖し、以前よりも症状が悪化してしまうのです。
だからこそ、米こうじで作った生甘酒などで、こうじ菌を体にとり入れることが重要なのです(生甘酒の作り方は別記事参照)。

こうじ菌を摂取すれば、自然と腸内環境が整っていくので、カンジダ菌が悪さをすることもありません。
こうじ菌の作用に注目した私は、18年ほど前に、漢方薬とこうじ菌を組み合わせた、「こうじ療法」という治療法を考案しました。

こうじ療法では、漢方薬をこうじ菌などで発酵させた軟なん膏こうを用います。
こうじ菌で発酵させることで、漢方薬の有効成分が強化され、何倍もの薬効が発揮されるのです。

また、クリニックの患者さんには、ふだんから米こうじを積極的に摂取するよう指導しています。

血糖値が降下し安定!抜け毛が減って驚いた!

以前、約3千人の患者さんに米こうじを摂取してもらい、データを取ったことがあります。
そのなかで、多くの人に共通したのは、便通改善と美肌効果です。

そして、過敏性腸症候群の改善、難治性の手の湿疹の消失、抜け毛の軽減など、驚きの効果まで見られたのです。
糖尿病が改善した患者さんもいます。

Fさん(55歳・男性)は、長年、糖尿病に悩まされ、ヘモグロビンA1c(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標。
基準値は4・6〜6・2%)は7%後半〜8%前半をさまよい、食後の血糖値も130㎎/㎗台でした(基準値は110㎎/㎗未満)。

そんなFさんに、米こうじをとるように指導したところ、わずか2〜3ヵ月後に効果が現れました。
ヘモグロビンA1cは6%台に、食後の血糖値も110㎎/㎗台に降下し、安定するようになったのです。

さらに、アトピーなどの各種アレルギー疾患はもちろん、末期ガンや潰瘍性大腸炎が改善した人もいました。
アトピーに関しては、「ステロイド剤よりも効果が高い」と驚かれる患者さんがたくさんいます。

末期ガンの場合は、こうじ菌で処理した漢方薬を飲むと、腫瘍が小さくなったり消えたりするなど、2人に1人に成果があり、私も驚きました。
米こうじは、そのまま食べても問題ありませんが、生甘酒にしたほうがとりやすいでしょう。

大さじ3〜4杯の少量でかまいませんので、毎日食べ続けることが重要です。
なお、食べる際は、菌が死滅しないよう、60度以上には加熱しないでください。

こうじ菌を含む生甘酒は、無限大の可能性を秘めています。
ぜひ、皆さんも積極的に摂取してください。

丸山修寛
丸山アレルギークリニック院長

→【関連記事】ダイエット・肌荒れを改善する「生甘酒パック」のやり方はコチラ
→【関連記事】腸内環境改善食「生甘酒」とは 甘酒との違いは?
→【関連記事】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

【リラックス効果】禁煙が成功した!ツボ“丹田”と“ハワイ”を意識する呼吸法

ハワイの朝日呼吸を行うことで、血糖値や血圧が下がった人、子宮筋腫が消えた人、10㎏以上やせた人、肩こりや腰痛がなくなった人、不眠が改善した人、学習能力が上がって資格試験に合格できた人など、たくさんの声が集まっています。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)