やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

やせ型糖尿病の人は鳥類と同じ不老長寿体質!多少、血糖値が高くても問題なし

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


トリは高血糖だが動脈硬化にならない

 地球上で最も進化した生物である「鳥類」は、ヒトから見ると、ものすごい高血糖なのをご存知でしょうか。
 ヒトの血糖値は、空腹時で100mg/dl前後。これにたいしてトリは、約300~800mg/dlもあるのです。
 それでいて、トリは動脈硬化にならず、しかも長生きです。

 実は、トリの体内ではインスリンが分泌されず、外からインスリンを補っても作用しません。
 トリは、長い時間、空を飛び、筋肉を動かし続けます。このとき、筋肉のエネルギー源になるのが血中のブドウ糖です。そのため、常に高血糖である必要があるのです。

 さらにトリは、飛んでエサを見つけることができるので、飢餓のリスクがありません。そのため、エネルギー源(脂肪)を蓄える必要がないのです。
 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンです。その働きの本質は、血糖値を下げることではありません。
 インスリン本来の働きは、血糖値上昇分を中性脂肪に変換して、飢餓に備えるため、脂肪をためこむことにあります。
 脂肪をためこむことで肥満を招くことから、インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。

 前述のとおり、インスリンには、動脈硬化を進める活性酸素を増やしたり、老化や低血糖をもたらしたりするなどマイナス面があります。

 インスリンを持たないトリは、このマイナス面から逃れ、高血糖でも肥満にならず、糖尿病はもちろん、動脈硬化をはじめとする合併症とも無縁なのです。

→合併症の原因についての解説はコチラ

合併症の真犯人はインスリン

 ヒトの場合にも同じことがいえます。
 1型糖尿病の人や、BMI25未満(体格指数のことで、計算式は体重÷身長(m)の2乗)のやせていて高血糖の人は、インスリンの分泌が少なく、トリと同じタイプといえます。

 このタイプは、インスリンの影響が小さいので動脈硬化が進みにくく、合併症も起こりにくい不老長寿体質といえます。
 逆に、BMIが25以上で、太っていて高血糖という人(メタボ型)は、インスリンが過剰に分泌され、脂肪をためこみやすく、動脈硬化を進行させて、合併症を起こしやすいタイプといえます。

 ただし、体形だけで判断してはいけません。
 やせて見えても筋肉量が少なく、体脂肪率が25%以上あれば、やはりインスリンの分泌が過剰な状態です。
 この場合も、肥満タイプと同じく、合併症を起こしやすいといえます。

 多くの患者さんの経過を診ていえることは、高血糖そのものは、たいした問題ではないということです。
 インスリン過多の状態こそが動脈硬化を進め、糖尿病の合併症を引き起こしているのです。悪いのはインスリンなのです!

 そうはいっても、やせ型糖尿病だとしても、高血糖だと健康診断で引っかかります。そうなると気になるかたも多いでしょう。では、どうすればいいのでしょうか。
 やせ型・メタボ型それぞれに最適な低インスリン療法のやり方をご紹介します。

新井圭輔
1981年京都大学医学部卒業。あさひ内科クリニック院長。上中里医院特別顧問。臨床の中で多くの糖尿病患者の治療に携わり、「定説は真実とは限らない」として、定説を覆す「低インスリン療法」を提唱。インスリンを補わない、分泌させない治療で、糖尿病の合併症を防ぐ治療に効果を上げ、多くの医師の賛同を得ている。著書『糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい』(幻冬舎)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【酢キャベツダイエットとは】デブ菌・痩せ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

【酢キャベツダイエットとは】デブ菌・痩せ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【低血糖症】3タイプの症状と原因を医師が解説 ― 隠れ低血糖、血糖値スパイクとは?

【低血糖症】3タイプの症状と原因を医師が解説 ― 隠れ低血糖、血糖値スパイクとは?

低血糖症とは、単に「血糖値が低い状態」を指すわけではありません。血糖値を正しくコントロールできない「血糖調節障害」の一種だと考えたほうがいいでしょう。低血糖の状態から脱却するためには、日々の食事を根本から見直して、血糖値の描くカーブをできるだけ緩やかにする必要があります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

低血糖症の人には、共通点があります。それは、糖質を知らず知らずのうちにたくさんとっており、糖質依存の体質に陥っていることです。低血糖症が招くさまざまな不調を改善するには、この糖質への依存体質から抜け出さなければなりません。そのための重要なポイントが、五つあります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング