【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

糀(こうじ)水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。また「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです。【解説】山﨑京子(山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ)


日本の気候風土に合った生きている食材をとろう

私は、新潟県の阿賀町で糀屋を営んでいます。
創業は明治元年で、私は六代目に当たります。

店では、昔ながらの製法を守って糀を作っています。
新潟産米のコシイブキに、特別配合の糀菌で作った「黄糀」と呼ばれる物です。

黄糀は、特に糖度が高く、発酵力が強いことが特長です。
一般的な白糀と違って熱に強いので、加熱しても糀菌が失われることがありません。

そのため、糀が持っている、美容や健康に役立つ力が最大限生かされるんです。
そもそも、日本人は、日本でできた食材を食べるのが、本来あるべき姿だと思います。

私たちの体は、日本の気候風土に合ったようにできているはずだからです。
だからこそ、昔の日本では、花粉症もアトピーもありませんでしたよね。

また、ふだん私たちが口にしているあらゆる食材は、生きている物と死んでいる物とに分けられます。
できるだけ、生きている食材をとるべきです。

私が作った糀は、すべて生きています。
これを体の中に入れれば、ほんとうの意味で生きたまま腸に届き、本来の効果が得られるんです。

強力な抗酸化作用が薬科大学で実証された

最近、甘酒がブームになっていて、うれしい限りです。
うちでは、甘酒を糀と水だけで作ります。

そのほかには、何も加えません。
今回は、この昔ながらの甘酒の簡易版である、「糀水」をご紹介します。

私も毎日愛用しているので、古希を過ぎてもこんなに美肌(笑)。
作り方は甘酒よりも簡単なので、お客様にもお勧めしています。

飲んでも塗っても非常に重宝します。
糀水を作るときに使うのは、糀と水だけ。

もちろん、「生きている」糀を使っていただきたいのですが、目安としては、糀を食べてみておいしい、と感じた物で作っていただければいいと思います。
糀水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。

疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。
7㎏のダイエットに成功したかたもいるんですよ。

糀のすばらしさをご紹介するため、私は、全国各地で講演会を開いています。
そこにお見えになったかたがたも、その効果を実感されています。

例えば、ある70代の男性は、いつも180mmHg以上あった最大血圧が、ほんの3週間ほど糀水を飲んだだけで、130mmHg台に下がったんです(最大血圧の基準値は、140mmHg未満)。
また、43歳の男性は、糀水を2ヵ月ほど飲んだところ、正常値の倍くらいあった中性脂肪値とコレステロール値がたちまち半減して、すっかり正常化したんです。

これには、大学病院の先生が驚いて、「何か怪しい薬を飲んでない?」と疑われるほどだったそうです。
糀水は飲むだけでなく、スプレー容器に入れて化粧水がわりに使うのもお勧めです。

肌にうるおいが出て、とてもしっとりするんです。
さらに、糀水を3回ほど作ったあとは、糀の入った袋をお風呂に入れて使ってください。

入浴剤としてぴったりです。アトピーが解消したかたもいますし、乾燥肌が解消して美肌になる効果もあります。
花粉症の症状が軽くなったというお声もたくさんいただいています。

こんな声も届いています。
「幼いころからのアトピーに加え、春先には花粉症にも苦しめられてきましたが、糀水を飲み始めたら顔の赤みが消えてとてもうれしいです」

こんなふうに、糀水は皆様の健康に役立っています。
でも、どうして糀が血圧を下げたり、皮膚を若返らせたりするのか、私は不思議に思っていました。

そこで、今年、専門の機関で研究していただきました。
すると、「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです(新潟薬科大学『黄糀の抗酸化活性評価と抗酸化物質の解析』)。

実は、私はスキー大回転のマスターズの現役選手。
新潟県では、70歳以上で出場している女性選手は私だけなんです。

これからも、糀水からパワーをもらって、80歳で世界一を獲得するのが目標です(笑)。

山﨑京子
山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ。
毎日の糀作りに加え、全国各地を飛び回り、糀のすばらしさを伝える講演会を開催している。「23歳でここに嫁いで以来、店を切り盛りしてきました。でも、それだけでは飽き足らず、副業でスナックのママもやったし、町会議員も2期務めましたよ(笑)」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜ス―プ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング