【顎関節症の原因】顎の黒ずみ、首のシワは「安静位」ができていない!マッサージで対策を

【顎関節症の原因】顎の黒ずみ、首のシワは「安静位」ができていない!マッサージで対策を

安静位を取れずに起こる、代表的な症状の一つが顎関節症です。顎関節症の人のあごを見ると、あごが黒ずんでいたり、首にシワが多かったりします。これは、噛みしめによる過度の緊張によって、あごの血行不良が生じた結果なのです。ごの緊張をほぐすセルフケアをご紹介します。【解説】小倉左羅(銀座漢方 天クリニック院長)


小倉左羅
銀座漢方 天クリニック院長。「気診の学校」校長。東京歯科大学卒業後、歯科医師となる。噛みしめが全身に悪影響を及ぼしていることに気づき、あごをゆるめる養生法「あごゆるマッサージ」を考案。著書に『首がきれいになる!顎ゆるマッサージ』(Jパブリッシング)など。

あごの緊張をほぐすことが健康への近道

私のクリニックには、さまざまな不調にお悩みの患者さんが訪れます。
訴える症状は、全身のコリや痛み、しびれ、耳鳴りやめまいなど、多岐に渡ります。

専門の病院に行ったにもかかわらず、原因不明と診断されたり、治療してもよくならなかったりしたかたも少なくありません。
皆さん、困り果てて私のクリニックに来るのです。

私は、原因不明の不調の多くは、歯の噛みしめが原因だと考えています。
皆さんは、「口を閉じる=上の歯と下の歯を当てる(噛みしめる)」と思ってはいないでしょうか。

しかし本来は、口を閉じたときに、上下の歯が2〜3mm離れている状態が正しいのです。
これを、歯科用語で「下顎安静位」といいます。
ところが近年、この安静位ができていないかたが非常に増え、皆さん、必要以上に歯を噛みしめています。

噛みしめといっても、歯ぎしりのようにすごい力で噛むわけではありません。
上の歯と下の歯とがわずかにふれているだけで、体は必要以上に緊張してしまうのです。

その緊張は口の中だけにとどまりません。
首や肩、そして全身へと及びます。
その結果、筋肉は一日中こわばってかたくなり、痛みやコリなどを引き起こすのです。

安静位を取れずに起こる、代表的な症状の一つが顎関節症です。
顎関節症の人のあごを見ると、あごが黒ずんでいたり、首にシワが多かったりします。

これは、噛みしめによる過度の緊張によって、あごの血行不良が生じた結果なのです。
よって、まずはあごの緊張をほぐすことが、健康への近道。

そのセルフケア法として、私が患者さんに指導しているのが、「あごゆるマッサージ」です。

全身を襲う原因不明の痛みも完治した

あごゆるマッサージを毎日続ければ、あごの緊張はしだいにほぐれていき、自然に安静位が取れるようになります。
すると、全身のこわばりもなくなり、血流が改善して、不調も解消するのです。

あごゆるマッサージのやり方は、とても簡単なので、誰でも無理なく続けることができるでしょう。

まず、親指と人差し指の側面(第2関節辺り)であごの中央をはさみ、30秒もみほぐします。
片手でも両手でもかまいません。

次に、あごの中心から外に向かって、顎関節のところまで両手でマッサージします。
これも30秒行います。
あごの骨をもみほぐすつもりで、少し痛いくらいの強さがいいでしょう。

あごゆるマッサージは、少なくとも毎日1回は行ってください。
入浴中や就寝前など、リラックスしているときに行えば、より高い効果が期待できます。

それでは実際に、あごゆるマッサージによって、症状が改善した例をご紹介しましょう。


40代女性のAさんは、10年にわたり、ひどい頭痛に悩まされてきました。
毎朝、頭の痛みで目が覚め、頭痛薬が常に手放せない状態だったのです。
Aさんのあごも、黒ずんでいました。

そこで、あごゆるマッサージを毎日行ったところ、2〜3ヵ月後には10年来の頭痛が解消したのです。
また、首や肩の緊張が取れ、首のコリも改善しました。


40代の男性Bさんは、全身を襲う原因不明の痛みに悩まされ、来院されました。
整形外科や鍼灸院に行ったものの、症状は改善しなかったそうです。

Bさんは一日中強く噛みしめていたので、全身の筋肉の過緊張により、痛みが生じていると考えられました。
そこで、あごゆるマッサージを毎日行ってもらったところ、半年で症状が完治したのです。

あごゆるマッサージの効果は、このような不調の改善だけではありません。
高い美容効果も期待できます。
あごのラインがスッキリと細くなり、黒ずみやシワも消えていきます。

80代の女性Cさんは、あごゆるマッサージを続けていくうちに首のシワが減り、皮膚がつややかになったと喜んでいました。


私自身、今年で54歳になりますが、毎日あごゆるマッサージを行っているおかげで、首にシワやシミは一つもありません。
皆さんもぜひ一度、お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング