【血糖値を下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下!

【血糖値を下げたい】9.5%のヘモグロビンA1cが「筋トレ」で6.7%に低下!

2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました。「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです。【体験談】塩田幸雄(無職・83歳)


「入院が必要なほど重い」と言われ大ショック

 2年前の春頃のことです。体重がぐんぐん減り始め、86kgあった体重が、3ヵ月で10kgも落ちてしまいました(身長は160cm)。

「がんではないか」と心配になり、いつもお世話になっている、宇佐見啓治先生に診ていただきました。そのときの血液検査で、ヘモグロビンA1cが9・5%もあることがわかったのです(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、6・5%を超えると、糖尿病の可能性大)。

 当時はのどの渇きもひどく、先生から「これは入院が必要な糖尿病だ」と言われて、大ショックでした。

 それまで、ヘモグロビンA1cが問題になったことはありませんでした。しかし、この受診の少し前に、仲のよい友人を亡くしたばかりでしたから、そのショックで、糖尿病という病が顔を出したのかもしれません。

 宇佐見先生の話では、私のようにヘモグロビンA1cが高くても、筋トレをしっかりやれば、入院しなくても大丈夫とのこと。それを聞いて、「とにかく、がんばってみよう」と心に決めました。

 それからは、毎週月曜日と金曜日に、宇佐見先生のクリニックで開かれている運動教室に通っています。先生から、水曜日も自宅でするように言われていますが、一人でするのはさすがにつらく、やっていません。
 その代わり、運動教室には必ず出席しています。その回数は、もう254回目を迎えました。この2年半、一度も休んだことがありません。それが、私の自慢です。

 運動教室では、スクワットとプッシュアップの筋トレを10回ずつ、交互に3セットずつ行います。しかし、この年齢ですから、最初は「きつい」なんてものではありませんでした。とても全部はできず、最後までできるようになったのは、30回目を過ぎてからです。

 それにしても、これだけ回数をやっていれば、少しはらくになりそうなものですが、今でもやはりきついです。それでもがんばれるのは、この運動が、間違いなく自分のためになっているからです。

体調がよくなり精神面でも強くなった

 筋トレの効果は、思った以上に早く現れました。あんなに高かったヘモグロビンA1cが、翌々月には6・7%に下がり、その後ずっと、6・5%前後で落ち着いています。

 一時、6・0%まで下がったこともありますが、私のような高齢者は、下がりすぎるのもよくないそうです。また、これはいいのか悪いのかわかりませんが、急激に落ちた体重も、元に戻りました。

 さらに、ひざの痛みもなくなりました。私は体重が86kgあるので、何をするにもひざに負担がかかってつらく、特に、階段の上り下りは地獄のようでした。一段上るたびに、ひざ関節にギクッという痛みが走り、這うように上っていました。這うように上るのは今も同じですが、痛みはまったくありません。

 また、以前はギックリ腰をよく起こしていましたが、それも起こらなくなり、腰痛とも縁が切れました。肩こりもないし、カゼをひいたりしても、治りが早くなったような気がします。ですから、83歳という自分の歳を忘れそうです。

 さらに、精神面でも強くなったと思います。筋トレを続けてきたこのがんばりが、あらゆる面で生きていて、困難なことに直面しても「できないわけがない」という自信につながっています。

 ただ、残念なのは、体重が少しも減らないことです。先生から、甘い物や果物はあまり食べないようにと注意されていますが、もともと甘い物が好きなうえに、福島は果物がおいしいので、つい食べてしまいます。これを改めていたら、もっとやせて、カッコいい体形になっていたかもしれません。

 このように、これだけ体によい運動ですから、休んだら損します。体が動く限り、続けるつもりです。 

→「筋トレ」の解説とやり方はコチラ

年齢に関係なく効果が得られる(うさみ内科理事長 宇佐見啓治)

 70代、80代という高齢の患者さんでも、筋トレをすることで、ヘモグロビンA1cや血糖値は改善します。塩田さんはその好例で、まじめに筋トレに取り組むことで、薬を使わなくても、糖尿病のコントロールができています。

「筋トレはきつい」と思うかたもいるかもしれませんが、初めはきつくても、続けていれば必ずできるようになりますし、それとともに、効果も確実に上がってきます。まずはできる範囲でいいので、ぜひトライしてみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

血糖値とコレステロール値が下がって無理なく痩せた!「かかと落とし」で健康意識も高まった!

年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


血糖値、血圧がたちまち降下!動脈硬化を退ける旨ヘルシー「オクラ」レシピ(2)

血糖値、血圧がたちまち降下!動脈硬化を退ける旨ヘルシー「オクラ」レシピ(2)

オクラを一晩漬けた水を飲む「オクラ水」が話題です。オクラから抽出されたネバネバ成分は、血中の糖分や脂肪分を包み込み、サラサラ血液の維持に役立ちます。オクラ水で漬けたオクラは、料理に活用しましょう。今回は、オクラを使った多彩なレシピをご紹介します。オクラ水とセットで、ぜひお試しください!【料理】ほりえさわこ(料理研究家)


【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

低インスリン療法に切り換えると、動脈硬化も改善していきます。血管の状態がよくなると、全身の細胞に酸素と栄養が十分に届くようになります。すると、もともとそなわっている修復能力が発揮されやすくなり、さまざまな合併症が改善に向かいます。3つの症例をご紹介しましょう。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


最新の投稿


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

【考案医師が回答】小指シップQ&A ― どんなシップを使えばいい?どのくらい貼ったらいい?

これまで健康雑誌『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。【解説】安田譲(安田医院院長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング