【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


→【関連記事】ひろのば体操のやり方はコチラ
→【関連記事】鼻呼吸トレーニング「あいうべ」のやり方

曲がった足の指が原因で体がゆがみ障害が起こる

私が目指すのは、薬や手術に頼らない医療です。
病気の原因は間違った体の使い方にあり、これを正せば多くの痛みや症状は消えていきます。

私は、病気を局所ではなく全身でとらえるため、頭のてっぺんからつま先までを、丹念に診察し、患者さんに体の使い方をアドバイスします。
治療の柱は、鼻で呼吸をすることと、足の指を伸ばすこと。

「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということが、ずいぶん認知されてきました。
一方、「足の指を伸ばす」ことについては、まだその重要性が広まっていないようです。

私のクリニックには、内科疾患以外にも、ひざ痛や腰痛、股関節痛などの患者さんが多く見えます。
専門医から、「治療法がない」「手術しかない」といわれたかたも、足の指が伸びると、痛みや症状が改善するケースが少なくありません。

ひざ痛で来院した患者さんが、足の指を伸ばす施術を受けたら、杖を忘れて帰ってしまったという笑い話もあります。
当クリニックでは、効果的に足の指を伸ばす「ひろのば体操」を、患者さんに勧めています。

ここでは、足の指の重要性についてお話ししましょう。
なぜ、足の指を伸ばすだけで、全身の症状がよくなるのでしょうか。

意外かもしれませんが、ほとんどの人の足の指は、本来の機能を果たしていません。
地面から浮いていたり(浮き指)、曲がって縮こまっていたり(かがみ指)、ねじれて横を向いていたりして(寝指)、足の指本来の動きができていないのです。

足の指がきちんと伸びていないと、体を支える土台の面積が狭くなって、ふんばることができず、足もとが不安定になります。
皆さんは、逆立ちをしたことがありますか? 逆立ちするときは、手の指をめいっぱい伸ばして、広げるでしょう。

そうしないと、安定しないからです。
足も同じです。

足の指が伸びず、広がらないと、足もとが不安定になるため、全身の筋肉は余分な力を使ってバランスを取ろうとします。
その結果、不自然な力で体がゆがみ、さまざまな障害を引き起こすのです。

わかりやすい症状でいえば、O脚やX脚、外反母趾、巻き爪、タコ、ウオノメなど。
さらには、ひざ痛や腰痛、股関節痛、肩や首の痛み、頭痛、ネコ背、顎関節症なども、足の指が原因であることが少なくありません。

足の指は全身の土台!

1週間でひざ痛が消失!夜間頻尿が改善し熟睡!

元来、手足の指は物をつかむために発達したので、形状的に関節や筋肉が曲がりやすくできています。
現代生活では、意識して足の指を伸ばさないと、縮こまった状態で固まりやすいのです。

足の指が機能せず、足もとが不安定になると、歩くのが苦痛になり、活動量が減ります。
すると、血流が悪くなって体が冷え、自律神経のバランスが乱れます。

それが、高血圧や糖尿病といった生活習慣病や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こす場合もあるのです。
足の指を伸ばすと、足が本来の機能を発揮し、安定した正しい姿勢を取れるようになります。

血流が改善して自律神経が整うので、病気や痛みが改善していくのです。
姿勢が安定すると、自然とあごを引くことができて口が閉じ、鼻呼吸を行いやすくなるので、免疫力の向上にもつながります。

それでは、足の指を伸ばすケアで、症状が改善した患者さんの例をご紹介しましょう。

ひざ痛に苦しんでいた61歳の女性Mさんは、薬を飲みながらマッサージに通ったものの改善せず、水がたまってきたため、当院を受診。
足の指を伸ばすケアを行ったところ、1週間でひざ痛が消失しました。

75 歳の女性Kさんは、動脈が過剰に収縮するレイノー病で、極度の冷えに何十年も苦しんできました。
足の指を伸ばすケアを始めて1週間で、肩までポカポカと温まるのを実感。
電気毛布が不要になり、夜間頻尿が改善して朝まで熟睡できると喜んでいました。

右ひざの痛みとしびれで、正座ができなかった77歳の女性Sさん。
寝ているときに足がつることもあり、睡眠薬を含め、8種類もの薬を服用していました。
足の指を伸ばすケアでひざ痛が解消し、毎日5000~1万歩も歩けるようになりました。
夜も眠れるようになって、薬をすべてやめました。

また、ある保育園の子供たちの足を見せてもらったところ、どの子も足の指が曲がり、きちんと使えていないことがわかりました。
そこで、小さな子供でも簡単に足指を伸ばす方法(ひろのば体操)を考案し、毎日実践してもらいました。
すると、わずか2ヵ月で子供たちの転倒が減り、ジャンプやかけっこなどの運動能力は向上したのです。

現代日本では、靴をはいて平らな道を歩くことがほとんどでしょう。
そのため、子供のうちから、足の指が縮こまってしまう傾向にあります。

足の指を伸ばすケアは、子供から大人まで必要です。
家族みんなで習慣にしてください。
足の指を伸ばす以外にも、「サイズの合った靴や靴下をはく」「深爪をしない」「歩幅を小さくし、つま先で地面をける」なども心がけましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)