【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


股関節の痛みは、腰痛やひざ痛も併発することもある

 股関節は、体の中でいちばん大きな関節です。
 左右の太ももの付け根にあり、胴体と下肢(足)をつないで、立つ、座る、歩くなど、あらゆる動作の「要」となっています。

 股関節が痛むと行動に制限がかかるため、家の中に引きこもりがちになる人が、少なからずいます。痛みがひどければ夜も眠れず、さらに過度な鎮痛剤の服用により胃の調子を悪くする人もいます。
 下肢に負担がかかるので、腰痛やひざ痛を併発することもあるでしょう。痛みにより姿勢が悪くなれば見た目も老けます。

 このように、動作の要である股関節は、生活のあらゆる事柄に影響を及ぼすのです。そのため、股関節に負担をかけない生活を送ることこそが、いつまでも心と体を若く保つための秘訣といえるでしょう。

 股関節が痛む原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。
 実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。

 実際、変形性股関節症は圧倒的に女性に多く、男女比では男性の7倍に上ります。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。後で触れますが、その9割以上は「臼蓋形成不全」という遺伝的な要因で発症しています。

 日本人の女性だからといって、すべての人が変形性股関節症にかかるわけではありません。しかし、「股関節が弱点」と知ることは大切です。股関節の異変にいち早く気付き、対策を取れるからです。
 もちろん、男性にも股関節のトラブルは起こるので、用心は必要です。
 以下で股関節の特徴に触れながら、股関節に起こるトラブルについて解説します。

股関節の軟骨がすり減り、臼蓋と大腿骨頭がこすれ合い炎症を起こす

 股関節は、骨盤の下部にある臼蓋というくぼみに、大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)がすっぽりはまりこむ形になっています(股関節のしくみの図参照)。

 臼蓋と大腿骨頭は、それぞれクッションのような弾力性のある軟骨(関節軟骨)で覆われています。軟骨には潤滑油の働きがあり、股関節は前後左右あらゆる方向になめらかに動くことができます。
 股関節は上半身の全体重を支えながら、下肢の動きを支持しているため、大きな負担がかかる部位です。

 普通に歩くだけでも、股関節には体重の3~4・5倍の負荷がかかります。階段の上り下りでは、体重の6・2~8・7倍もの負荷がかかります。体重が50㎏あれば、歩行時には150~225㎏、階段の上り下りでは310~435㎏の負荷が股関節にかかる計算です。

 日常的に負担がかかる上、加齢に伴って、股関節の軟骨はすり減っていきます。先に述べた変形性股関節症は、軟骨が減り、臼蓋と大腿骨頭がこすれ合って関節が変形したり、炎症を起こしたりして痛みが生じる病気です。

 変形性股関節症の引き金となる臼蓋形成不全は、大腿骨頭を支える臼蓋が、生まれつき浅いために、軟骨がすり減りやすくなるものです。
 臼蓋形成不全があっても、若いときは軟骨が元気で関節にかかる負荷を受け止められるため、症状はほとんど出ません。しかし、年齢とともに軟骨が傷み、40~50代になると痛みが出る人が多くなります。

 世界的にみると、遺伝的な素因で変形性股関節症を発症する例は、イタリアの北部で見られる程度です。アメリカ人は肥満が原因で発症し、遺伝的な要因は、ほぼゼロです。
 なぜ日本人の女性に臼蓋形成不全が多いのか、その原因は明らかになっていません。

 また、生まれつき股関節を脱臼している先天性股関節脱臼も、女性に多くみられるもので、変形性股関節症の原因になります。
 なお、通常、先天性股関節脱臼は乳児期に治療をして治すため、本人も知らないことが多いようです。

体重を減らし、股関節まわりの筋肉を強くする方法が有効

→股関節痛が軽くなる「グッド歩行」のやり方はこちら

 変形性股関節症は、初期には自覚症状が軽く、関節の痛みがひどくなるころには、ほとんどの人が進行期~末期段階に達しています。足の付け根に痛みが出るようになると、立つ、歩くなど日常の動作が制限され、症状が進むと寝たきりになってしまうこともあります。

 関節の変形が進むと姿勢のバランスが悪くなり、ネコ背やお尻を突き出す姿勢になりがちです。悪い姿勢は外見的に老けて見えるだけでなく、内臓を圧迫し体調不良を招きます。下肢への負担も増し、腰痛やひざ痛を併発します。

 安静にしていても、股関節は痛みます。そのため、最初にお話ししたように、寝不足になったり、痛みのストレスからうつ病を発症したり、痛み止めの副作用で胃腸障害を起こしたりする人もいます。このように股関節の不調は、全身に悪影響を及ぼします。

 病気が重度に進行した場合、劇的な改善を期待できる治療法は、人工股関節手術です。手術で痛みは取れるので、末期でもあきらめることはありません。
 しかし、手術はあくまで最終手段です。まずは股関節に負担をかけないよう気をつけて、病気の進行にブレーキをかけることが大切です。

 股関節自体は、骨と骨の接合部分なので、直接鍛えることはできません。そのため、体重を減らし、股関節まわりの筋肉を強くする方法が有効です。
 股関節の具合がよくなれば、全身が若返り、気持ちも明るさを取り戻すことができます。具体的な方法を参考にして、股関節の負担を減らしましょう。

石部基実
 1982年、北海道大学医学部卒業。北海道大学医学部整形外科、アメリカRochester大学医学部整形外科、NTT東日本札幌病院整形外科部長、同病院人工関節センター長を経て、2008年に石部基実クリニックを開設し、現職。現在まで、6000例を超える人工股関節手術実績がある。少林寺拳法正拳士四段。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

【痛みの専門医】脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

【痛みの専門医も愛用】重度の座骨神経痛が消失し脊柱管狭窄症も改善する「しり巻き」

現代人の多くは、仕事や人間関係で大きなストレスを感じながら、日々生活しています。慢性的なストレスは、私たちの自律神経のバランスをくずし、重度の冷えを招きかねません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

【セルフ指圧】坐骨神経痛の症状にすぐに効く「鼠径部押し」 痛みやしびれが軽快

そけい部押しは、座骨神経の機能が回復して、痛みやしびれが出にくくなります。脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行にも効果的です。間欠性跛行とは、歩行中、足に痛みやしびれが生じて歩けなくなる症状のことです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング