【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

加齢黄斑変性は日本人の失明原因の4位です。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に有効です。ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


緑黄色野菜は青魚と 一緒に食べるとよい

 加齢黄斑変性は現在、日本人の失明原因の4位です。しかし現在の状況を考えると、今後、さらに増えると予測されます。
 そこで、予防のために、食事と光への対策、睡眠の観点から、注意点を挙げておきます。

 まず、網膜の黄斑色素を増やすために、普段の食事でルテインやゼアキサンチンを含むものを取ってください。前述のように、ルテインやゼアキサンチンのような黄斑色素には、青い光を吸収したり、活性酸素を消去する抗酸化力があります。
 黄斑色素が増えると、青い光を防御する以外に、見え方にもよい働きをします。
 黄斑色素が多い人は、物を見たときの明暗がはっきりするため、クッキリ見えます。同時に、光がまぶしく感じられるわずらわしさが少ないとされます。これは、黄斑色素が、網膜の中で、散乱する青色の光を吸収するため、まぶしさの軽減につながるのです。
 表にあるように、ルテインは緑の葉もの野菜、ゼアキサンチンは黄色の野菜や果物に含まれています。

 アメリカの調査では、ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンC、E、亜鉛、銅を含むサプリメントを取ったところ、加齢黄斑変性の発症が、普段、緑黄色野菜を取らない人で26%も抑えられていました。
 また、私の研究でも、ルテインのサプリメントを治療に併用すると、抗VEGF注射の回数を減らすことができました。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に大変有効だと考えられます。

 ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4㎎を目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。カロテノイドは油に溶けやすい物質なので、油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。
 加えて、私がお勧めしたいのは、魚と一緒に取ることです。魚(特に青魚)には、オメガ3系のドコサヘキサ塩酸(DHA)やエイコサペンタ塩酸(EPA)が多く含まれています。

 これらの魚油と一緒にルテインを取ると、黄斑色素が増えやすいことが私たちの研究でわかっています。
 DHAやEPAの推奨摂取量は1日1gですから、イワシやアジなら1匹程度です。
 それ以外に、ビタミンCやEといった抗酸化ビタミンの多い食品も取るとよいでしょう。
 外に出るときは、日光を目に直接浴びないように、帽子をかぶり、サングラス、または青い光を遮断する遮光メガネをかけるとよいでしょう。

青い光は睡眠のリズムも妨げるので要注意

 日光に当たるのは、午前中がお勧めです。朝、光を浴びると、十数時間後にメラトニンという睡眠を促す物質が分泌され、睡眠のリズムを作るからです。
 テレビ、パソコン、携帯電話は、就寝する3時間前からは見ないようにします。寝る前に青い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制されるからです。どうしてもパソコン作業が必要なときは、パソコン用メガネ(遮光メガネ)を着用します。
 照明は、白色LEDではなく、自然色LEDにすると、青色光を減らすことができます。 また、喫煙者は、ぜひ禁煙してください。喫煙者は、非喫煙者の2・97倍も、加齢黄斑変性の発症率が高いことが疫学調査でわかっています。

尾花明
聖隷浜松病院眼科部長。1983年大阪市立大学医学部卒業。加齢黄斑変性の診断と治療や抗酸化サプリメント研究に力を注ぐ。著書に『加齢黄斑変性といわれたら』(眼鏡光学出版株式会社)がある。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋 登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング