【足の指】もみほぐせば 体も心も 思い通りになる!?「足指ヒーリング」の不思議

【足の指】もみほぐせば 体も心も 思い通りになる!?「足指ヒーリング」の不思議

足の指は、マッサージなどのセルフケアで、見違えるほど変わっていきます。曲がっていた指が伸びてきたり、肉に埋もれていた爪が姿を現したり、タコも柔らかくなったりします。そして、指の状態が変わると同時に、体と心の調子もどんどん改善するのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


「こうなりたい!」の気持ちをこめて

 足の指は、マッサージなどのセルフケアで、見違えるほど変わっていきます。曲がっていた指が伸びてきたり、肉に埋もれていた爪が姿を現したり、タコも柔らかくなったりします。そして、指の状態が変わると同時に、体と心の調子もどんどん改善するのです。
 ですから、1日の疲れを癒し、自分自身の心と体の声を聞くためにも、毎日、足の指のセルフケアを行いましょう。いつでも、何回でも行ってかまいませんが、お勧めするのはおふろ上がりです。おふろに入っているときに、せっけんで指の間をきれいに洗いましょう。

 そして、おふろから上がったら、足の裏と指にクリームを塗り込んで、マッサージを始めます。クリームは、スキンケアに使われているものでしたら、なんでもかまいません。足の裏がカサカサ・ゴワゴワしている人は、保湿力の高いタイプを選ぶといいでしょう。

 セルフケアを行うときは、「今日1日、体を支えてくれてありがとう」という感謝とともに、「好きな仕事をしたい」「周りの意見の振り回されなくなりたい」という思いをこめてください。
 足の指を通して自分自身と向き合うことで、出口が見えてくるはずです。

いちの さおり
看護師・リフレクソロジスト。看護師として総合病院で整形外科・集中治療室勤務。退職後、アロマテラピー・リフレクソロジーの資格を生かし「統合医療ナース」としてフリーに転身。各診療科にて幅広く臨床実践や指導などの活動を行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足の指リーディング】足指をケアして「なりたい性格になる」方法

【足の指リーディング】足指をケアして「なりたい性格になる」方法

足の指を観察すること(「足指リーディング」)で、自分自身さえ気づいていない本心や、体の変調がわかります。自分の努力だけで性格を変えるのはたいへんですが、足の指をケアしてあげることによって好ましい性格、なりたい性格に変えられます。その方法をご紹介します。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【歯科医が解説】「足の中指をもむ」と全身のゆがみが調整される これホント?

【歯科医が解説】「足の中指をもむ」と全身のゆがみが調整される これホント?

体のバランスが崩れると、骨格や筋肉などに偏りやねじれが生じます。体はその偏り・ねじれをカバーしようとするので、無理な力が加わります。その状態を放置すれば、かみ合わせの悪化や顎関節症だけでなく、肩・首の頑固なこり、背中・腰・ひざの痛みなどの症状が現れます。【解説】笠茂享久(笠茂歯科医院 院長)


【看護師】10秒で自己チェック!「足の指」から読み解く体質・気質・問題点

【看護師】10秒で自己チェック!「足の指」から読み解く体質・気質・問題点

自分の足指が、なりたい自分のタイプと違っていても、指の形を意識して変えていくようにマッサージすると、徐々に変わっていきます。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


最新の投稿


ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング