【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


→【関連記事】「チーズウォーク」の解説はコチラ

チーズをとった肥満者は体重減少が顕著だった

チーズとヨーグルトは、乳(主に牛乳)を材料にした発酵食品です。
それぞれに特徴があり、求められる機能性も違います。

ヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌をとって腸の環境を整えるための食品、チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。
私は、そのようにとらえています。

ここでは、チーズの主な健康効果についてお話ししますが、その前に、基本的なチーズの作り方を説明しておきましょう。

まず、牛乳を加熱・殺菌し乳酸菌で発酵させたあと、酵素(凝乳酵素)で固めます。
次に、固まった物に細かい切れ目を入れて、加温しながらホエイ(乳清たんぱく質やミネラルを含む水溶液)を抜きます。
最後に、塩を加えて熟成させると出来上がりです。
 
これは、海外でよく食べられている「ナチュラルチーズ」。
乳酸菌が生きているチーズで、時間の経過とともに、味や香りが変化します。

世界には、1000種類以上のナチュラルチーズがあり、すぐに食べられる「フレッシュタイプ」と、時間をかけて保蔵させてから食べる「熟成タイプ」があります。
 
日本でよく口にする「プロセスチーズ」は、ナチュラルチーズのゴーダチーズやチェダーチーズを原料に、乳化剤を加えて混ぜ合わせ、加熱・溶解したあとに固めた物です。
乳酸菌や酵素の活性は失われますが、チーズの味や香りは固定され、長期の保存が可能です。

では、代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。

ダイエット効果

チーズの成分は、水分を除くと約半分がたんぱく質、残りの半分が脂肪。
そう聞くと、「やはりチーズは太りやすい」と思う人がいるかもしれません。
しかし、それは誤りです。

アメリカ・テネシー大学のゼメル教授の研究で、乳カルシウムにダイエット効果があることがかわかっています。

そのなかで、カルシウムをサプリメントと、チーズなどの乳製品でとった場合、後者のほうが肥満者の体重減少が顕著という結果が出ています。 
また、チーズの脂肪は体内でエネルギーになりやすく、蓄積されにくいので、肥満の原因にはならないのです。

さらに、チーズは腹持ちがいいので、ほかの食事の量を無理なく減らすことも可能で、ダイエットに活用するのは最適です。
ただし、チーズには食物繊維やビタミンCが含まれていないので、野菜や果物をいっしょにとるとよいでしょう。

虫歯の穴をふさぎ歯垢の生成を抑える

筋力をつける効果

今、注目されているのは、運動後にチーズを食べて、筋力をつけ、サルコペニア(筋肉減少症)を防ぐ効果です。
サルコペニアは、加齢などによって筋肉量が減少し、身体機能が衰えた状態をいいます。

75歳を過ぎるころから急増。
進行すれば、寝たきりや認知症を招くこともあります。

チーズをとることで筋力がつく理由は、主要なたんぱく質の「カゼイン」にあります。
カゼインは熟成によって、アミノ酸やペプチド(アミノ酸が2個以上つながったもの)に分解されます。

そのなかに、たくさん含まれているのが、ロイシンやバリン、イソロイシンなどの分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。
分岐鎖アミノ酸には、たんぱく質の合成を促す働きがあります。

最近の研究では、特にロイシンが筋肉細胞に取り込まれると、筋肉をつくる遺伝子にスイッチが入ることがわかっています。

骨粗鬆症を防ぐ効果

カゼインは小さな粒状のたんぱく質の集合体で、その粒子をリン酸カルシウムがつないでいます。
チーズにはリン酸カルシウムの架橋(結合)が壊れずに残っており、しかも10倍に濃縮されています。

ですから、チーズは少量で効率よくカルシウムを摂取できるのです。
ちなみに、牛乳のカルシウム吸収率は40%と高く、チーズもほぼ同等です。

カルシウムは、骨や歯の構成要素。
チーズでカルシウムをたくさんとれば、骨が丈夫になり、骨粗鬆症も予防できます。

血圧を下げる効果

チーズに豊富なペプチドには、血圧を下げる働きを持つ「降圧ペプチド」が多数含まれています。

これらの降圧ペプチドをとると、ACE(アンジオテンシン変換酵素)という酵素と結合し、血圧を上げるアンジオテンシンⅡというホルモンの生成を抑制し、血圧を下げると考えられます。
これは、降圧剤のACE阻害薬と同じような働きといえるでしょう。

虫歯を防ぐ効果

欧米の研究では、10 %の砂糖水で口をすすいだあとに、5gのチーズを噛むと、歯のエナメル質(表層)の脱灰(歯に穴が開くこと)が抑えられたという報告があります。
また、その際に71%の被験者で、プラーク(歯垢)のpH(水素イオン指数・酸性<7<アルカリ性)が上がったそうです。

つまり、チーズに含まれるリン酸カルシウムが、虫歯で開いた穴をふさぎ(再石灰化)、チーズを噛み唾液の分泌が促進されたことで、歯垢の生成が抑えられたと推測できます。
WHO(世界保健機関)も、かためのチーズが虫歯を予防する効果について、「高い可能性あり」と、食品のなかでは最も高い評価をしています。

認知症を防ぐ効果

加齢に伴って脳内では、アミロイドβという老廃物がたまっていきます。
通常は、免疫細胞(ミクログリア)が除去してくれますが、除去できないほど沈着することで、認知機能などが低下。
これがアルツハイマー病です。

キリンビールの研究グループが行ったマウスの実験では、白カビで発酵させたカマンべールチーズや、青カビで発酵させたブルーチーズなどが、ミクログリアを活性化させ、アミロイドβを有意に減少させることがわかりました。
チーズで、認知症を予防する効果も期待できるわけです。


さて、このように優れた効能を持つチーズですが、どのくらいの量をいつ食べるとよいでしょう。
サルコペニアの予防やダイエットが目的なら、1日50~60g(6p のプロセスチーズなら約3個)は食べてください。
 
食べる時間は、運動後の60分以内がゴールデンタイムです。
少し負荷のかかる運動をすると、筋組織が疲労して傷つきます。
それをなるべく早く修復するのが、筋肉を強くする王道です。

そこで、運動後60分以内にチーズを食べてロイシンなどの分岐鎖アミノ酸を補給します。
すると、素早くそれらが吸収され、壊れた筋肉を修復します。
 
こうして筋肉が増えれば、基礎代謝(安静時でも使われるエネルギー量)が上がって、ダイエットにも役立ちます。
 
最近は、日本でも購入できるチーズの種類が増えています。
チーズは種類によって、味や香りも異なります。
いろいろなチーズを楽しみながら、健康を維持できることはすばらしいことです。

ただし、チーズの健康効果に、種類による大きな差はありません。
手軽に購入できるプロセスチーズを利用しても、十分な効果が期待できます。

齋藤 忠夫
1952年東京生まれ。1982年、東北大学大学院農学研究科修了。農学博士。1989年に東北大学大学院農学研究科助教授、2001年より教授。専門は畜産物利用学・応用微生物学。特に、機能性乳酸菌とチーズやヨーグルトに造詣が深い。日本酪農科学会賞、日本畜産学会賞ほか、数々の賞を受賞。著書に『チーズの科学』(講談社ブルーバックス)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)