《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


舘野真知子
料理研究家・管理栄養士。管理栄養士として病院勤務後、アイルランドの料理学校に留学。帰国後、発酵料理を中心に、料理の楽しさや食の大切さを伝える活動を精力的に行っている。

今回は、「食べる甘酒」の応用編のアレンジレシピを一挙にご紹介!どれも、簡単に作れるものばかりです。ぜひお試しください。

食べる甘酒の作り方

食べる甘酒のスムージーのレシピ

スムージーとは、食材を丸ごとミキサーにかけて作ったジュースのこと。
新鮮な野菜や果物に、食べる甘酒を加えれば、健康効果が抜群の栄養ドリンクに早変わり!

コマツナスムージーの作り方

苦みや臭みがなくゴクゴク飲める!

【材料】(2人分)
食べる甘酒…100㎖
コマツナ…1株
リンゴ…1/4個
レモン汁…小さじ1

【作り方】
❶リンゴは皮をむいて芯しんを取り、ざく切りにする。コマツナもざく切りにしておく。
❷①と食べる甘酒、レモン汁をミキサーに入れて撹拌し、コップに注ぐ。

ニンジンスムージーの作り方

スッキリとした甘さで飲みやすい

【材料】(2人分)
食べる甘酒…100㎖
ニンジン…50g
リンゴ…1/4個
レモン汁…小さじ1

【作り方】
❶ニンジンは皮をむき、リンゴは皮をむいて芯を取り、それぞれざく切りにする。
❷①と食べる甘酒、レモン汁をミキサーに入れて撹拌し、コップに注ぐ。

イチゴ甘酒の作り方

ビタミン豊富で甘酸っぱい!

【材料】(2人分)
Ⓐ:食べる甘酒…150㎖
  イチゴ(へたを除く)…75g
  レモン汁…小さじ1/2
  イチゴ(スライス)…適量

【作り方】
❶Ⓐをミキサーに入れて撹拌し、コップに注ぐ。
❷①にイチゴを飾る。

応用編のアレンジレシピ「ホットドリンク」はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食べる甘酒

関連する投稿


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士) 


【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

生甘酒には健康によい数々の効果があります。有名なところでは、美肌、美白、保湿、美髪、ダイエット、疲労回復、滋養強壮、夏バテ防止などです。しかし、私が最も重要ととらえるのが、腸および腸内細菌の環境を整える効果が強いことです。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


最新の投稿


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)