【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


透析時間が少ないと合併症を招きやすい!

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。
透析を始める時期は、クレアチニン値が8mg/dL以上が一つの目安で、そのほかに患者さんの症状(浮腫、心不全、肺水腫、貧血など)や、日常生活での障害度などを、総合的に見て判断します。

透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。
現在、透析を受けている患者さんの95%以上は血液透析です。

●血液透析
血液を体の外に出して、ダイアライザーの中を通す間に、尿毒素や余分な水分、老廃物を取り除き、きれいになった血液を再び体内に戻す治療法です。

血液透析を始める約2週間前には、「シャント」を作っておく必要があります。
シャントは、前腕の動脈と静脈を手術でつないだ血管です。

静脈内を動脈の血液が流れることで、静脈の血流が顕著に増加します。
その影響で太くなった前腕の静脈の2ヵ所に針を刺します。

その一つの針から血液をポンプで外に出し、ダイアライザーを通してろ過し、もう一つの針からきれいになった血液を体内に戻すということをくり返します。
ダイアライザーには、直径0.2mm程度の細い管が1万本以上、束になって入っています。

その管の内側を血液が流れ、外側を透析液が流れます。
透析液は、電解質(ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)やアルカリ剤が溶け込んだ液体です。

細い管は無数の小さな穴が開いた半透膜でできており、この膜を介して、血液と透析液の間で必要なものと不要なものの交換が行われます。
血液透析は、継続して行う必要があります。

現在、1回4時間の透析を週3回行うのが一般的です。
これ以下の時間や回数では、さまざまな合併症を招きやすくなり、死亡率が高まることもわかっています。

腹膜透析は腹膜炎や感染症に注意が必要

こうして透析を行うことで、腎臓のかわりに、水分量の調整や、血液中の老廃物(クレアチニン、尿素窒素などの尿毒素物質)の除去ができます。
また、酸性に傾いた血液を弱アルカリ性に戻してくれます。

しかし、塩分、カリウム、リンなどは十分除去できないことがあります。
その場合、カリウムやリンを下げる薬を処方します。

また、70〜80%の患者は、高血圧を合併するため、降圧剤も必要です。
そのほか、透析では改善できないこともあります。

腎臓から造血ホルモンが十分に分泌されないため、それを補う注射(赤血球造血刺激因子製剤)が必要です。
ビタミンDを活性化する腎臓の機能がないため、活性化ビタミンD製剤を服用(注射)しなくてはなりません。

このように血液透析で、腎臓のすべてをカバーできるわけではありません。
予防的治療や検査などが必要です。

●腹膜透析
自分のおなかの腹膜を透析膜として使う治療です。

血液透析のような大きな設備を必要とせず、自宅でできます。
腹膜透析は始める1ヵ月前に、透析液をおなかに入れるための管(カテーテル)を手術で埋め込んでおきます。

カテーテルを通して、おなかの中に透析液を一定時間注入しておくと、腹膜を介して血液中の余分な水分や老廃物がおなかの中の透析液に移ってきます。
その老廃物などを含んだ透析液を体の外に出して、血液をきれいにします。

1日3〜4回、1回に30分程度かけて透析液のバッグを交換します。
また、寝ている間に機械を使って透析を行う方法もあります。

血液透析と違って、持続して行えるので、体調面ではいい状態を保てます。
それに、透析施設には、検査や診察のために、月に1〜2回行けば済みます。

しかし、清潔な状態で行わないと、腹膜炎や感染症などを招く危険性があります。
また、5年以上経つと、腹膜炎になって腹膜が癒着し、腹膜の機能が衰えてかたくなる腹膜硬化症を起こすことがあります。

そのため、7〜8年で腹膜透析から血液透析へ移行するケースもあります。
最近では、透析施設と同じ装置を使って、血液透析を自宅で行う「在宅血液透析」という方法もあります。

この方法は、通院が不便な海外では普及しているところもあります。
しかし、機械の操作や血管に針を刺すことも自分の責任でやらなくてはなりません。

最後に腎移植についてもふれておきます。
腎移植には元気な人の腎臓をもらう「生体腎移植」と、亡くなった人から腎臓を提供してもらう「献腎移植」があります。

腎移植では、移植された腎臓の拒絶反応を防ぐために、免疫抑制剤を一生飲む必要があります。
しかし、腎移植がうまくいけば、健常な人と同じように生活できますし、食事の制限もありません。

金田浩
かもめクリニック理事長

→【関連記事】慢性腎臓病(CKD)を改善する「腎臓リハビリ」とは!透析中もできる

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【透析医が解説】「長時間透析」とは? 食事制限なしでも高血圧が改善!患者がどんどん元気になる

【透析医が解説】「長時間透析」とは? 食事制限なしでも高血圧が改善!患者がどんどん元気になる

現在、日本で行われている透析療法は、週に3回、4時間透析が主流です。しかし、この透析には問題が多々あります。私は日本に透析療法が導入された1967年ごろから、透析医療に携わってきました。そうしたなかで、私が最も頭を悩ませたのが、「高血圧性心不全」でした。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング