【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

琉球大学医学部附属病院では、病棟や外来の糖尿病・肥満症診療で玄米食を勧め、優れた成績を上げています。玄米を食べることで、脂っこい肉料理よりも、野菜や豆、海藻などを好むようになり、摂取エネルギーが自然に減ったことが挙げられます。血糖値が高い人は、玄米を食べてください。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


食事制限やメニュー指定をせずに血糖値が下げる

琉球大学医学部附属病院では、病棟や外来の糖尿病・肥満症診療で玄米食を勧め、優れた成績を上げています。
玄米食で糖尿病が改善した一例を、紹介しましょう。

下のグラフをご覧ください。
40歳の男性Aさんは、食後血糖値がときどき140mg/dLを超えることがあり、糖尿病の薬を服用していました。
食後の短時間に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」は、血管を傷つけて動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなるといわれます。

そこで私は、「3食のうち朝食だけ、主食を白米から玄米にしてください」と指導しました。
すると、食後血糖値はみるみる降下し、すっかり基準値内で収まるようになったのです。

その後も数値の安定が続いたため、糖尿病の薬を中止しました。
今は、食事だけで血糖値をコントロールしています。

皆さんのなかにも、健康診断で高血糖を指摘され、栄養指導を受けたかたは多いでしょう。
おそらく、摂取エネルギーを抑えて、栄養のバランスを考えるように、といわれたのではないでしょうか。
しかし、先ほどのAさんは、「朝食の白米を玄米に替える」だけで、血糖値が改善し、薬をやめることができました。
私は、食事制限やメニュー指定などはしていません。

なぜAさんは、白米を玄米に替えただけで、糖尿病が改善したのでしょうか。

依存性が高い脂っこい物を好まなくなる

まず、玄米を食べることで、脂っこい肉料理よりも、野菜や豆、海藻などを好むようになり、摂取エネルギーが自然に減ったことが挙げられます。

人類は、飢餓と闘ってきた歴史が長いため、本能的に高エネルギーの動物性脂肪を好む傾向にあります。
そして、高脂肪食を食べ続けることで、「食べずにはいられない」という状態に陥る人が増えています。

高脂肪食への欲求は、タバコや酒、麻薬などに対する依存性を上回ることがわかっています。
「ダメだと思っても、脂っこい物を食べてしまう」のは中毒(依存症)なので、意志の力で阻止するのは困難です。

私たちの研究室は、玄米のぬか部分に含まれるγ‐オリザノールという成分が、脳の視床下部に働きかけ、動物性脂肪に対する嗜好性と依存性を緩和することを突き止めました。
視床下部は、意志とは無関係に内臓や血管、ホルモン分泌などを調整する自律神経の中枢で、「本能をつかさどる部位」とされます。

つまり玄米を食べると、本能的に脂っこい物を好まなくなるのです。

この研究は、世界的権威のあるヨーロッパの糖尿病学会誌『Diabetologia』2017年8月号に掲載されました。

また、玄米に含まれるγ‐オリザノールは、膵臓のβ細胞を保護する作用によっても、高血糖を改善します。
膵臓のβ細胞は、血糖値を下げるインスリンを分泌していて、この細胞が減ると、糖尿病になります。

私たちの研究グループは、二つの実験を行いました。

一つめの実験では、マウスに「高脂肪食のみ」を与えた場合と、「高脂肪食+γ‐オリザノール」を与えた場合を比較しました。
その結果、前者では膵臓のβ細胞が破壊されましたが、後者ではβ細胞の減少を食い止めることができました。

二つめの実験では、β細胞を破壊したマウスにγ‐オリザノールを投与し、経過を観察しました。
すると、β細胞の回復が見られたのです。

糖尿病は、一度発症すると治りにくいといわれますが、玄米が膵臓の機能回復の一助になるとわかりました。
さらに、腸内環境の改善という点からも、玄米が糖尿病に与える影響は少なくありません。

玄米には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内の善玉菌のえさとなるので、善玉菌が増えて悪玉菌が減ります。

善玉菌が増えると、腸内では発酵現象が起こり、体にいい物質がたくさん作られます。
その代表が短鎖脂肪酸です。

短鎖脂肪酸は、大腸細胞のエネルギーになるほか、一部が血流に乗って全身を巡り、さまざまな効果を発揮します。
その作用は、血糖値の改善をはじめ、食欲抑制、抗炎症、抗アレルギー、発ガン防止など、多岐にわたります。
玄米をとると、短鎖脂肪酸の血中濃度が格段に上がることがわかっています。

主食が白米やパンで、脂身の多い肉や揚げ物を好み、体重が多めで、血糖値が高い人は、玄米を食べてください。
3食のうち1食でけっこうです。この方法でストレスなく食生活を改善して減量し、糖尿病が改善した人はたくさんいます。

ぜひお試しください。

益崎裕章
1989年、京都大学医学部卒業。96年、同大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。2000年から3年間、ハーバード大学医学部に留学。09年より現職。日本糖尿病学会研修指導医・専門医。日本肥満学会理事。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖尿病 血糖値 玄米

関連する投稿


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)