【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


どんな薬も腎障害を引き起こす危険性がある

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。
たくさんの薬を飲むことに、不安や抵抗を感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。
なぜなら、腎機能が低下している人、特に末期腎不全の人は、薬で補わなければ本来の体の機能が果たせなくなっているからです。

6〜7種類もの薬が出されていたとしても、末期腎不全の人にとっては、それが生きていくために必要不可欠なものなのです。
とはいえ、薬は代謝の過程で必ず腎臓を通るため、どんな薬でも腎臓にダメージを与え、腎障害を引き起こす危険性があることも事実です。

では、特に腎障害を招きやすい注意すべき薬をいくつか紹介しましょう。
薬剤性腎障害の原因として多いのは、上位から順に、①鎮痛薬として一般的に使われているNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、②抗ガン剤、③抗菌薬(抗生物質)、④造影剤(画像診断検査時に使う薬)という統計が出ています。


①NSAIDs
最も多いNSAIDsは、ステロイドでない解熱鎮痛薬の総称。
アスピリンやイブプロフェンなど、市販されている鎮痛薬もすべて含みます。

血管拡張作用を抑制する働きがあるため、腎臓への血流が低下し、虚血性の腎障害を招くのです。
慢性腎臓病の患者さんは、市販の鎮痛薬でも使用しないことです。


②抗ガン剤
抗ガン剤のなかにも腎毒性の強いもの(シスプラチンやメトトレキサートなど)があり、糸球体腎炎や尿細管障害などを起こします。

また、ガン患者は抗ガン剤に加えて、免疫抑制剤や抗生物質などの腎障害の副作用を持つ薬の投与も少なくありません。
腎機能の低下している人は、これらの薬の用量に注意が必要です。


③抗菌薬
我が国は、抗菌薬の使い過ぎといわれています。

そのため、抗菌薬による腎障害も少なくないのです。腸内環境も悪くなります。
慢性腎臓病患者は、安易に抗菌薬治療を受けてはいけません。


④造影剤
画像診断の検査で使う造影剤によって、腎臓への血流障害、尿細管障害を起こし、腎機能に悪影響を及ぼします。
慢性腎臓病の患者さんに使うと、急激に腎機能が低下して急性腎不全になり、透析が必要になるケースもあるので要注意です。


このほか、抗リウマチ薬、抗甲状腺薬、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカー、漢方薬などによる、腎障害の報告もされています。
なお、アメリカの統計でも、薬剤性腎障害を起こす原因薬として、いちばん多いのは非ステロイド性抗炎症薬です。

しかし、2〜4番は、プロトンポンプ阻害薬、H2ブロッカー、抗てんかん薬です。
日本はこれらの薬の害に対する認識が低いため、前述した統計結果には入っていないのでしょう。

市販薬、サプリメントもむやみに飲まない!

こうした薬剤性腎障害のリスクを少しでも減らすためには、無駄な薬は使わないことです。
とはいえ、最初に述べたように、腎臓病の患者さんにとって薬を勝手にやめるのは危険です。

では、どうしたらよいのでしょうか。
やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。

例えば、「以前、ひざ痛があって鎮痛薬を処方してもらったけど、今は痛みがない」というのであれば、鎮痛薬はもう必要ないかもしれません。
「胃薬を処方してもらっているけど、胃の症状はない」というのであれば、その薬をやめてもいいかもしれません。

そういったことを医師に相談してください。
湿布薬などの貼り薬は見落としがちですが、これもやはり薬です。

慢性腎臓病の人も、そうでない人も、使っている薬のすべてが必要かどうかを確認し、不要な薬を一つでも減らすことが大事です。
注意してほしいのは、できるだけ腎臓内科の専門医に相談することです。

腎臓の専門医はさまざまな副作用を考慮しながら慎重に薬を処方します。
他科で処方された薬もすべて開示して、指示を仰ぎましょう。

加えて、市販薬、サプリメントなども、自己判断でむやみに飲まないことです。
これらもすべて腎臓を通って代謝されます。

健康によいといわれる青汁も、カリウムの数値が高い人は安易に飲まないことです。
思いのほかカリウムが含まれていて、不整脈などを起こす高カリウム血症を招く危険性があるからです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング