【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


免疫機能を維持する唾液の分泌に役立つ!

私は口腔外科医なので専門は口腔領域ですが、患者さんから、健康にまつわるさまざまな相談を受けます。
健康に不安を持つ皆さんにお勧めして喜ばれているのが、「コンブ水」です(作り方は別記事参照)。

中心となる有効成分は、豊富に含まれる食物繊維です。
食物繊維には水溶性と不溶性があります。

コンブのヌメリやネバネバのもとである、アルギン酸やフコイダンといった成分は、水溶性の食物繊維です。
これらが、腸内環境の改善に大きな力を発揮します。

腸内には無数の細菌が棲んでおり、体にいい影響を与える細菌類を「善玉菌」と呼びます。
水溶性食物繊維は、腸内に届くと善玉菌のエサとなり、増殖に力を貸すので、腸の状態がよくなるのです。

また、水溶性食物繊維は、かたい便をやわらかく、出しやすくします。
さらに、ヌメリ成分の物理的な作用で腸管内の滑りがよくなるので、便の動きがスムーズになります。
便秘で悩んでいる人にはもってこいです。

高血圧や糖尿病といった生活習慣病にも、コンブ水は有効です。
塩分を体外に排出する手助けをして血圧を下げたり、糖の吸収スピードを緩やかにして血糖値の乱高下を防いだり、血中のコレステロールを低下させたりするといいます。
コンブ水は、多方面から健康づくりに寄与してくれるのです。

私の専門である口腔内にも、いい作用をもたらします。
口腔の機能維持に重要な役目を持つのが、唾液です。

高齢になると、「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状に悩む人が増えてきます。
これは、唾液の分泌が低下する、ドライマウスという症状です。

唾液には、抗菌作用や粘膜保護作用、口の中をきれいにする自浄作用など、多くの働きがあります。
分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。

免疫機能の維持にもかかわっているので、口の中が乾くと、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。
ドライマウスはカゼやインフルエンザの発症リスクも高めるのです。
こうしたドライマウスの改善に、コンブ水が有効です。

コンブの主なうまみ成分は、グルタミン酸です。
このグルタミン酸に、唾液分泌の促進作用があることがわかっています。
さらに、コンブ水が唾液の分泌促進に役立つという研究論文もあるので、紹介しましょう。

鈴木その子さんの直伝!20年愛用し健康を維持!

調査の対象となったのは、意識障害がある10名の患者さんです。
口から物が食べられない場合、唾液の分泌量が減少するので口腔内の清潔が保てず、感染症にかかりやすくなります。

看護の一環として、口腔ケアは重要です。
そこで、コンブ水の有効性が検証されたのです。

この研究では、スプレー容器に入れたコンブ水を患者さんの舌の上に噴霧するという方法を採りました。
1週間継続して唾液分泌の推移を観察したところ、10名のうち7名の唾液が増加。

うち3名に、顕著な増加が認められ、コンブ水の有用性が示唆されたという結論でした。
むろん、コンブ水を飲用しても同様に、唾液の分泌が促進されるでしょう。

先に述べたように、ドライマウスは虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因にもなります。
コンブ水を習慣とし、口腔内に潤いが戻れば、これらの症状にもいい効果が現れます。

口の渇きが気になるときに、コンブ水を飲むのもいいかもしれません。
私も、20年ほど前からコンブ水を愛用しています。

美容・食養研究家の、故・鈴木その子さんと仕事でごいっしょした際に教えてもらったのです。
その子さんの美肌にも、コンブ水が一役買っていたのでしょうか。

作り方は、3cmほどの角切りコンブを5枚、コップ半量の水に一晩漬けおくだけ。
翌朝にコンブ水を飲んだら、だしがらは夜の晩酌のお供になります。

私はもともと丈夫な体ではありますが、20年もの間、健康を維持できているのは、コンブ水のおかげもあるでしょう。
皆さんもコンブ水を上手に活用して、気になる症状の予防・改善に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【口臭の原因】口内“悪玉菌”が発する毒ガス 「歯ブラシ2本」で対策を!

【口臭の原因】口内“悪玉菌”が発する毒ガス 「歯ブラシ2本」で対策を!

代表的な悪玉菌は、虫歯菌と歯周病菌です。虫歯菌は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。歯周病菌は、歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因となります。実は、口臭の原因菌の8割以上が、この歯周病菌です。歯周病菌が発する、腐敗臭を伴うガスこそが口臭の正体なのです。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部教授)


【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


【ダイエット】私は「昆布水だし」で血圧が下がって29kgやせた 熱中症予防にも

【ダイエット】私は「昆布水だし」で血圧が下がって29kgやせた 熱中症予防にも

私は、おいしいだしを、もっと手軽に、毎日使ってもらおうと、数年前から「コンブ水」を提案するとともに、コンブやコンブ水を使った料理レシピを紹介し続けています。毎日の食事をより豊かにするため、そして、ご家族みなさんの健康づくりのため、ぜひご活用ください。【解説】喜多條清光(天満大阪昆布主人)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)