【変形性膝関節症】痛みが4割軽減と実験で判明!膝痛にイチオシ食材は「生姜」

【変形性膝関節症】痛みが4割軽減と実験で判明!膝痛にイチオシ食材は「生姜」

「立ち上がるときに痛い」「階段を下るときに痛みが出る」「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは「変形性ひざ関節症」と考えられます。私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授) 


軟骨がすり減らないよう現状を保つことが肝心

「立ち上がるときに痛い」、「階段を上るときはなんともないけど、下るときに痛みが出る」、「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは、「変形性ひざ関節症」と考えられます。
これは、ひざの軟骨がすり減って骨どうしが接触しやすくなることによって、痛みが出たり炎症が起こったりする病気です。

変形性ひざ関節症の主な原因は、加齢によるものです。
50代で約5割、70~80代でおよそ7~8割の人がなるともいわれています。

つまり、変形性ひざ関節症は、私たちの誰もがかかる可能性があるのです。
残念なことに、いったんすり減った軟骨を元に戻すことはできません。

いくらサプリメントや薬を飲んでも、変形した軟骨を元に戻すのはかなり困難といえます。
ですから、軟骨がすり減り始めて痛みを感じるようになったら、軟骨がそれ以上すり減らないよう、現状を保つことが肝心なのです。

また、今のところはひざが悪くなっていないかたも、悪くなる前に変形性ひざ関節症の予防に努めるべきです。
では、変形性ひざ関節症の予防・改善のために必要なポイントについて、別記事では、適切な運動を行い、ひざを支える筋肉を強化することをお勧めしました。

ここでは、特に食生活についてお話ししましょう。
日ごろの食事でまず心がけるべきことは、摂取カロリーを減らして体重を落とすことです。

歩くときにひざにかかる重量は、体重の3倍ともいわれています。
体重が重くなればなるほど、ひざへの負担は大きくなります。
現在、体重がかなり重く、ひざの痛みを感じている人は、ウォーキングなどをしながら減量に努めましょう。

次に、栄養バランスの取れた食事をすることも大切です。
骨や筋肉などの組織は、食事から摂取する栄養素を基に作られています。
炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を、バランスよくしっかりとれば、ひざを支える骨や筋肉を丈夫にすることにつながります。

抗炎症作用が軟骨のすり減りと痛みを軽減

私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。
ショウガが古来、薬用に利用されてきた健康効果の高い食材であることは皆さんもご存じでしょう。

例えば、ショウガの辛味成分であるジンゲロールは、痛みを抑えたり、抗炎症作用を発揮したりすることが知られています。
また、ショウガを加熱すると、ジンゲロールの一部が、ショウガオールという物質に変化します。
このショウガオールには、血行促進効果があり、冷え症の解消によいとされています。

さらにショウガには、優れた抗酸化作用があります。
変形性ひざ関節症は、ひざの老化によって起こる症状です。
ショウガの持っている優れたアンチエイジング効果は、ひざ痛の緩和にいい影響をもたらすでしょう。

海外の論文などを調べてみると、ショウガを摂取したことで、変形性ひざ関節症の痛みが軽減したという報告がなされています。

例えば、2001年に実施された、マイアミ大学のアルトマン教授の研究は、非常に興味深いものです。
これは、変形性ひざ関節症の患者さん261人を対象にした臨床実験です。
この261人を、ショウガエキスを毎日摂取したグループと、摂取しないグループという二つの群に分け、6週間にわたって、痛みの感じ方がどう変わったかを観察したのです。

すると、ショウガエキスを摂取したグループでは、痛みがおよそ4割軽減したという結果が出ています。
変形性ひざ関節症では、軟骨に炎症が起こると、痛みがひどくなるだけでなく、炎症が軟骨のすり減りを進行させてしまいます。

つまり、炎症を抑えることが、症状の悪化を防ぐことにもつながるわけです。
ショウガが持っている抗炎症作用により、炎症を防いで痛みを軽減すると考えられます。

この実験の場合、ショウガエキスを1日に約60g摂取しています。
市販されているすり下したショウガのチューブにすれば、およそ1本半分ですから、かなりの量です。
実際、これほどの量を毎日摂取することは難しいとは思いますが、いずれにしても、ショウガを積極的に食事の中に取り入れることは、ひざの健康を保つうえで、非常にお勧めです。

ショウガは、炒め物、みそ汁やスープなど、多くのレシピに利用することができます。
すり下ろして紅茶に加えてもおいしいでしょう。
血行と代謝を促進し、ダイエットの補助食品としても有効なので、ひざ痛の大敵である肥満解消にも役立ちます。

ひざ痛にお悩みの皆さんは、日ごろから積極的にショウガを摂取してください。

→【関連記事】変形性膝関節症を改善する「軟骨再生ウォーキング」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【作り方・やり方】膝痛を改善するセルフケア「しょうがこんにゃく灸」

【作り方・やり方】膝痛を改善するセルフケア「しょうがこんにゃく灸」

「寒くなるとひざが痛む」という人は多いのではないでしょうか。そうしたひざ痛は、ひざ周辺の筋肉がこわばることで起こっています。ショウガコンニャク灸は、肩こりや腰痛、眼精疲労など、温めることで緩和する症状に効果があります。ひざ痛以外にも活用してください。【解説】橋爪佐和子(鍼灸の四次元堂所長・鍼灸指圧師)


【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

【ゆるい糖質制限】こそ効果 "外食メニューとコンビニ商品" お勧めを医師が測定

糖尿病の患者さんに糖質制限ダイエットを指導していますが「糖質制限すると外食ができません」という声が多く聞かれます。そこで私は、糖質を控えたい人が外食やコンビニでもメニューを選びやすいように、自らの体を使って、外食後の血糖値の変化や満足感などを調べることにしたのです。【解説】亀川寛大(なごみクリニック院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング