高血圧や糖尿病をの予防改善に役立つ「玉ねぎ」のニオイ成分 薬効を高める「ひと手間」とは?

高血圧や糖尿病をの予防改善に役立つ「玉ねぎ」のニオイ成分 薬効を高める「ひと手間」とは?

タマネギに含まれる食物繊維やオリゴ糖には、整腸作用があります。便秘の解消はもちろん、ダイエットの手助けにもなるでしょう。安価で身近なのに、多彩な効果を得ることができるタマネギ。ぜひ毎日食べて、健康づくりに役立ててください。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長・東海大学名誉教授)


におい成分が血液をサラサラにする!

私は長年にわたり、タマネギの成分について研究してきました。
タマネギには多くの健康効果があり、どこに効くかという観点からすると、おおよそ三つに分類することができます。

❶心・血管系に対する効果
❷脳・神経系に対する効果
❸ホルモン分泌系に対する効果

タマネギの主成分は、含硫アミノ酸と呼ばれる、イオウを含んだアミノ酸です。
タマネギを切ったり加熱したりすると、細胞膜が破壊されます。

すると含硫アミノ酸が、同じくタマネギに含まれる酵素と反応し、時間の経過とともに性質が変化していきます。
まず、辛み成分と催涙成分がほぼ同時に生成され、その後、におい成分へと変わっていくのです。

注目すべきは、このにおい成分。
これが、❶の心・血管系全般に、よい影響を及ぼすのです。

血管をしなやかに保ち、血栓(血の塊)の形成を阻止する作用があるので、血液がサラサラになります。
また、糖質の代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制。

加えて、脂質の代謝も促進するので、いわゆる善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。
におい成分の持つこれらの作用が総合的に機能することで、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった生活習慣病の予防・改善に役立つのです。

血管や血液の状態がよくなれば、心筋梗塞や脳梗塞など、心・血管系の重篤な疾患の予防にもつながるでしょう。
におい成分は、❷の脳・神経系に対しても有効です。

記憶の働きに関与する、脳の海馬という部位があります。
この海馬の老化が進むと、記憶力が低下するのですが、におい成分が海馬で抗酸化力を発揮し、老化や病気の原因である活性酸素の発生を抑制。記憶障害の改善に効果を現すことが、研究により判明しています。

つまり、認知症や物忘れの予防・改善に役立つのです。

調理法の工夫で薬効を最大限に引き出せる

先に挙げた、❸のホルモン分泌系への効果も見逃せません。
テストステロンという男性ホルモンが、ストレスや加齢により減少すると、うつや不眠、精力の減退といった症状が現れます。

このテストステロンの分泌を促し、増加させる作用があるのが、酵素反応が起こる前の含硫アミノ酸です。
うまく活用すれば、男性更年期を乗り越える一助となるでしょう。

なお、含硫アミノ酸の摂取は、女性ホルモンの分泌を抑えるわけではなく、むしろホルモンバランスを整える可能性もあります。
女性にも、積極的にタマネギを食べてほしいものです。

先に述べたとおり、含硫アミノ酸は時間とともに性質が変化します。
どういった健康効果を望むかにより、調理法を工夫することで、その薬効を最大限に引き出すことができます。

❶の心・血管系の生活習慣病や、❷の認知症・物忘れの予防には、酵素反応を進ませて、におい成分を増やしましょう。
そのためには、タマネギをみじん切りにして、30分~1時間ほど放置するのがお勧めです。

さらにひと手間ですが、これを電子レンジでほんの1分程度加熱すれば、におい成分は、10倍以上にパワーアップします。
❸のホルモン分泌系に対する効果を狙う場合は、タマネギの薄皮をむいたら、切る前に、まるごと電子レンジで加熱してください。

中玉なら、600Wで2分程度です。
これで、酵素反応は起こらなくなるので、含硫アミノ酸を変性させることなくキープできます。

含硫アミノ酸は熱に強いので、このあとは、いくら切っても、加熱しても大丈夫です。
タマネギの薬効成分は、まだまだあります。

茶色い薄皮や白い部分に含まれるポリフェノール(色素成分)の一種、ケルセチン類にも、血圧の上昇を抑制する作用があります。
ケルセチン類はまた、高い抗酸化作用があることでも知られています。

活性酸素を体内から除去するので、ガン予防やアンチエイジングにも有効です。
さらに、タマネギに含まれる食物繊維やオリゴ糖には、整腸作用があります。

便秘の解消はもちろん、ダイエットの手助けにもなるでしょう。
安価で身近なのに、多彩な効果を得ることができるタマネギ。

ぜひ毎日食べて、健康づくりに役立ててください。

西村弘行
北翔大学・北翔大学短期大学部学長。東海大学名誉教授。名古屋大学大学院農学研究科修士課程修了後、北海道大学にて農学博士号を取得。北海道大学助教授、北海道東海大学教授・学長を歴任し、現在に至る。タマネギのことなら何でもご存じの、タマネギ博士として有名。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング