【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

加齢黄斑変性は日本人の失明原因の4位です。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に有効です。ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


緑黄色野菜は青魚と一緒に食べるとよい

 加齢黄斑変性は現在、日本人の失明原因の4位です。しかし現在の状況を考えると、今後、さらに増えると予測されます。
 そこで、予防のために、食事と光への対策、睡眠の観点から、注意点を挙げておきます。

 まず、網膜の黄斑色素を増やすために、普段の食事でルテインやゼアキサンチンを含むものを取ってください。前述のように、ルテインやゼアキサンチンのような黄斑色素には、青い光を吸収したり、活性酸素を消去する抗酸化力があります。
 黄斑色素が増えると、青い光を防御する以外に、見え方にもよい働きをします。
 黄斑色素が多い人は、物を見たときの明暗がはっきりするため、クッキリ見えます。同時に、光がまぶしく感じられるわずらわしさが少ないとされます。これは、黄斑色素が、網膜の中で、散乱する青色の光を吸収するため、まぶしさの軽減につながるのです。
 表にあるように、ルテインは緑の葉もの野菜、ゼアキサンチンは黄色の野菜や果物に含まれています。

 アメリカの調査では、ルテイン、ゼアキサンチン、ビタミンC、E、亜鉛、銅を含むサプリメントを取ったところ、加齢黄斑変性の発症が、普段、緑黄色野菜を取らない人で26%も抑えられていました。
 また、私の研究でも、ルテインのサプリメントを治療に併用すると、抗VEGF注射の回数を減らすことができました。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に大変有効だと考えられます。

 ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。カロテノイドは油に溶けやすい物質なので、油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。
 加えて、私がお勧めしたいのは、魚と一緒に取ることです。魚(特に青魚)には、オメガ3系のドコサヘキサ塩酸(DHA)やエイコサペンタ塩酸(EPA)が多く含まれています。

 これらの魚油と一緒にルテインを取ると、黄斑色素が増えやすいことが私たちの研究でわかっています。
 DHAやEPAの推奨摂取量は1日1gですから、イワシやアジなら1匹程度です。
 それ以外に、ビタミンCやEといった抗酸化ビタミンの多い食品も取るとよいでしょう。
 外に出るときは、日光を目に直接浴びないように、帽子をかぶり、サングラス、または青い光を遮断する遮光メガネをかけるとよいでしょう。

青い光は睡眠のリズムも妨げるので要注意

 日光に当たるのは、午前中がお勧めです。朝、光を浴びると、十数時間後にメラトニンという睡眠を促す物質が分泌され、睡眠のリズムを作るからです。
 テレビ、パソコン、携帯電話は、就寝する3時間前からは見ないようにします。寝る前に青い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制されるからです。どうしてもパソコン作業が必要なときは、パソコン用メガネ(遮光メガネ)を着用します。
 照明は、白色LEDではなく、自然色LEDにすると、青色光を減らすことができます。 また、喫煙者は、ぜひ禁煙してください。喫煙者は、非喫煙者の2.97倍も、加齢黄斑変性の発症率が高いことが疫学調査でわかっています。

尾花明
聖隷浜松病院眼科部長。1983年大阪市立大学医学部卒業。加齢黄斑変性の診断と治療や抗酸化サプリメント研究に力を注ぐ。著書に『加齢黄斑変性といわれたら』(眼鏡光学出版株式会社)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

首ネコ背は、1日3分ほど体操するだけで改善でき、視力の向上を期待できます。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな目の症状に効果のある首ネコ背を改善する体操を紹介します。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング