【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


石原 新菜
内科医。イシハラクリニック副院長。帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、現職。漢方薬処方を中心とする診療を行う。

体温が1度下がると基礎代謝が12%も低下

高血圧や糖尿病などの生活習慣病、体の痛みやコリ、便秘、頭痛、肥満やむくみ─。
これらの不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。

人間の体は、36.5~37度の体温で最もよく働くようにできています。
しかし、クリニックに来院される患者さんの体温を測ってみると、36.5度以下のかたがほとんど。なかには、34度台のかたもいらっしゃいます。

これでは、病気になったり、体調をくずされたりするのは無理もありません。
人間の体は、体温が1度下がるごとに、基礎代謝が約12%、免疫力が約30%低下するといわれています。

現代の日本で、原因も治療法も不明とされる難病が増加している背景には、このような低体温が関係しているのではないでしょうか。

体が冷えていると、体温を逃さないために全身の血管が縮んで血流が悪化します。
このように血の流れが滞っている状態を、東洋医学では「瘀血」と呼びます。

瘀血になると、糖分や脂肪などのエネルギー源、栄養素、酸素などが、全身の細胞の隅々まで、じゅうぶんに行き渡らなくなります。

そのうえ、老廃物の排出もスムーズに行われなくなるので、毒素が体内に蓄積し、細胞の代謝が低下してしまうのです。
低体温によって流れが滞るのは、血液だけではありません。

人間の体の約60%は水分でできていますが、これらすべての循環が停滞してしまいます。
これを「水毒」といい、体にたまった余計な水分は、「水太り」と呼ばれるような肥満やむくみの原因となります。

下半身太りや下腹がポッコリと出てしまうのは、この水毒の状態が引き起こしているのです。

また、血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。

尿の量がふえる!毒素が排出される!

これらのことから、病気や不調、肥満を撃退するうえで重要なのは、まず体から冷えを追い出し、代謝や免疫力を高めることです。

肌を露出することは控え、肌着をもう1枚多く着たり、厚手の靴下をはいたりするなどして、体を温めるように心がけてください。

また、冷たい飲み物は避けるようにしましょう。私がいつも勧めているのは、ショウガをすりおろして入れた温かい紅茶です。
このショウガ紅茶は、体を温める効果が抜群に高いのが特長です。

さらに、おなかを重点的に温めるため、日ごろから腹巻きを身につけるといいでしょう。

おなかには、体の免疫機能をコントロールしている腸をはじめとして、肝臓や胃腸、腎臓、脾臓、胆嚢、子宮、卵巣、膀胱など、ほぼすべての臓器があります。
腹巻きをしておなかを温めると、これらの働きが活発になり、免疫力や代謝が高まります。

温かい血液が全身に巡って、体の末端までポカポカと温まってくるでしょう。腎臓や膀胱も温まるので、排尿の量が多くなります。

水毒によって生じていた肥満や高血圧、耳鳴りやめまい、緑内障の改善にもつながります。
さらに胃腸が温まるので、消化機能が高まり、排泄も促されます。

便秘が解消し、体から毒素が排出され、健康な状態へと導いてくれるのです。
腹巻きだけでもじゅうぶんに温められますが、それでもおなかが冷たく感じられた場合には、腹巻きの上からさらにカイロを貼るといいでしょう。

腹巻きは1日じゅう、そして季節を問わず1年じゅう身につけてください。
皆さんも今日から腹巻きを身につけて、健康で美しい体を手に入れましょう。

腸を温めて免疫力アップ!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

「あなたは血圧が高いので、塩分の多いみそ汁を控えてください」。そう、医師に注意されたことはありませんか?しかし「みそ汁を飲むと血圧が上がる」という常識は大間違いだったのです。臨床試験の結果から、1日2杯程度のみそ汁を飲んでも、血圧には影響しないと明確に証明されました。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授・医学博士)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


最新の投稿


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)