首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!正しい手のもみ方を医師が解説

首こり・肩こりの症状改善には「親指のつけ根」をもむと良い!正しい手のもみ方を医師が解説

首、肩、背中のこりを訴える人は多いですが、意外と誰も気づかないのが、「手のひら」のこりです。なかでもこりやすいのが、母指球という親指のつけ根のふくらみ部分。このこりをほぐすと、首や肩のこりを始めとする上半身の症状が改善します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


班目健夫
青山・まだらめクリニック院長。自律神経免疫治療研究所所長。医師医学博士。免疫力を高めて、あらゆる症状の改善をはかるため、自律神経免疫治療を中心に診療している。『「首すじを押す」と超健康になる』(マキノ出版)など著書多数。

親指のつけ根の筋肉が首、肩まで連動している

 首、肩、背中のこりを訴える人は多いですが、意外と誰も気づかないのが、「手のひら」のこりです。なかでもこりやすいのが、母指球という親指のつけ根のふくらみ部分。ここを、反対側の親指でギュッと押してみてください。強い痛みや、硬いしこりがあったらそれは「こり」です。

 このこりをほぐすと、それだけで上半身の筋肉の緊張がほぐれ、首や肩のこりを始めとする上半身の症状が改善します。
 私がそのことを発見したのは、1年ほど前のことでした。それまで、腕のつけ根にお灸やマッサージをしてこりをほぐし、残ったこりを手のひらで取っていました。ところがその方法だと、こりの程度が強い人は改善に時間がかかります。

 もっと早くこりをほぐす方法がないか考えていたところ、東洋医学には、体の端(末端)を刺激すると、内臓(体幹)に効果が出やすいという原則があり、親指のつけ根を中心に手のひらのほうからほぐす治療法を取り入れてみたのです。すると、首や肩のこりだけでなく、頭痛、不眠、めまい、耳鳴り、セキ、さらには体幹部の痛みや腰痛まで改善することがわかりました。実際に改善した患者さんの例を紹介しましょう。

 Sさん(50代・女性)は、娘さんが引っ越しすることになり、その手伝いに行きました。そこで働きすぎ、肩がバリバリにこってしまい、来院されました。
 肩が痛くてどうしようもないというSさんに、私は親指のつけ根にお灸をして筋肉をほぐしました。すると肩のこりがスッと消え、その日1日がとてもらくだったそうです。しかしある程度時間がたつとぶり返すので、Sさんには自分で親指のつけ根をもんでもらいました。それをくり返すうちに、すっかり肩こりがなくなりました。

 めまいが改善した人もいます。
 Nさん(80代・女性)は2年前にメニエール病で来院され、そのときは首を横に回すと浮き出る首のすじ(椎前筋群)をほぐしてよくなりました。
 最近、再びめまいが起こるようになったと来院。ところが、今回は首が固まってまったく動かず、椎前筋群をほぐせません。そこで、代わりに親指のつけ根をもんだところ、その場で首が60度も回るようになったのです。これには、ご本人はもちろん、付き添いの娘さんもびっくりしていました。

手首近くの筋肉を丹念にもむのがコツ

 親指のつけ根を刺激するだけで、こうした効果が出るのはなぜでしょうか?

 それは、手から肩までの筋肉が関節を介してつながっているからです。
 親指のつけ根の筋肉は手首につながっています。さらに、手首から前腕部の筋肉が始まり、ひじ関節を介して上腕二頭筋と関係がでてきます。そして腕の筋肉は、肩につながっているので、親指のつけ根をもめば、腕から肩までの筋肉が一気にほぐれるのです。

 また、肩関節には九つの筋肉がついており、その中の大胸筋という筋肉がほぐれると、拮抗筋(伸ばす筋肉と縮む筋肉というように、反対の動きをする筋肉)である肩の僧帽筋もほぐれて、上半身がゆるみます。
 上半身の筋肉がゆるむと、筋肉の中を走っている血管の血流がよくなり、痛みやこりが取れていくのです。また、指先から脳につながっている神経の回路もスムーズに流れ、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の働きが整うようになります。すると、こりだけではなく、頭痛、耳鳴り、めまいといった上半身のさまざまな症状が改善していくのです。

 では、親指のつけ根のもみ方を説明しましょう。
 まず、手首付近の筋肉からほぐしていきます。ここから、腕、肩、首の筋肉までつながっているので、もまないと上半身全体がほぐれません。そこから、親指のつけ根のふくらみ全体をやさしくほぐしていきます。硬かったり、痛いところがあったらそれがこりです。そこを、親指の腹で気持ちよいくらいの強さでもみほぐします。強く押しすぎると逆に筋肉が硬くなってしまいます。もみほぐすのは、30秒ほどでいいでしょう。基本的には両手をもみほぐしますが、こりの強いほうだけでもかまいません。

 最後に太いマジックや小型のすりこぎなどを親指のつけ根に当て、縦、横、斜めなど、いろいろな方向に転がすと、血流が促進され、より筋肉がほぐれます。

 こりは一度では完全にほぐれませんから、何度もくり返してください。そして必ず、する前とした後でこりが軽減しているか確認し、症状の変化を見てください。それをくり返すことで、ほぐし方が上達し、症状も改善していくでしょう。

親指のつけ根のもみ方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


健康効果をさらに高める【手をもむ】健康法 Q&A

健康効果をさらに高める【手をもむ】健康法 Q&A

「子どもや妊婦の手をもんで大丈夫?」「1日に何回行えばいい?」など、健康効果をさらに高めるための【手をもむQ&A】をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


顎関節症を改善する【手のもみ方】

顎関節症を改善する【手のもみ方】

関節は、あごを動かす大きく強い筋肉の硬さが影響して、症状が出やすくなります。また、顎関節症の人は、あごが気になってよく動かすクセを持ちやすいです。そのクセが、痛みの悪化につながります。顎の痛みと違和感を改善する手のもみ方をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛が発生する大きな原因は3つあります。①脳に流れる血流が滞る ②脳から出て行く血流が滞る ③首と頭部の筋肉が緊張している これらのどれか、もしくはいずれかが同時に起こると頭痛になりやすいです。頭痛を改善する反射区をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


肩こりを改善する【手のもみ方】

肩こりを改善する【手のもみ方】

背中、首周辺には大きな筋肉がたくさんあります。それらが硬くなると、肩こりが起こるのです。腕を回してみて動きが硬かったり、左右差がある場合は慢性化してきている証拠です。肩関節の反射区は、母指球(親指のつけ根にあるふくらみ)の外側にあります。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


腰痛を改善する【手のもみ方】

腰痛を改善する【手のもみ方】

腰は、「体の要」ともいわれる大事な場所です。体のどこかのバランスがくずれると、腰周りの筋肉が硬くなります。すると動きが悪くなって腰痛が起こります。また、腰は骨盤のバランスにも大きく影響を受けやすい箇所なので注意が必要です。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング