【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


代謝を高めて腸内環境も改善

 日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。

 その中で、非常に大きな役目を果たしているのが「麹」です。麹は、蒸した米や麦、大豆などに麹菌を繁殖させたものです。麹がなければ、しょうゆもみそもみりんも酢も作れません。まさに「日本の発酵食品の母」ともいえる存在なのです。
 この麹のよさをダイレクトに活用できるのが「塩麹」です。塩麹は、麹に塩と水を加えて発酵させたもの。そのまま調味料として料理に使うと、さまざまなメリットが得られます。

①料理がおいしくなる
 塩麹には、アミラーゼやプロテアーゼなどの消化酵素が含まれています。これらが、食品のでんぷんやたんぱく質を分解して、甘味やうま味を醸し出し、食べ物をおいしくしてくれます。

②消化吸収がよくなる
 塩麹の消化酵素によって、食品の細胞がある程度分解されるので、消化吸収がよくなり、胃腸への負担が軽くなります。

③肥満予防や免疫力アップに役立つ
 塩麹には、ビオチン(ビタミンB7)を始めとするビタミンB群が豊富です。ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を高めてエネルギーの供給を円滑にし、脂肪や老廃物を排出する作用があるので、疲労の回復を早めたり、肥満を予防したりする効果が期待できます。また、でんぷんが分解されてできるオリゴ糖は、腸で乳酸菌のエサになり、乳酸菌を増やします。
 さらに、レジスタントプロテインという、消化されないたんぱく質も作られます。これは食物繊維と同じように、腸内で脂肪を捉えて排出するため、悪玉コレステロールを減らすことができます。
 このレジスタントプロテインやオリゴ糖の働きによって、腸内環境がよくなると、免疫力(病気に対する抵抗力)が高まり、さまざまな病気を予防できます。

④食品の保存性が高まる
 発酵は、腐敗と原理が同じで、菌が食品の栄養をエサにして繁殖します。その発酵の過程で、有害な腐敗菌の繁殖が抑えられ、腐敗しにくくなるのです。

老化を促進する物質を排除

 このように、塩麹には有用な働きがたくさんあります。加えて、私が塩麹に特に期待しているのが「減塩」です。塩麹を食卓塩の代わりに使えば、簡単に塩分の摂取量を減らせます。

 塩分の取り過ぎが、生活習慣病の大きな原因であることは、誰もが知るところで、高血圧や胃ガン、脳血管障害の発症に、塩分が深く関与しています。しかし、いくら減塩キャンペーンをしても実効性に乏しく、減塩は生活習慣病をコントロールする上での大きな課題でした。
 そこで、食卓塩の代わりに塩麹を使うのです。塩麹には麹が入っているので、その分、体内に取り込まれる塩分量が少なくなります。また、麹によってうま味が増すので、少ない塩味でもおいしく感じられます。

 それだけではありません。食卓塩を塩麹に置き換えることで、食卓塩を台所から駆逐できます。食卓塩のように精製された塩は、99%以上が塩化ナトリウムです。これが悪者で、生活習慣病のリスクを高めます。
 塩麹は、天然塩よりもさらに天然バランスのよい食品です。麹菌という生きたカビ菌が、絶妙なバランスで、天然の体によい物質を生み出します。それが、実はアンチエイジングにもつながるのです。

 私は抗老化・健康長寿という観点から食の研究を進めていますが、抗老化を阻む大きな原因が、人工的な食品です。精製された塩や砂糖、合成保存料、防腐剤、化学調味料、各種添加剤……。こうした人工的な食品が体内に入ると、体が酸化され、老化が進みます。その中でも、特に悪さをするのが、食卓塩と白砂糖です。

 調味料は、一度に使う量は少なくても、毎日三度の食事で使うので、累積するとその影響は計り知れません。それを台所から排除するだけでも、かなりアンチエイジングを推進できるのです。
 そのときに大きな役目を果たすのが、塩麹のような発酵食品です。塩麹を使うと、減塩になるだけでなく、防腐剤や保存料、化学調味料なども減らせます。先に書いたように、発酵によって保存性が高くなり、うま味や甘味が増すからです。

 塩麹は、江戸時代にはすでに、塩の代わりに使われていました。化学調味料も冷蔵庫もなかった時代は、こうした発酵食品を使って食品を保存したり、栄養価を高めたりして、病気を防いでいたのです。
 現代に生きる私たちは、江戸時代の生活に戻ることはできませんが、その知恵を生かすことはできます。ぜひ皆さんも賢い選択をして、台所からアンチエイジングを実践してください。

白澤卓二
順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。日本抗加齢医学学会理事。専門は、寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。『白澤卓二教授の100歳までボケない!太らない!朝のジュース&スープ』(マキノ出版)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(2)

腸から超健康になる!食べる米ぬか活用レシピ(2)

米ぬかには玄米の優れた栄養が凝縮されています。食べることで腸の状態がよくなり免疫力がアップし生活習慣病やアレルギー症状の改善、美肌に玄米同等の効果を発揮してくれるのです。こうばしくて甘くコクのあるおいしさはクセになります。ふだんから玄米派の人はもちろん、白米派の人には特にお勧めのレシピです!【料理】竹内ひろみ(料理家)


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

黒いニンニクを一口食べたときの驚き!鼻を突くようなにおいはなく、甘みと適度な酸味があって、まるでフルーツのよう。ニンニクとはとても思えませんでした。ニンニクを長年研究してきた私にとっても、それは衝撃的な出合いでした。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【作り方】美味しくて薬効が高い「黒ニンニク」 炊飯器があれば自宅で作れる

【作り方】美味しくて薬効が高い「黒ニンニク」 炊飯器があれば自宅で作れる

甘酸っぱくてプルーンのような、フルーツのような黒ニンニク。白いニンニクからは想像もできない味わいです。しかも、薬効は生のニンニクよりはるかに高い。そんな黒ニンニクが、生のニンニクと炊飯器があれば自宅で作れるとあって、今、全国でブームになっています。【監修】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。【解説】堀田由浩(統合医療希望クリニック院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング