《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


舘野真知子
料理研究家・管理栄養士。管理栄養士として病院勤務後、アイルランドの料理学校に留学。帰国後、発酵料理を中心に、料理の楽しさや食の大切さを伝える活動を精力的に行っている。

今回は、「食べる甘酒」の基本の作り方を一挙にご紹介!どれも、簡単に作れるものばかりです。ぜひお試しください。

食べる甘酒の作り方

炊飯器を使う作り方

大量に作りおきしたいかたにお勧め!
エネルギー:1110kcal/塩分:0.0g(各出来上がり量分)

【材料】  ※出来上がりの量=約900㎖
もち米…1 合
水…600㎖
水(追加分)…200㎖
乾燥米こうじ…200g(生米こうじの場合も同量でOK)

【作り方】
➊もち米は洗い、水600㎖に30分、つけておく。

➋①を炊飯器に移し、おかゆモードで炊く。

➌おかゆができたら、水200㎖を注いで混ぜ、温度を下げる。

❹60度前後になったら乾燥米こうじを加え、よく混ぜる。

➎炊飯器のふたを開けたまま、ふきんをかけ、保温モードで約8時間保温する。
途中で温度が下がったら、ふたをして温度を上げ、60度前後を保つようにする。

➏ほんのり黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

鍋と保温水筒を使う作り方

炊飯器に空きがなくても作れる!
エネルギー:555kcal/塩分:0.0g(各出来上がり量分)

【材料】  ※出来上がりの量=約500㎖
もち米…1/ 2合
水…500㎖
水(追加分)…100㎖
乾燥米こうじ…100g(生米こうじの場合も同量でOK)

【作り方】
➊もち米は洗い、水500㎖に約30分、つけておく。

➋①を厚手の鍋に移し、ふたをして弱火で20分ほど炊き、おかゆを作る。

➌おかゆができたら、水100㎖を注いで混ぜ、温度を下げる。

❹60度前後になったら乾燥米こうじを加え、よく混ぜる。

➎④を保温水筒に入れ、ふたを閉める。

➏約8時間おき、ほんのり黄色みを帯び、甘みが出ていたら完成。

※④から⑥のとき、温度が下がり過ぎた場合は、一度鍋に戻し、弱火で60 度前後になるまで加熱する。

ヨーグルトのようにそのまま食べる。
また、豆乳や焼酎などと割って飲んだり、コーヒーゼリーやシリアルにかけて食べたりしてもおいしい。

食べる甘酒の保存方法

出来上がったら粗熱を取り、保存用容器やジッパーつきの保存袋に入れる。
常温で数時間おくと酸味が出てくるので、冷めたらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れること。

冷蔵庫なら1週間~10日間、冷凍庫なら1~2ヵ月間、保存できる。
冷蔵保存中も発酵は進むので、保存容器に満杯の状態では保存しない。
また、ガス抜きのため、1日1回開閉すること。

応用編のアレンジレシピ「スムージー」はこちら
応用編のアレンジレシピ「ホットドリンク」はこちら
応用編のアレンジレシピ「スープ」はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食べる甘酒 生甘酒 甘酒

関連する投稿


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分です。毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【医師解説】動脈硬化が改善する「RAP食」食後の生甘酒と合わせると効果アップ!

【医師解説】動脈硬化が改善する「RAP食」食後の生甘酒と合わせると効果アップ!

私は、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、そして、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死を防ぐため、皆さんに勧めている食事療法があります。それが、「RAP食」です。最近私がRAP食に加えた食品の一つが、生甘酒です。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(3)

【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(3)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング