【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

【今さら聞けない塩麹】簡単に手作りでき 料理が断然おいしくなる その理由は?

日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。【解説】石川惠美子(ジャーナリスト)


現代によみがえった万能調味料

 日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。
 みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。

 そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。それは、「塩麹」。料理がなんでもおいしくなると、インターネット上のレシピ投稿サイト「クックパッド」で大人気。そこで、塩麹を手作りから指導し、その普及に努める大分県佐伯市の麹専門店「糀屋本店」を訪ねました。

 佐伯市の中心部にある糀屋本店は、元禄2年(1689年)創業の老舗。店のたたずまいが、長い歴史を感じさせます。
「店は150年前の大火で建て替えましたが、麹を作っている土室は焼けずに残っています。この土室で、320年前から変わらずに麹を仕込んでいるんですよ」と、糀屋本店女将の浅利妙峰さんが、土室に案内してくれました。
 麹(米麹)は、蒸したうるち米に麹菌をまき、土室で寝かせて作ります。よい麹を作るには、温度と湿度の管理がとても大事だそうですが、土室が湿度を自然にコントロールしてくれるのだそうです。
 こうして麹を作っている麹専門店は、今やすっかり数が減ってしまいました。かつては佐伯市内に5軒あった麹屋も、今は糀屋本店のみ。全国でも、大小合わせて1200軒ほどしかないそうです。 

「日本の食文化は、麹などを代表とする発酵食品が支えています。家庭で麹を使って作る手作りの文化を途絶えさせたくない。そんな危機感から、麹の可能性をもっと多くの人に発信しなければと思って製品化したのが、塩麹なんですよ」と妙峰さん。
 塩麹は、江戸時代の文献にも載っている古いものです。これまでは知る人も少なかったのですが、おいしさや使い勝手のよさがじわじわと広がっています。
「塩麹は、麹、塩、水だけで簡単に作れるので、ぜひ手作りしてほしいですね。本当に便利ですよ」(妙峰さん)

 糀屋本店の塩麹を、ひとなめしてみました。最初に塩辛さが舌にピリリときますが、それはすぐに引き、後に、麹のほのかな甘味が残ります。塩だけの塩辛さではない、絶妙なうま味がありました。

創業320年の糀屋本店。現在の建物は150年前に建てられたもの。なお「糀」は米麹のことで、出来上がりの状態が、米に花が咲いたように見えることから。

320年前に作られた土室で寝かせて麹を作る

素材のうま味を引き出し減塩もできる

 妙峰さんは、塩麹を使った料理レシピを開発し、料理教室で教えています。
「これを使うと、料理の腕は変わらなくても、味は2段階アップします。素材のうま味が引き出されるから、誰が作ってもおいしくなります」(妙峰さん)

 この秘密は、麹菌にあります。麹菌から産生される酵素が、でんぷんをブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。その過程で、素材のうま味が引き出されるのです。
「しょうゆやみそは日本料理には合いますが、中華料理や西洋料理には限界があるでしょ。でも、塩麹は世界中の料理に使えるんです。塩は万国共通の調味料ですから」(妙峰さん)

 さらにうれしいのは、塩麹なら減塩ができることです。塩麹は、麹と塩と水を混ぜて作りますが、塩の割合は全体の8分の1。塩の2倍入れても、塩分は4分の1に抑えられます。それでも塩味は十分感じられるので、結果として減塩になるのです。
「料理に使うときの黄金比率は、素材の重さに対して10%の塩麹です」と言って、妙峰さんが塩麹を使った料理を振る舞ってくれました。イカの塩麹和え、アクアパッツァ、鶏とキビナゴの唐揚げ、そしてピザパイなど。
 どれも調味料は塩麹だけ。味付けは極めてシンプルです。しかし、食べてみてビックリ! とても、塩麹だけで作ったとは思えない、深みのあるおいしさです。

「しょうゆと砂糖で味付けすると、みんな同じ味になってしまうけど、塩麹ならそれぞれの料理の味になるんです。だから、イタリアンにも中華にも合うんですよ」(妙峰さん)
 塩麹は、まさに万能調味料。これ一つあれば、食卓はぐんと豊かになりそうです。

材料は麹と塩と水だけ。塩麹作りにチャレンジ!

塩麹と甘酒で生地を作ったピザ。もちもち食感で美味!

浅利妙峰
糀屋本店女将。麹の素晴らしさを多くの人に知ってもらい、次の世代へと伝えていくために、麹を使った調味料やレシピの考案、料理教室などを精力的に行う「こうじ屋ウーマン」。近著に『浅利妙峰が伝える初めての糀料理』(西日本新聞社)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


塩麹 発酵食品 万能調味料

関連する投稿


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」レシピ

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」レシピ

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」の作り方

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」の作り方

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「麹納豆」

皆さんは、「麹」を料理に使ったことがあるでしょうか。いえ、その前に、そもそも麹を見たことがあるでしょうか。麹は日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、酢、みりん、日本酒など)を作る上で、なくてはならないものです。それなのに、今ではすっかり私たちの生活の場から姿をひそめてしまいました。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将)


一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

麹とかかわるようになって7年。知れば知るほど、その奥深さと偉大さに感嘆します。麹は、日本人が知恵と経験と長い時間をかけて、今の形に作り上げたものです。食料が乏しい時代、私たちの祖先は、麹を中心とした発酵食品で栄養を補い、命をつないできました。【解説】小紺有花(麹料理研究家)


【体にいい万能調味料】「塩麹」のおかず&おやつ《タカコ・ナカムラさんレシピ》

【体にいい万能調味料】「塩麹」のおかず&おやつ《タカコ・ナカムラさんレシピ》

麹・塩・水を混ぜるだけで簡単に手作りできて、食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」。麹を知り尽くした3人のプロが教える、塩麹を使った絶品レシピをたっぷりご紹介します。


最新の投稿


ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング