【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


発酵によって有益なアミノ酸がグンと増加!

今、米こうじから作る「食べる甘酒(生甘酒)」が大ブームになっています(作り方は別記事参照)。
しかし、米こうじから作られた甘酒について、ヒトへの機能性を科学的に検証した報告は、これまでほとんどありませんでした。

そこで、私は2015年、大手酒造メーカーとの共同研究により、その機能性について確かめることにしました。
この研究結果は、昨年12月に放送された「あさイチ」(NHK総合)で取り上げられ、大きな話題を集めました。

被験者は、当大学の女子大学生12名です。
米こうじと水だけで作ったノンアルコールの甘酒を、6名には100g、残りの6名には200g、毎日就寝前に飲むことを4週間続けてもらいました。

なお、甘酒とは別に、3食はしっかりとってもらいました。
飲み方は指定しなかったので、冷たい状態で飲んだ人もいれば、人肌程度に温めて飲んだ人もいたようです。

4週間後、皮膚の溝の面積から肌のキメを測定すると、どちらのグループも、腕・首の肌のキメが整うという傾向が確認できました。
また、肌の水分量は、腕と首のどちらも増えました。

そして、100g飲んだ人よりも、200g飲んだ人のほうが水分蒸発量は抑えられ、肌の水分量が高くなったのです。
皮膚はいくつもの層でできていて、いちばん上の角質層は、バリア機能を果たしています。

外部の刺激から守ったり、肌から水分が蒸発するのを防いだりしているのです。
肌のキメが整うと、このバリア機能が高まります。

その結果、水分を肌に閉じ込め、肌の水分量が増えたと考えられます。
被験者の実感としては、「冬でカサカサだった肌がモッチリした」「吹出物が減った」「肌にハリが出た」「化粧のりがよくなった」などの声が聞かれました。

肌以外の効果では、ひどい便秘が改善した人や、血液中のヘモグロビンの量が増えて貧血が改善した人もいました。
なお、被験者たちは、ふだんの食事に甘酒をプラスしたにもかかわらず、体重が増加する人はいませんでした。

では、米こうじの甘酒が、どうして肌によい効果をもたらしたのでしょうか。
私の専門は、アミノ酸研究です。

アミノ酸は、肌や髪を作るのに必要なたんぱく質の構成成分で、ネックレスのように連なっています。
そして、それが一つに分離されて遊離アミノ酸になると、さまざまな機能を発揮することがわかっています。

そこで、私は甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析しました。
すると、発酵によって、総量がグンと増えることが確認できたのです。

加えて甘酒は、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかりました。
体内に活性酸素が増えると細胞が傷つけられるため、多くの肌トラブルにつながります。

ですから、抗酸化作用のある甘酒を定期的に摂取することは、肌を良好に保つためにも有効なのです。

1g 20 万円相当の美肌物質も含まれている

数ある抗酸化物質のなかでも、アミノ酸の一種「エルゴチオネイン」は、ビタミンEの7千倍の抗酸化力を持つといわれています。
「最強の抗酸化物質」とも呼ばれ、絶大な美肌効果を持つこの合成商品は、なんと1gあたり約20万円もする貴重な物です。

甘酒には、このエルゴチオネインが含まれていることが、別の研究で報告されているのです。
そのほか、甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサになります。

腸内環境が整うので、美肌効果につながると考えられます。
体内に腐敗物質がたまると、血液が汚れて肌荒れの原因になります。

腸内環境が整えば、腐敗物質の生成が減少します。
腸での栄養成分の吸収が上がるため、肌の状態も改善しやすくなるのです。

今回、私が行った研究は、被験者の平均年齢が21・4歳と若かったため、シミやシワへの効果は確認できませんでした。
しかし、角質層が整って肌の新陳代謝が正常化すれば、シミ・シワなども消えやすくなります。

幅広い世代の肌トラブルの改善も期待できるでしょう。
甘酒は、糖質が高いため、とり過ぎはよくありませんが、1日200g 程度を毎日摂取すれば、肌にも体にもよい効果が期待できます。

なお、研究で使った甘酒は、新たな菌の繁殖を防ぐ目的から、加熱殺菌をして酵素を死滅させています。
市販されている甘酒と同じ状態です。

ですから、手作りの生甘酒を摂取すれば、酵素が生きたままとれるので、より高い美容・健康効果が得られるでしょう。
ぜひ皆さんも、生甘酒で美肌づくりを目指してください。

甘酒の作り方はコチラ

高岡素子
神戸女学院大学人間科学部教授

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング