【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

私が患者さんに勧めているのが、4種の野菜を20分ほど煮て作る「ファイトケミカルスープ」です。このスープが、がんの予防や治療の助けとして、また糖尿病や高血圧といった生活習慣病の改善、肥満の解消、体質改善など、さまざまな面で大きな効果を上げています。【解説】高橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


髙橋 弘
 1951年、埼玉県生まれ。77年、東京慈恵会医科大学卒業後、同大学院(内科学専攻博士課程)へ進み、同附属病院で臨床研修。85年、ハーバード大学医学部に留学。同大学附属マサチューセッツ病院にて、フェロー、助手、助教授を経て准教授となる。東京慈恵会医科大学教授などを経て、2009年より現職。食事と病気の関係に着目してファイトケミカルの研究に情熱を注ぎ、ファイトケミカルスープを考案。『ハーバード大学式「野菜スープ」で免疫力アップ!がんに負けない!』『ハーバード大学式「野菜スープ」でやせる!若返る!病気が治る!』(ともにマキノ出版)など著書・監修書多数。

「免疫栄養学」の研究から生まれたスープ

 私が日々の診療で心がけているのは、最良の医療と最新の医療情報を患者さんに提供することです。しかしそれだけでなく、「薬だけに頼らない医療」も提案しています。それは、食事によって病気の予防や改善に務めることでもあります。
 その具体的な方法として、私が患者さんに勧めているのが、キャベツ、ニンジン、タマネギ、カボチャの4種の野菜を20分ほど煮て作る「ファイトケミカルスープ」です。
 このシンプルな野菜のスープが、がんの予防や治療の助けとして、また糖尿病や高血圧といった生活習慣病の改善、肥満の解消、体質改善など、さまざまな面で大きな効果を上げています。先日、あるテレビ番組で、「ハーバード大学式長生きスープ」として紹介されましたが、まさに「健康で長生きするために最適なスープ」と言えるでしょう。
 私がこの、ファイトケミカルスープ(長生きスープ)を考案したのは、がんの患者さんのご家族のひと言がきっかけでした。「(がんになった妻に)どんな物を食べさせたらよいのでしょうか」。同じような相談が、その後もがんの患者さんやご家族から、相次ぎました。
 がんの原因の35%は食事にあることが、疫学調査でわかっています。そうであるなら、がんになったときに何を食べたらよいのか、何を食べさせたらよいのかは、患者さんやご家族にとって切実な問題です。
 しかし病院では、がんの治療はしても、食事の指導まで行うことはほとんどありません。
 相談を受けた当初、私にも答えが見つかりませんでした。その後、試行錯誤を重ねた末に考案したのが、ファイトケミカルがたっぷり含まれた長生きスープでした。
 このスープの誕生には、私のアメリカでの研究が色濃く反映されています。
 私は1985年にハーバード大学に留学し、臨床のベースになる免疫学、遺伝子工学、分子生物学を学びました。
 その後いったん帰国して再度ハーバード大学に戻り、准教授として大学院生に教えるかたわら、肝炎、遺伝子、がんの免疫療法の研究や臨床経験を積んでいました。
 その研究の中で私が注目したのが、「植物の力」でした。
 折しもアメリカでは、糖尿病や脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気は食事や生活習慣に原因があることがわかり、食生活の改善に国を挙げて取り組んでいました。そして90年代になると、がんに予防効果のあるデザイナーフーズ・リストが発表されたのです。
 そこにリストアップされた野菜には、ファイトケミカルがたくさん含まれています。
 私はこのファイトケミカルに着目し、ファイトケミカルと免疫の研究を深め、「免疫栄養学」という新しい研究分野を打ち立てました。ファイトケミカルをとるための長生きスープは、その研究から生まれたもので、効果も科学的な根拠に裏づけられています。

活性酸素という体のゴミを消すファイトケミカル

 ファイトケミカルは、植物が紫外線や害虫などから自分自身を守るために、自ら作り出す成分です。植物の色、香り、辛味、苦味、渋味などのもとになっていて、植物ごとにさまざまな種類があります。
 ファイト(Phyto)はギリシャ語で「植物」、ケミカル(Chemical)は英語で「化学」、つまり、植物由来の天然の化合物という意味です。
 ファイトケミカルは、たんぱく質や炭水化物、脂肪のような従来の栄養素ではありません。ですから、エネルギーや筋肉や骨、血液などにはなりません。
 しかし、従来の栄養素にはない、とても重要な働きがあります。それが、体内で作られた「ゴミ」を消去する機能です。 私たち人間は、栄養素を酸素で燃やしてエネルギーを作り、日々の活動源にしています。そのエネルギーを作るさい、活性酸素というゴミが出ます。ちょうど、車がガソリンを燃やして排気ガスを出すのと同じです。
 活性酸素は体内に蓄積され、過剰になると、より毒性の強い「ヒドロキシラジカル」という超悪玉の活性酸素になります。この悪玉活性酸素が体内の脂肪やたんぱく質、核酸(遺伝子)などを傷つけて、動脈硬化やがん、老化、その他さまざまな病気の発症因子になるのです。

 この悪玉活性酸素を中和して消去する働きが、ファイトケミカルにはあります。

その作用は、このように幅広く多様ですが、これを見ると、ファイトケミカルは人間の健康の根幹を左右する重要な物質であることがよくわかると思います。 

野菜もスープも全部食べる

 私が野菜を生のまま食べるのではなく、スープにすることを勧めているのは、この大事なファイトケミカルを十分活用できるようにする、いちばん簡単な方法だからです。
 ファイトケミカルは、植物の細胞の中に存在します。しかし、植物の細胞は、硬くて丈夫な細胞壁に囲まれています。
 この細胞壁は人間の消化酵素では消化されず、ミキサーでドロドロに砕いてもなかなか壊れません。しかし、一定以上加熱すると、細胞壁を壊すことができ、ファイトケミカルが吸収されやすくなります。
 ファイトケミカルは熱に強い安定的な物質なので、加熱しても効力が損なわれることはありません。むしろ抗酸化作用はジュースなどよりずっと強くなるという研究(前田浩・熊本大学名誉教授の記事参照)もあります。


 スープの中にはファイトケミカルだけでなく、水溶性のビタミン類や食物繊維が溶け出しています。一方、具の野菜には、体内でビタミンAに変換されるα、β‐カロテンや脂溶性のビタミンE、不溶性の食物繊維が入っています。
 ですから、具もスープも全部食べてください。それだけで、一日に必要なビタミンA、C、Eの摂取量のすべてと、食物繊維の半分がまかなえます。
 ビタミンエース(A、C、E)には抗酸化力や免疫を高める作用、食物繊維には、解毒作用や腸内環境を整える作用があります。
 朝のカップ1杯のスープ。この習慣が、健康と長生きの秘訣だと私は思っています。

→「長生きスープ」の作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

マクロビオティックとは、食文化研究家の故・桜沢如一氏が提唱した「自然と調和して生きる生活術全般」のことをいいます。そのなかの一つが、玄米などの全粒穀物を中心とし、一人ひとりの体調や環境、ライフスタイルに合わせた食事法です。【解説】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

【医師推奨】不調が続く時は「パンと牛乳」を3週間やめてみる

私のクリニックに来られるさまざまな患者さんの多くが、何をやってもよくならない、既存の治療法以外にできることがあるなら試したい、というかたがたです。そのような人に「パンと牛乳をやめましょう」と指導すると、それだけで症状が改善する例を、これまで数多く見てきました。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長) 


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング