ひざ痛を改善する【手のもみ方】

ひざ痛を改善する【手のもみ方】

ひざには最大1トンの力が加わるといわれています。ひざはその負荷に耐えられるようになっていますが、日常的な疲れがひざ周りの筋肉を硬くし、動きを悪くして痛みを引き起こします。痛みの原因から正すために、ひざの反射区だけでなく、骨盤・股関節、足首、足の指の反射区ももみましょう。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


→「手のもみ方」の解説はコチラ

足の指先から股関節までのずれがひざ痛を招いている!

ひざには、最大1トンの力が加わるといわれています。

もちろん、ひざはその負荷に耐えられるようになっていますが、日常的な疲れがひざ周りの筋肉を硬くし、動きを悪くして痛みを引き起こします。

ひざの痛みは下半身の節々のずれによって起こることが多いです。

痛みの原因から正すために、ひざの反射区だけでなく、骨盤・股関節、足首、足の指の反射区ももみましょう。

熊谷剛
一般社団法人疲労回復協会会長。独自に開発した治療術で、医師から見放された重度の腰痛、肩こりの患者を数多く救う。著者『手のひらを押すだけで痛みが消える!』(現代書林)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!正しい手のもみ方を医師が解説

首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!正しい手のもみ方を医師が解説

首、肩、背中のこりを訴える人は多いですが、意外と誰も気づかないのが、「手のひら」のこりです。なかでもこりやすいのが、母指球という親指のつけ根のふくらみ部分。このこりをほぐすと、首や肩のこりを始めとする上半身の症状が改善します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


健康効果をさらに高める【手をもむ】健康法 Q&A

健康効果をさらに高める【手をもむ】健康法 Q&A

「子どもや妊婦の手をもんで大丈夫?」「1日に何回行えばいい?」など、健康効果をさらに高めるための【手をもむQ&A】をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


顎関節症を改善する【手のもみ方】

顎関節症を改善する【手のもみ方】

関節は、あごを動かす大きく強い筋肉の硬さが影響して、症状が出やすくなります。また、顎関節症の人は、あごが気になってよく動かすクセを持ちやすいです。そのクセが、痛みの悪化につながります。顎の痛みと違和感を改善する手のもみ方をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛が発生する大きな原因は3つあります。①脳に流れる血流が滞る ②脳から出て行く血流が滞る ③首と頭部の筋肉が緊張している これらのどれか、もしくはいずれかが同時に起こると頭痛になりやすいです。頭痛を改善する反射区をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


肩こりを改善する【手のもみ方】

肩こりを改善する【手のもみ方】

背中、首周辺には大きな筋肉がたくさんあります。それらが硬くなると、肩こりが起こるのです。腕を回してみて動きが硬かったり、左右差がある場合は慢性化してきている証拠です。肩関節の反射区は、母指球(親指のつけ根にあるふくらみ)の外側にあります。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング