【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


薬と同等以上の作用があると判明した!

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。
それは、納豆です。

なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。
これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。

網膜の中心部分には、動脈と静脈が通っていて、そこからたくさんの毛細血管が枝分かれしています。
中心の動脈が詰まるのが「網膜中心動脈閉塞症」、枝分かれした動脈が詰まるのが「網膜動脈分枝閉塞症」。

同様に、中心の静脈が詰まるのが「網膜中心静脈閉塞症」、枝分かれした静脈が詰まるのが「網膜静脈分枝閉塞症」です。
中心の動脈が詰まると失明の危険性が高まり、中心の静脈が詰まると視野の中心が見えにくくなります。

枝分かれした動脈・静脈が詰まった場合は、視野の一部が欠けて見えにくくなります。
私がこの病気の治療に納豆を活用しようと考えたのは、1990年代に、当時、倉敷芸術科学大学の教授だった須見洋行先生が発表された論文がきっかけでした。

それは、納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素に、血栓を溶かす作用があるという内容です。
通常、血液は固まろうとする働き(凝固系)と、溶かそうとする働き(線溶系)がバランスを取りながら正常に機能しています。

ところが、そのバランスがくずれて凝固系が優位になると、フィブリンという物質が作られ、血栓ができます。
血栓の治療には、通常、ウロキナーゼという薬が使われます。

これは、線溶系の酵素を活性化して、間接的に血栓を溶かす薬です。
納豆に含まれるナットウキナーゼには、この薬とほぼ同様の作用があることがわかったのです。

さらにナットウキナーゼにはウロキナーゼにはない、直接フィブリンを分解する作用があることも明らかになりました。

→網膜血管閉塞症の改善例(カラー画像)はコチラ

1ヵ月で正常な血管に!眼底出血も消えた!

そこで、私は早速、臨床で試してみることにしました。
その結果、納豆を食べて、網膜血管閉塞症が改善した症例が、多数得られたのです。

いくつかご紹介しましょう。
右目がかすむといって来院されたAさん(58歳・男性)は、網膜中心静脈閉塞症でした。
入院時の右目の視力は0・7。
中心静脈の蛇行や腫れ、眼底出血が見られました。

入院中、Aさんには毎日夜食に納豆を2パック(100g)食べてもらいました。
すると1ヵ月後には、ほぼ正常な血管に戻り、出血も消えたのです。

そして2ヵ月後には、視力が1・2に回復し、その後も再発はありません。
突然、右目の一部が見えなくなったと来院されたBさん(21歳・女性)は、網膜動脈分枝閉塞症を患い、血流がとだえていました。

毎日、昼食と夕食に納豆を1パック(50g)ずつ食べてもらったところ、8日目で閉塞していた血管が再び疎通し、視野欠損も回復しました。
右目に網膜静脈分枝閉塞症を発症したCさん(82歳・男性)は、硝子体出血を併発。

眼底写真は血液で濁って、血管が見えない状態でした。
週2回、夕食に1パック(50g)の納豆を食べてもらうと、2ヵ月で濁りがなくなり、0・01だった視力は1・5まで改善しました。

いずれも、納豆を食べる以外に投薬治療は行っていません。
視力が回復するのは、納豆の血栓溶解作用によって血液循環がよくなり、物を見るうえで重要な黄斑部の浮腫も改善するからだと考えられます。

私は疲れ目や老眼を訴える患者さんにも、納豆を勧めています。
そのなかには、「はっきり見えるようになった」という人もいます。

なにより、納豆には副作用がありません。
目の症状以外にも健康効果が多々あるので、ぜひ毎日の食生活に取り入れてはいかがでしょうか。

私も週1〜2回は納豆を食べるようにしています。
おかげで81歳になる今も、健康な目を維持しています。

なお、血栓対策には、納豆は夜食べるのが効果的です。
血栓は朝できることが多く、ナットウキナーゼの血栓溶解能力は約12時間持続するからです。

最後に注意点です。
ワーファリンという抗血液凝固剤を服用中の人は、納豆に含まれるビタミンKが薬の働きを阻害するので納豆の摂取は控えましょう。

玉井嗣彦
昭和37年、鳥取大学医学部卒業。米国チューレン大学客員講師、高知医科大学教授、鳥取大学医学部附属病院長を歴任。平成13年に退官。現在、鳥取大学名誉教授、日野病院名誉病院長。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

目の血流が悪化すると、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然ものが見えなくなるなど、重い症状が生じることもあります。網膜の血管が詰まる病気を、「網膜血管閉塞症」といいます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング