【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


最近注目の善玉菌を増やすと判明!

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。
甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。

これまでの研究で、こうじが体内の脂肪を減らしたり、悪玉と呼ばれる血中のLDLコレステロール値や血糖値を下げたりするなど、さまざまな健康効果が報告されています。 
しかし、どんな成分がこうした機能をもたらすかは、わかっていませんでした。

こうじの機能成分等についての研究データは、これまできわめて少なく、ようやく研究が進んだばかりなのです。
そんななか、私たち研究チームは、こうじに含まれる新しい成分と機能を発見しました。

それが、「こうじセラミド(グルコシルセラミド)」です。
セラミドは、肌の保湿作用がある物質として有名ですが、それと同じ成分が、こうじに多量に含まれていると判明したのです。

特に、生甘酒には、高濃度で含まれていることもわかりました。
こうじセラミドは、肌への美容効果だけではなく、健康にもよい効果をもたらします。

食べた物は通常、小腸で分解され、吸収されます。
しかし、こうじセラミドは、小腸ではなく大腸で分解されます。

そこで私たちは、こうじセラミドが腸内細菌になんらかの影響を及ぼしているのではないかと考え、マウスに与えてみました。
すると、こうじセラミドが腸内細菌のエサになり、ある善玉菌を増やすことがわかったのです。

その善玉菌とは、最近注目されている「ブラウティア・コッコイデス」という菌です。
ブラウティア菌は、日本人の腸に多く存在する腸内細菌で、これがいると不安感が少なくなる、という報告もあります。

和食を食べると気持ちが落ち着くのは、この菌の影響があるのかもしれません。
善玉菌といえば、ビフィズス菌や乳酸菌が有名ですが、それだけが腸内に存在すればいいわけではありません。

最近のアメリカの研究によると、善玉菌に多様性があるほうが、健康効果が高いそうです。
ですから、生甘酒をとってブラウティア菌が増えれば、さらなる腸内環境の改善効果が期待できるのです。

肝臓の脂肪代謝を促進!糖尿病の改善にも期待!

こうじセラミドは、メタボリック・シンドロームの改善の可能性もあると、我々の研究結果は示しました。
こうじセラミドの大半は大腸まで届きますが、残りの一部は小腸で分解され、肝臓に運ばれます。

そこで我々は、肝臓の脂肪代謝について研究した結果、こうじセラミドが、肝臓内のPPARという因子に作用し、脂肪代謝を活性化させると、細胞レベルで発見したのです。
実際、マウスを使った実験では、肝臓のコレステロール値が有意に低下しました。

PPARは、糖の代謝の活性を促すため、糖尿病にも効果的に働く可能性があると考えています。
生甘酒の場合、糖質が多いので大量にとってはいけませんが、少量であれば改善の期待が持てます。

また、私たちは最新の研究で、肉との食べ合わせに、こうじセラミドが有効であるという可能性を示唆する結果も得ています。
肉を食べ過ぎると、脂肪を分解する胆汁酸が大量に分泌されます。

胆汁酸が出過ぎると、腸内細菌叢を乱し、腸の粘膜を傷つけてしまいます。
しかし、こうじセラミドには、胆汁酸から腸内細菌叢を保護する作用があるとわかったのです。

これらの実験は、まだヒトでは確認されていません。
動物実験や試験管内の実験段階ですが、ヒトによる健康効果も、十分期待できると考えています。

ですから、毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。
続けることが大切です。

1日コップ1杯分を飲めばいいでしょう。
胃酸で生甘酒の酵素が失われないよう、食後に飲むことをお勧めします。

ちなみに、私も、毎日少量の生甘酒を飲んでいます。
そのおかげで、便通がよくなり、肌がスベスベになりました。

生甘酒などの発酵食品は、遠い祖先から何百年にもわたって受け継がれてきた、貴重な贈り物です。
しかし今、そのこうじ文化が衰退しつつあります。

その伝統を途絶えさせないためにも、さらなるこうじの研究を進めていきたいと思います。

北垣浩志
佐賀大学農学部教授

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング