【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


口内フローラの悪化が万病を招く原因だ!

「いつも口の中がカラカラに乾いている」「唾液が少なくて物が食べづらい」「ネバネバした唾液がよく出る」というかたはいませんか。
そのような人は、注意が必要です。
常に唾液の分泌量が少なくなっているか、質の悪い唾液ばかりが出るようになっており、口内フローラが悪化している恐れがあります。

口内フローラとは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
私は、口内環境のことを口内フローラと呼んでおり、健康状態を測るうえで、欠かせない指標の一つだと考えています。

口内フローラの悪化は、歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。
高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで、実にさまざまな不調の原因となるのです。

この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。
唾液には強い殺菌作用があり、歯周病菌や虫歯菌など口腔内の細菌の繁殖を抑制し、清潔に保ってくれます。

しかし、昨今、患者さんの口内を診ると、唾液が正常に分泌されていないかたが急増しています。
その主な原因は、現代社会につきまとう過度なストレスでしょう。

現代人の多くは毎日仕事に忙殺され、複雑な人間関係に悩まされています。
すると、自律神経のバランスが乱れてしまうのです。

自律神経とは、血管や臓器、筋肉といった体の諸器官の働きを、一手に担っている大事な神経のこと。
自律神経の乱れは、あらゆる病気や不調の引き金といっても過言ではありません。

自律神経には、交感神経と副交感神経という2種類があります。
交感神経は、活動時や緊張時に働くため、主に昼間に優位になります。

一方の副交感神経は休息時に働くため、主に夜間に優位になります。
1日を通して両者がバランスよく働くことで、私たちの健康状態は維持されているのですが、ストレスによって体がいつも緊張していると、交感神経ばかりが働いてしまいます。

すると、口の中は乾きやすくなり、ネバネバした質の悪い唾液ばかりが分泌されて、口内フローラが悪化してしまうのです。

メニエール病によるめまいも消失した!

自律神経のバランスを整えるとともに、質のいい唾液の分泌を促す方法として、私が勧めているのが「耳の下もみ」です。

耳の下の奥歯が位置する辺りには、耳下腺という唾液が分泌される唾液腺があります。
ここを指でもんで刺激することで、少なくなった唾液の分泌量を増やすことができます。

しかもこの耳下腺からは、サラサラとした良質の唾液しか分泌されません。
質の悪いネバネバ唾液は緊張時に分泌される一方で、サラサラ唾液はリラックス時に多く分泌され、口臭や歯周病を抑えてくれます。

また、耳下腺を刺激すると、体がリラックスして、副交感神経が優位になります。
自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠といった精神疾患の改善が期待できるでしょう。

さらに、耳の後ろにある完骨というツボをいっしょに刺激すると、より効果的です。
完骨は自律神経のバランスを整える特効ツボとされ、両耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の下のくぼんだところにあります。

この耳の下もみは、即効性も十分で、その場で最大血圧が10㎜Hgも降下したかたがいます。
そのほかにも、高かった血糖値や血圧が基準値内に下がったり、メニエール病によるめまいが起こらなくなったりしたかたがいるなど、その効果は多種多様です。

ぜひ一度、お試しください。

関連記事→歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

私は、10年ほど前から、頭痛に悩まされるようになりました。それまでなんともなかったのに、生理中やその前後に、突然、起こるようになったのです。側頭部や頭全体がズキンズキンと脈打つようで、ひどいときには目の奥まで痛み、吐き気がすることもありました。【体験談】上野尚子(50歳・パートタイマー)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)