《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】(料理研究家・管理栄養士)


舘野真知子
料理研究家・管理栄養士。管理栄養士として病院勤務後、アイルランドの料理学校に留学。帰国後、発酵料理を中心に、料理の楽しさや食の大切さを伝える活動を精力的に行っている。

今回は、「食べる甘酒」の応用編のアレンジレシピを一挙にご紹介!どれも、簡単に作れるものばかりです。ぜひお試しください。

食べる甘酒の作り方

食べる甘酒のスープレシピ

食べる甘酒は、おやつ以外にも、素材の持ち味を引き出す調味料として、幅広く使えます。
ここでは、冬にうれしい、温かいスープレシピをご紹介します。

カボチャと甘酒のポタージュの作り方

より甘みとコクが増す味わいに!

【材料】(2人分)
食べる甘酒…100㎖
Ⓐ:カボチャ(皮なし)…100g
  水…100㎖
豆乳(無調整)…100㎖
塩…小さじ1/4
粗びき黒コショウ…少々

【作り方】
❶鍋にⒶを入れてふたをし、弱火でやわらかくなるまで煮る。
❷ミキサーに①と食べる甘酒、豆乳を入れて撹拌する。
❸②を鍋に戻して塩、粗びき黒コショウを加え、弱火で軽く温め、器に入れる。
❹少々の食べる甘酒(分量外)とひとつまみの粗びき黒コショウ(分量外)を飾る。

キノコの甘酒入りみそ汁の作り方

甘い物が苦手なかたにお勧め!

【材料】(2人分)
食べる甘酒…30㎖
シメジ…20g
マイタケ…10g
水…400㎖
カツオ節…3g
みそ…大さじ2
万能ネギ(小口切り)…大さじ1

【作り方】
❶シメジとマイタケは小房に分ける。
❷鍋に①と水を入れて加熱し、沸騰したらカツオ節を入れ、火を止めてみそを溶き入れる。
❸②に食べる甘酒を加えて器に入れ、万能ネギを飾る。

応用編のアレンジレシピ「スムージー」はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


食べる甘酒

関連する投稿


【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

【美容効果】ダイエットエキスパートお勧めの「生甘酒」活用法(間食置き換え・生甘酒パック)

生甘酒に含まれるコウジ酸は、メラニンの生成を抑制するため、シミの増加を防ぎ、美白効果があります。また、毒出し効果が高いビタミンB群も、生甘酒には豊富です。通称「美肌のビタミン」とも呼ばれ、シワや肌荒れなど、さまざまな肌トラブルを改善してくれます。【解説】和田清香(ダイエットエキスパート)


【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

【食べる甘酒】甘みと旨みで万病退治「食べる甘酒」特効レシピ(1)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

【腸内環境を整える】「食べる甘酒」基本の作り方(炊飯器を使う・保温水筒を使う)

「食べる甘酒(生甘酒)」は、米こうじから作る、優しい甘みが特長のノンアルコールの食べ物です。善玉菌が増えることで腸内環境が整い、さまざまな症状の改善が期待できます。超簡単な「食べる甘酒」の基本の作り方を公開します。【指導】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士) 


【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

生甘酒には健康によい数々の効果があります。有名なところでは、美肌、美白、保湿、美髪、ダイエット、疲労回復、滋養強壮、夏バテ防止などです。しかし、私が最も重要ととらえるのが、腸および腸内細菌の環境を整える効果が強いことです。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


最新の投稿


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)