【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

酢には多くの健康効果がありますが、その代表的なものが血圧の降下作用でしょ う。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわる「レニン・アンジオテンシン 系」というホルモンの調節機構を、緩やかに抑制するのです。ぜひ、酢納豆にして、健康効果を高めてください。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


→酢は糖尿病や高血圧にも有効!記事はコチラ

味も食感も健康効果もまさにベストマッチ!

私の朝は、ご飯、みそ汁、納豆、焼き魚、スティック野菜の甘酢漬けで始まります。
納豆には、添付のタレ、からし、カツオ節、そして納豆の臭みを和らげるネギ、マイルドな甘みをプラスするウズラの卵の黄身と、この5種を入れるのが長年の習慣です。

それが最近、ここに酢を加えるようになりました。
「酢納豆が流行中!」と、テレビや雑誌で目にしたのがきっかけです。

酢は、私が専門とする研究分野です。
毎日の食事にも、いろいろな形で取り入れています。

それなのに、なぜ私は、酢と納豆という絶妙な組み合わせを思いつかなかったのでしょうか。
味といい、食感といい、健康効果といい、ベストマッチなのです。

酢には多くの健康効果がありますが、その代表的なものが血圧の降下作用でしょう。
酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわる「レニン・アンジオテンシン系」というホルモンの調節機構を、緩やかに抑制するのです。

ほかにも、内臓脂肪を減少させたり、血糖値の上昇を抑制したり、疲労を回復させたりするなど、特に中高年のかたがたには、ありがたい効果がたくさんあります。
さらに注目したいのは、酢にはカルシウムの吸収を促進する作用があることです。

カルシウムというと、骨を強くする働きが有名ですが、そのほかにも、動脈硬化を予防したり、イライラを解消したりする働きがあります。
納豆は、100g当たり90mg ものカルシウムを含んでいます。

酢を加えて食べることで、より効率よくカルシウムを吸収できるのです。
酢には、納豆の持つ独特のにおいを抑える作用もあります。

納豆のにおいのもとは、アルカリ性のアンモニア系物質。
酸性の酢を加えることで中和され、においが和らぎます。

さらに、かき混ぜると粘りが弱まってフワフワトロトロに泡立ち、食べやすくなるのです。
食材としての栄養効果を生かし、においや粘りが苦手な人にも食べやすくなるという点において、酢と納豆を合わせて食べるのがお勧めというわけです。

料理に活用すれば自然と減塩効果が得られる

「酸っぱいのは苦手」「鼻にツンとくる」という理由で、一方の酢に苦手意識を持つ人も多いようです。
酢が健康にいいとはわかっていても、とるのが難しいという声をよく聞きます。

しかし、酢は工夫しだいでいろいろな料理に生かすことができます。
例えば、私が毎朝食べているスティック野菜の甘酢漬けは、酢と砂糖、塩を混ぜた漬け汁に、好みの野菜を切って入れ、冷蔵庫で半日おくだけ。

さっぱりとした口当たりで、口が曲がるような酸っぱさはありません。
浅漬けやサラダのような感覚で、ポリポリ食べられます。

また、炒め物や煮物に酢を加えると、塩やしょうゆの使用量を抑えても味が調い、自然と減塩効果を得られます。
私は、かた焼きそばやラーメン、野菜炒めなどに、酢をたっぷりかけます。

酢には、油の粒子を細かくする働きがあるため、脂っこさが軽減され、とてもおいしくなるのです。
牛乳120mlに、酢とハチミツを大さじ1杯ずつ加え、よく混ぜた「酢牛乳」もお気に入りです。

「飲むヨーグルト」のようなさわやかな飲み心地です。
我が家では、アサリのみそ汁にも酢を少し入れています。

水に少量の酢を入れ、アサリの口が開くまで煮立て、最後にみそを溶き入れるだけ。
アサリの殻に含まれるカルシウムが汁に溶け出し、より栄養豊富な一杯になります。

酢の量は、400mlの水に大さじ1杯程度です。
酢の種類にもよるので、味を見ながら調節してください。

酢のさまざまな健康効果は、「1日大さじ1~2杯(15~30ml)を、継続してとることで得られる」という研究結果があります。
高血圧の人に、酢を含んだ飲料を毎日とってもらった実験結果です。

血圧の推移を記録したところ、最初の2週間で、早くも血圧の降下が見られました。
ところが、飲用をやめると、血圧はまた上がってしまいました。

ですから、毎日大さじ1杯程度の酢を、継続してとることが大切なのです。
ご紹介したように、酢漬け野菜を常備したり、煮物や炒め物に調味料として使ったりすると、あっという間に大さじ1杯くらいは摂取できます。

実際、毎日コンスタントに酢をとっている私は、おかげさまで健康に過ごしています。
猛暑の夏でも、食欲が衰えることはありません。

酢納豆は、納豆1パックに小さじ1杯の酢を入れます。
これで1日にとりたい酢の3分の1はカバーできます。

私のように、「朝食には必ず納豆」というかたも多いと思います。
ぜひ、酢納豆にして、健康効果を高めてください。

小泉 幸道
1973年、東京農業大学農学部醸造学科卒業。専門は発酵食品学。発酵食品の科学的な成分変化と機能性に関する研究を行う。1987年日本缶詰協会逸見賞受賞。2001年及び2009年に日本農芸化学会論文賞受賞。2014年北海道地方発明表彰発明協会会長奨励賞受賞。テレビや雑誌などで「お酢博士」として活躍中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【酢キャベツダイエットとは】デブ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

【酢キャベツダイエットとは】デブ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング