【医師解説】頸椎ヘルニアによる手のしびれ、肩の痛みが軽快「鎖骨こすり」のやり方

【医師解説】頸椎ヘルニアによる手のしびれ、肩の痛みが軽快「鎖骨こすり」のやり方

心身にストレスがかかると、最初に滞るのは気です。この状態を、病気の一歩手前として、「未病」と呼びます。未病のうちに治療することができれば、病気にならずに済みます。【解説】藤井英雄(精神科医・日本キネシオロジー学院顧問)


肩や腰の痛み・しびれ目の疲れに効く!

私は、現役の精神科医であるとともに、キネシオロジー(心身のバランスを整える健康法)や、今話題のマインドフルネス(後述)の研究・指導を行っています。
今回は、キネシオロジーの一種で、心身の健康ばらしい効果を発揮する「鎖骨こすり」をご紹介しましょう。

東洋医学では、気・血・水の三つが滞りなく循環していることが、健康の証とされています。
気は一種の生命エネルギーで、血は血液、水はリンパ液などの体液を指します。

心身にストレスがかかると、最初に滞るのは気です。
この状態を、病気の一歩手前として、「未病」と呼びます。

未病のうちに治療することができれば、病気にならずに済みます。
東洋医学では、全身を流れる気を、研究や治療の対象として、鍼灸や漢方薬を発展させました。

だから、未病の段階で治療することができるのです。
東洋医学や鍼灸治療を正式に学ぶには、膨大な時間が必要です。

しかし、西洋で発展したキネシオロジーなら、正確な気の流れを知らなくても、安全かつ効果的に心身のストレスに基づく未病を改善することができます。
なかでも、鎖骨こすりはお勧めです。

このエクササイズは、体内を流れる気や筋肉など、それぞれの左右バランスの乱れを解消してくれるからです。
特に、右脳から左半身への連絡や、左脳から右半身への連絡をスムーズにします。

全身の気の流れが促され、姿勢が改善するので、自然治癒力も増強されます。
また、首や顔、頭の血液やリンパ液の滞りを解消してくれます。

血流がよくなると、肩や腰の痛み・しびれ、目の疲れなどの改善が期待できます。
リンパ液は、体内で不要になった老廃物や疲労物質を排出し、同時に免疫にも大きな役割を果たしています。

全身のリンパ節(リンパ球の待機所)のなかでも、鎖骨リンパ節は、特に重要なポイントです。
この部分の滞りを解消できれば、顔や腕のむくみが消え、感染症などの予防も期待できます。

親指と人差し指の腹をリズミカルにすべらせる

鎖骨こすりを実践し、効果のあった例をご紹介しましょう。

●Aさん(50代・女性)
Aさんは、数年前から頸椎ヘルニア(首の骨の椎間板という組織の異常で痛みが起こる病気)で左手がしびれていました。
鎮痛剤を飲んでも、マッサージを受けても痛みやしびれが軽減しませんでした。

そこで、鎖骨こすりを試したところ、その場でしびれが軽くなりました。

●Bさん(40代・女性)
Bさんは、人間関係のストレスの強かったころから、右肩が痛み出し、右腕を上げられなくなりました。
相手の顔を思い浮かべると、気持ちが乱れて痛みが増強するとのことでした。

そこで、1分ほど鎖骨こすりを行ったところ、肩の痛みが軽快し、相手の顔を思い浮かべても、痛みが増すことがなくなりました。

鎖骨こすりのやり方は、簡単です。
左の手のひらをおへそに当てて、右手の親指と人差し指で、鎖骨のすぐ下を、リズミカルにしっかりとこすります。

20~30秒、指の腹をすべらせる感じで、少し強めにこすってください(下の図解参照)。
こする前に、体の調子が悪いところをイメージし、コップ1杯の水を飲むと効果的です。
テレビを見ながら、音楽を聴きながらでもできますが、「自分は今、体を整えるために鎖骨こすりをしている」と意識し、集中して行ったほうが、さらに効果が高まります。

ところで、「今、ここ」で自分が何をしているか、客観的に気づいていることを「マインドフルネス」といいます。
一歩引いた視点から、冷静になって現実を観ることができる状態です。

そうなると、雑念やネガティブ思想から解放され、集中して鎖骨こすりに取り組めるのです。
欧米では、マインドフルネスをうつ病や不安障害の心理療法として使われています。

また、一部の大企業では、健康のために、社員の研修プログラムに採用しているところもあります。
マインドフルネスの練習には、瞑想や座禅などの正式なプログラムがお勧めです。

しかし、「自分は今、心身を整えるために鎖骨こすりをしている」と意識して鎖骨をこするだけでも、かなりの効果が得られます。
また、鎖骨こすりによって気・血・水の流れが整うと、マインドフルな(自分を客観視できる)状態になりやすくなります。

藤井英雄
精神科医、医学博士、日本キネシオロジー学院顧問、マインドフルネス研究家。著書に『マインドフルネスの教科書』(Clover出版)、『ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方』(同文館出版)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング