【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

認知症になると、妄想が増えて介護する家族の大きな負担となることも。特によく起こるのが「物盗られ妄想」です。認知症が進行すると記憶力と判断力が低下します。「ここに物があったはず」という過去の記憶と「実際にここにはない」という今の状況とを、記憶によってつなぐことができないのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


否定したりいい返したりするのは逆効果!

認知症になると、妄想にとらわれることが増えて、それが、介護する家族にとって大きな負担となることがあります。
なかでも、特によく起こるのが、「物盗られ妄想」です。

認知症が進行すると、記憶力と判断力が低下します。
「ここに物があったはず」という過去の記憶と、「実際にここにはない」という今の状況とを、記憶によってつなぐことができないのです。

それを埋め合わせるために、認知症の患者さんは、直ちに「盗られた」という被害妄想に飛びついてしまうのです。
そこには、毎日の暮らしへの不安や孤独などの心理も影響しているでしょう。

さらに問題なのは、「盗んだ容疑」が、たいてい家族やヘルパーさんなど、介護している当事者に向けられることです。
懸命に介護している家族にとっては、全く覚えのない疑いをかけられるため、暴言や暴力と同じくらいのショックを受けてしまうのです。

しかも、この物盗られ妄想は、認知症のごく初期の段階から生じます。
家族は、認知症の妄想についての予備知識が少ない段階なので、よけいに動揺します。

そして、混乱してパニックになったり、必死で疑いを晴らそうと妄想を否定したり、強くいい返したりします。
しかし、このように妄想を強く否定すればするほど、患者さんの興奮をあおることになります。

そもそも、患者さんに妄想なのだと納得させること自体、極めて難しいのです。
認知症では、脳の海馬という部分が萎縮するため、記憶が保持できなくなります(下の図を参照)。

一方、感情は、海馬のそばにある扁桃体という部分がかかわっていますが、認知症になっても、この扁桃体の働きは阻害されません。
妄想のことで口論になり、家族からきつくなじられたとしましょう。

そのとき感じた嫌な感情は消えることなく、患者さんに残るのです。
つまり、こうした軋轢から生じた、嫌な感情ばかり残って患者さんのプライドはいよいよ傷つき、孤立感を深めることになります。

患者さんが孤立感を深める状態は、認知症を改善するうえでは好ましくありません。

患者さんのプライドを傷つけないことが最重要

では、患者さんの妄想をどう扱えばいいのでしょうか。
「物を盗られた」という発言は、「物がなくて困っている」ということを表しているに過ぎません。

ですから、「信頼している人に助けてほしい」と訴えていると考えればいいのです。
物を盗った盗らないには、こだわらず、訴えに対する同情の気持ちを示して、「ないのは困るね。じゃあ、いっしょに探しましょう」と、話を持っていくといいでしょう。

こうすれば、患者さんが気分を害することはありません。
とにかく、「物がなくなって困っていると理解してくれた」のなら、それでいいのです。

例えば、患者さんが、すでにご主人は亡くなっているのに「お父さん、今日は帰りが遅いわねえ」といい出したとします。
もし、ご家族が丁寧に説明して納得させても、記憶が保持できない場合、30分もすると「お父さん、今日は帰りが遅いわね」といい出すものです。

その場合、もう一度丁寧に説明できればいいのですが、「さっき説明したばかりでしょ!」などといってしまいがちです。
すると、患者さんは「怒られた」と感じて、プライドが傷つけられます。

そこで、「お父さん、遅くまで仕事をがんばってるんだろうね。早く帰ってくるといいね」というように返事をして、安心してもらうのは、悪い対応ではありません。
患者さんが妄想めいたことをいったら、真っ向から否定するかわりに、優しく肩をもみながら話を聞いてあげてください。

面と向かって話をすると、つい詰問口調になりがちですが、肩をもみながらだと顔を合わせないので、そのようになりにくいものです。
また、妄想も聞き流しやすくなります。

同時に、肩をもむことでスキンシップも図れるので、患者さんの孤立感、孤独感の解消にも役立つでしょう。
「妄想に話を合わせよ」とか、「妄想を聞き流せ」というと、嫌がるご家族もいるのですが、介護の場合、あまり「がんばり過ぎないこと」が大事なポイントです。

認知症は、終わりが見えない病気です。
だからこそ、介護する側のご家族も、がんばり過ぎてはいけません。

例えば、たまにはデイサービスに患者さんを預けてみてはいかがでしょうか。
その間、ゆっくりと昼寝をする、映画を見に行く、おいしいランチを食べるなど、息抜きの時間を持つといいでしょう。

もしも、盗られたと主張していた物が見つかったら、「見つかってよかったね」といっしょに喜んであげてください。
認知症の患者さんを介護するには、そのくらい気持ちにゆとりを持って対応することが、非常に大切なのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


認知症 物盗られ妄想 介護

関連する投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

日本では、認知症に対する医療や社会の理解が非常に遅れています。結果、誤った対応によって症状がより深刻化し、ご本人や周りの人たちがつらい思いをしてしまうケースが後を絶ちません。医師や介護職の人はもちろん、家族も病気に対する正しい知識を持つ必要があります。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

「かかとの上げ下げ」という運動は、私たちの老化や病気を防ぐ、優れた運動といえるでしょう。その理由は、毛細血管の修復・再生が期待できるからです。毎日の少しの努力で、毛細血管の減少は食い止められます。若さと健康は、維持することができるのです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング