【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

妊娠中に足腰の症状に悩み、産後2ヵ月で整形外科に行くと、椎間板ヘルニアと診断されました。症状を根本から改善したいと思い、田中宏先生の整骨院に行きました。そこでストレートネックになっていると言われたのです。【体験談】島田紗江(仮名・会社員・46歳)


頭の中がスッキリして起きられた

「腰が絶えず痛む」
「足がつる。しびれる」

 2人目の子どもを妊娠中だった21歳のとき、私はこうした足腰の症状に悩まされていました。その前年に生まれた上の子を抱っこしながらの生活だったこともあり、足腰に負担がかかっていたようです。
 産後2ヵ月して、ようやく環境も落ち着いたので整形外科に行くと、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)と診断されました。

 授乳中だったため、鎮痛薬は飲まず、腰を牽引(引っ張ること)したり、温めたりという治療を受けましたが、効果は感じられませんでした。近所の整骨院に行っても、施術を受けた直後はいいのですが、すぐ痛みがぶり返すというくり返しです。
 さらに3人目の子どもを出産した26歳の頃には、腰痛に加え、首の痛みと重い肩こり、片頭痛まで起こるようになりました。以降、十数年は日常生活に困らない程度のケアをしながら、だましだまし生活をしていました。

 5年ほど前、これらの症状を根本から改善したいと思い、インターネットで整骨院を探していたところ、田中宏先生の整骨院を発見。患者さんの体験談が詳しく紹介されていたので、治療を受けてみることにしました。

 田中先生には、首の曲線が失われている、ストレートネックになっていると言われました。施術を受けると、これまで受けたどの治療よりも首、肩のこり、腰痛がらくになりました。

 とはいえ、整骨院に行けるのは月2回くらいです。疲れると、どうしても腰痛が再発してしまいます。
 そんなとき、先生が、腰痛の再発を防ぐ方法として、バスタオルで作る「首置き枕」を教えてくれたのです。首置き枕は、首の下に置いてあおむけの状態で寝ます。
 それまで、腰痛を和らげるために、横向きで寝ていましたが、まずは一回、首置き枕を首の下に置いて、あおむけで寝てみました。

 すると、一晩で、全身が筋肉痛になってしまったのです。おそらく、正しい姿勢で寝るのに慣れていなかったのでしょう。

 一方で、これまでと違う反応がありました。今までは、朝起きたときいつも頭がボーっとしていました。それが、霧が晴れたように、頭の中がスッキリして起きられたのです。
「先生の言うとおり、この寝方が体にいいのだ」と実感でき、続けてみることにしました。

 筋肉痛は3日間続いた後、徐々になくなりました。それとともに、長年悩まされた椎間板ヘルニアによる腰痛が、ほとんどなくなってきたのです。さらに、首の痛みや肩こり、片頭痛も出なくなりました。

→「首置き枕」の作り方はコチラ

バスタオルは毎晩巻き直す

 体が快調になってきたので、4年ほど前からウオーキングを始めました。だんだん物足りなくなってジョギングを開始。

 さらに、目標がほしくなって、3年前から5kmのロードレースに出たのを皮切りに、しだいに距離を伸ばして、フルマラソンを走るようになりました。ここ2年、出場した大会はすべて完走しています。

 椎間板ヘルニアによる腰痛で悩んできた私が、まさかフルマラソンを走れるようになるとは夢にも思っていませんでした。

 首置き枕を使ってわかったコツは、バスタオルを「毎晩巻き直す」ことです。前日のままで使うと、どうしてもゆるんでしまいます。毎晩キュッと巻き直して、一定の高さで首に当てたほうが効果的だと感じます。

 腰痛に悩んでいる人には、簡単で効果的な首置き枕をぜひお勧めします。

筋肉痛になるのは悪いことではない(天竺整骨院院長 田中宏)

 島田さんは当初、ストレートネックのため骨格にゆがみがありました。しかし、首置き枕の使用で骨格が整い、ヘルニアによる腰痛を克服しました。枕を巻き直すのは、寝るとき、常に同じ硬さと高さをキープできるのでお勧めです。

 筋肉痛は、これまでと違う姿勢をとったことによる体の反応なので、悪いものではありません。質のいい睡眠がとれたからスッキリ目覚められたのです。

→「首置き枕」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


最新の投稿


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)