【低インスリン療法】インスリンをやめたら血圧の数値が正常に!やせて若返った

【低インスリン療法】インスリンをやめたら血圧の数値が正常に!やせて若返った

糖尿病の予備軍と判明したのは8年前です。健康診断で血糖値は正常値よりやや高く、ヘモグロビンA1cは6・5%でした。「早く治療を始めれば、糖尿病はパッと治りますよ」と当時の医師に勧められ、私は1日3回、食前にインスリン注射を打つ治療を始めました。【体験談】福山剛(仮名・会社社長・67歳)


インスリン注射で血糖値を下げていた

 糖尿病の予備軍と判明したのは8年前です。健康診断で血糖値は正常値よりやや高く、ヘモグロビンA1cは6・5%でした(過去1~2ヵ月の血糖値を反映する数値で、正常値は6・5%未満)。
 仕事の付き合いで会食が多く、アルコールを欠かさない生活が招いた結果だと思います。
「早く治療を始めれば、糖尿病はパッと治りますよ」と当時の医師に勧められ、私は1日3回、食前にインスリン注射を打つ治療を始めました。
 医師の言うとおり、治療で血糖値はすぐに正常になり、ヘモグロビンA1cも5・8%になったのです。

 ただし、「糖尿病がパッと治る」は難しいようでした。インスリンを打たないと、血糖値が上がるのです。医師は、
「きっちりカロリー制限をすれば、インスリンをやめても正常な血糖値を保てます」
 と言います。ですが私にとって、食事の管理は至難でした。

 朝食は家で食べますが、昼は外食、夜はお酒を飲みながら会食するというパターンは変えられません。せめて、揚げ物を控えるだけで精一杯でした。


ゆるゆる糖質制限でも効果が出た!

 そんなある日、ゴルフ場でたまたま新井圭輔先生と出会いました。ふとした流れで、私の治療内容を話すと、「インスリンはだめですよ」と言われたのです。

 しかしそのときは、新井先生の指摘を気にしませんでした。インスリン注射で血糖値は安定していたからです。

 しかし2年前、新井先生の本を読んで、ふと考えました。
 このままインスリンで血糖値を下げ、食生活をまったく変えずにいることが、体にとって本当によいことだろうか、と。

 また、糖質制限に踏み切るのも勇気がいりました。賛否両論ある食事療法ですし、私は外食が多く、糖質をゼロにするのはとうてい無理だからです。

 それでも、「低インスリン療法」に踏み切ったのは、新井先生のクリニックで合併症を発症した患者が出ていないという事実を重視したからです。

 こうして、昨年の8月からインスリン注射を止め、低インスリン療法に切り替えたのです。薬は、尿から糖を出す薬と動脈硬化の薬を新井先生が処方してくれます。

 食事は、朝はごはんを食べずに、野菜と魚、または肉などのおかずのみにしました。
 昼食は、パンやパスタ、めん類など、普通に食べます。
 そして夜は、おかずのみで、アルコール類は、糖質ゼロの焼酎やウイスキーに変えました。
 カロリー制限ではなく、糖質だけを避ければいいので、食事の管理がらくになりました。

血糖値は高めだが若返ったと言われる

 こうして低インスリン療法を開始後、ヘモグロビンA1cは6.8%と高くなりましたが、空腹時の血糖値は110~120mg/dl程度です(正常値は110mg/dl以下)。

 うれしかったのが、以前は最大血圧は150mmHg、最小血圧は90mmHgほどあったのが(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)、現在
は上が120mmHg、下は80mmHgと、正常値で落ち着いています。

 体重は5kg減って68kg(身長170cm)になり、体のキレがよくなりました。

 従来の治療と異なることに、不安がないわけではありません。しかし、私の疑問点に新井先生はすべて答えてくれるので、納得して治療を続けています。インスリンをやめて顔色がよくなり、周囲からは若返ったと言われ、体調も良好です。もう、インスリン注射の生活には戻りたいと思いません。

インスリンをやめればやせて若返る(あさひ内科クリニック院長  新井圭輔)

 初めてお会いしたとき、福山さんはインスリンのせいで肥満体形でした。糖尿病でも、自前のインスリンが出ているなら、外から足す必要はありません。そこで、福山さんの血液検査でインスリンが自前で分泌されていることを確認し、本人も納得のうえで低インスリン療法に切り替えました。現在、血糖値は少し高めですが、血圧も完全に正常となり、腎機能も正常値で、見た目も若返りました。

→低インスリン療法の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る【玉ねぎスープ】 作り方を大公開!(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【酢キャベツダイエットとは】デブ菌・痩せ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

【酢キャベツダイエットとは】デブ菌・痩せ菌で話題の藤田紘一郎医師が15kgやせた体験談

キャベツは、不溶性に加えて、水溶性食物繊維も多く含む食品です。水溶性食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにすることで、食後、血糖値が急上昇するのを防ぎ、糖尿病の予防・改善に役立ちます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【低血糖症】3タイプの症状と原因を医師が解説 ― 隠れ低血糖、血糖値スパイクとは?

【低血糖症】3タイプの症状と原因を医師が解説 ― 隠れ低血糖、血糖値スパイクとは?

低血糖症とは、単に「血糖値が低い状態」を指すわけではありません。血糖値を正しくコントロールできない「血糖調節障害」の一種だと考えたほうがいいでしょう。低血糖の状態から脱却するためには、日々の食事を根本から見直して、血糖値の描くカーブをできるだけ緩やかにする必要があります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

低血糖症の人には、共通点があります。それは、糖質を知らず知らずのうちにたくさんとっており、糖質依存の体質に陥っていることです。低血糖症が招くさまざまな不調を改善するには、この糖質への依存体質から抜け出さなければなりません。そのための重要なポイントが、五つあります。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング