【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる、抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。しかし、どれほど治療が進歩しても、ガン予防の重要性に変わりはありません。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


抗がん剤の研究者だからこそ予防の重要性を痛感

 私は長年、副作用のない抗がん剤を目指して研究を続けてきました。従来の抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常細胞も傷つけてしまうため、吐き気や脱毛、食欲不振、造血機能障害、神経障害など、さまざまな副作用を伴います。

 私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。
 しかし、どれほど治療が進歩しても、「そもそもがんにならないようにする」ことの重要性に変わりはありません。
 私は、抗がん剤の研究を行う一方で、がん予防の研究も進めてきました。

 長年の研究から得た結論は、「がん予防には野菜スープがいちばん」ということです。

 がんの発症には、猛毒の活性酸素がかかわっています。紫外線、化学物質、タバコ、慢性炎症などが呼吸で取り入れた酸素から活性酸素や一酸化窒素を生じさせ、細胞や遺伝子を傷つけ、正常細胞をがん細胞に変異させます。活性酸素を消去することが、がん予防に直結するのです。

 私たちの体には、活性酸素を消去する物質を作る働きが備わっています。ところが年齢とともにこの働きは低下し、活性酸素を処理しきれなくなります。

 そこで、役立つのが野菜スープなのです。野菜には活性酸素を消去するさまざまな抗酸化物質が含まれています。
 代表がファイトケミカル(植物が紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質の総称。植物の色素や香り、苦味などを構成している成分)です。トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、ファイトケミカルは身近な野菜に豊富に含まれています。

 ファイトケミカルのがん予防に関する研究は欧米を中心に進み、発がん物質の解毒、がん細胞の成長・増殖の抑制、免疫力を高めてがん細胞への攻撃力を強化するなどの働きが認められています。野菜を十分に食べ、ファイトケミカルをとることが、がん予防の最善策といえましょう。

野菜の抗酸化成分をとるにはスープがベスト

→「最強の野菜スープ」の基本の作り方はコチラ

 野菜といえば、サラダで食べる人が多いようです。しかし、生野菜をそのまま食べた場合、ファイトケミカルはわずかしか吸収できません。
 ファイトケミカルの多くは、野菜の細胞のなかにあります。細胞は、セルロースという食物繊維の一種でできた頑丈な細胞壁に包まれています。

 ファイトケミカルを取り出すには、細胞壁を壊さなくてなりませんが、人間の体内では、セルロースを消化できません。
 野菜を嚙んだり、包丁で刻んだりした程度では大半の細胞壁は壊れず、細胞の中の有効成分を吸収できないのです。
 実際、生野菜を食べた後に検便を行って便を観察すると、野菜の細胞は未消化のままそっくり便に排泄されています。

 野菜の有効成分をあますところなくとるベストな方法が、野菜を加熱し、スープとしてとることです。野菜をゆでるだけで頑丈なセルロースの細胞壁はあっけなく壊れ、細胞や細胞膜からファイトケミカルがスープに溶け出すからです。

 私たちの実験で、野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、野菜を5分間煮出したゆで汁のほうが10倍~100倍強いことが明らかになっています。(グラフ参照)

 野菜スープには、ビタミン類、ミネラル類など、ファイトケミカル以外の有効成分も丸ごと溶け出しています。野菜スープをとることで、サラダとは比較にならない強力な抗酸化パワーを得られます。
 野菜を加熱すると、ビタミンCが壊れてしまうのではないかと、心配するかたがいるかもしれません。ビタミンC単体では加熱に弱いのは確かです。

 しかし、野菜に含まれるビタミンCは、種々の抗酸化成分の働きで安定化し、壊れにくくなっています。
 スープ作りのポイントは、複数の野菜を入れること。さまざまな成分の相乗的な働きで抗酸化パワーがより高まります。
 お勧めは、ホウレンソウ、コマツナ、ブロッコリーなど緑の濃い野菜、旬の露地野菜です。これらは抗酸化作用が強いことが実験でわかっています。

 私も、毎日朝食で野菜スープを欠かさずとっています。量は大きめのマグカップに7分目ほど。減塩を意識してスープに味つけはしていませんが、隠し味にみそや岩塩、カレー粉を少し入れることもあります。
 家内が作る野菜スープには、タマネギやニンジン、ジャガイモ、セロリ、カボチャ、ダイコンの葉など、季節ごとに旬を迎える6種類ほどの野菜が入っています。
 野菜の3倍ほどの水を鍋に入れて1時間弱煮たあと、ハンドミキサーでトロトロのポタージュ状にするのが我が家流です。
 のどごしがなめらかなスープは朝食にぴったりです。みなさんも野菜スープを健康維持にお役立てください。

ポタージュにすると口当たりがよく飲みやすい!

→「最強の野菜スープ」の基本の作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

【マクロビ】ダイエット、美容、健康に役立つ!究極の完全食「玄米スープ」とは

マクロビオティックとは、食文化研究家の故・桜沢如一氏が提唱した「自然と調和して生きる生活術全般」のことをいいます。そのなかの一つが、玄米などの全粒穀物を中心とし、一人ひとりの体調や環境、ライフスタイルに合わせた食事法です。【解説】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

ファイトケミカルをたっぷり含んだ「長生きスープ(ファイトケミカルスープ)」は、私の治療の一つの柱として、今では欠かせないものになっています。薬だけでは十分コントロールできない糖尿病や高血圧、肥満、さらにはがんや肝炎などの病気に、有形無形の効果があります。【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング