【管理栄養士】濃いシミが消えて人参の美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取が良い!

【管理栄養士】濃いシミが消えて人参の美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取が良い!

シミやくすみなどお肌の悩みを抱えている人にお勧めしたいのが、ニンジンを酢に漬けた常備菜「酢人参」です。人参の有効成分「βカロテン」の抗酸化作用で紫外線ダメージから肌を守ります。さらに体内で必要に応じてビタミンAに変化して美肌作りに役立つのです。【解説者】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


→「酢ニンジン」の基本の作り方はコチラ

互いの効果が相乗する美肌に役立つ常備菜

皆さんのなかには、シミやくすみなど、お肌の悩みを抱えている人も、多くいらっしゃるでしょう。
そうした人に特にお勧めしたいのが、ニンジンを酢に漬けた常備菜、「酢ニンジン」です。

ニンジンには、多くの有効成分が含まれています。
なかでも注目したいのは、色素成分の一つである、βカロテンです。

肌の大敵とされるのが、紫外線。
紫外線を浴びると、老化や病気の原因物質である活性酸素が大量に発生し、肌の老化を招きます。

活性酸素によりメラニン色素が酸化すると、色素沈着を起こし、それがシミやくすみの原因となります。
ニンジンのβカロテンには、非常に強力な抗酸化作用があるので、その抗酸化力が活性酸素を撃退します。

ダメージから、肌を守ってくれるのです。
また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化。

ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝を促進する作用があり、肌を健やかに保ちます。
保湿機能も高めるので潤いやツヤがアップし、美肌作りに大いに役立つのです。

ビタミンAは、レバーなどの動物性の食品や、サプリメントからも補えますが、その場合は注意が必要です。
脂溶性なのでとり過ぎると体内に蓄積され、過剰症を引き起こします。

その点、βカロテンなら心配無用です。
野菜などからとるぶんには、体内で必要に応じてビタミンAに変化するので、過剰症になることはありません。

食べ過ぎても、せいぜい柑皮症で皮膚が黄色くなるくらいで、摂取をやめれば元に戻ります。

ニンジンを酢に漬ける利点は、いくつもあります。

一つは、ニンジンといっしょに、酢のさまざまな健康効果が得られるところです。
加えて、酢漬けにすると保存がききます。

作れるときに作っておけば、いつでも食べられるので、継続しやすいでしょう。
また、酢ニンジンは、すでに下ごしらえが済んだ状態と同様なので、手軽に応用が可能です。

どんな料理にも合うので、味のバリエーションが広がり、飽きることもありません。
ニンジンの難点として、よく挙げられるのが、アスコルビナーゼという酵素の存在です。

この酵素は、ほかの食材のビタミンCを破壊する性質があるため、例えばニンジンと大根をいっしょにとると、大根のビタミンCが壊れてしまいます。
しかし、酢とニンジンを合わせておけば問題ありません。

酢が、アスコルビナーゼの働きを抑えてくれるので、合わせた食材のビタミンCを破壊することなく摂取できます。
酢ニンジンにはこのように、たくさんのメリットがあるのです。

私のシミが消えた経過を医師が学会で発表!

私がニンジンを強力に勧めるのには、理由があります。
実は私自身が、ニンジンで肌のシミを消した経験があるからです。

もう40年以上も前になりますが、私は顔にできたたくさんのシミで悩んでいました。
日焼けによるものではなく、原因は不明。

当時私は、仕事に明け暮れていたので、管理栄養士でありながらも自分の食事には気を配る余裕がなく、栄養が偏っていたのかもしれません。
シミは色が濃く、かなり目立ち、化粧をしても隠しきれないほどです。

勤務する病院の皮膚科で、ビタミンC製剤を処方してもらっていましたが、何年飲んでも、効果は現れませんでした。
30歳のころ、職場が変わったのを機に、新しい勤務先の皮膚科に相談しました。

すると女性の医師が、βカロテンが肌にいいらしい、と教えてくれたのです。
βカロテンという栄養素は、当時まだあまり一般に知られておらず、その効能が注目を集め始めたところでした。

βカロテンならニンジンが最適だと考えた私は、ニンジンを積極的に食事に取り入れることにしました。
管理栄養士魂に火がつき、新陳代謝に欠かせないビタミンCや亜鉛を含んだ食材に加え、吸収率を上げる油や、たんぱく質もしっかりとるなど、栄養を工夫。

あえて薬は処方してもらわずに、食事でどこまで改善できるか、試してみたのです。
すると、早くも3ヵ月ほどでシミが薄くなってきました。

βカロテンを勧めた医師は、その変化に関心を持ち、私の肌を定期的にカメラで撮影しようとします。
いつ「写真を撮らせて」と頼まれるかわからないので、すっぴんで出勤するようになりました。

実際、半年ほどで、すっぴんでもシミが気にならなくなってきたのです。
そして1年後、なんとシミはすっかり消失。

医師は、この経過を、学会や講演会で発表しました。
以来、私もテレビ番組などに呼ばれるようになり、ニンジンの美肌効果をお話しする機会が増えたのです。

このときから、野菜は、ニンジンや緑黄色の濃い物を中心とし、意識的に多く摂取するようにしています。
私は今、68歳ですが、おかげさまで顔に目立つシミもなく、この年齢にしては、肌のハリを保っていると思います。

常にすっぴんで過ごしていますが、人から美肌とほめられることも少なくありません。
酢ニンジンなら、手軽にニンジンを摂取でき、無理なく継続が可能です。

健やかで美しいお肌作りに、きっと役立ってくれることでしょう。

足立 香代子
臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士

→【関連記事】漢方医解説「酢人参」の健康効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【腸から超健康になる】酢人参「ごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「ごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング