【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


認知症の核心は記憶障害ではない!

私は医師として40年以上、認知症の治療に取り組んできました。
そのなかで、さまざまな試みをした結果、行き着いたのが、水の問題でした。

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。
そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。

なぜ、そうなるのかについて考えてみましょう。
おそらく、認知症の核心となる症状は「記憶障害」だと受け止めている人が大半ではないでしょうか。

記憶障害が進行して正しく覚えられなくなるため、さまざまな異常行動も生まれてくるのだと思われるかもしれません。
現に、「物忘れ外来」といった看板を掲げている診療科もあるくらいですから、「認知症=記憶障害」と思う人が多くても、無理もないでしょう。

しかし、認知症の核心となる症状は、実は、記憶障害ではないのです。
核心となる症状を記憶障害と考えてしまうと、認知症を正しく理解することはできません。

そもそも認知症の「認知」とは、自分が置かれている状況を、「認識」「理解」「判断」するその精神の働きです。

●認識=その場がどういう場であるのかわかること。
●理解=その場と自分との関係がわかること。
●判断=これらの認識と理解を踏まえて、それなら自分はどうすればいいかがわかること。

これら一連の精神の働きが阻害されるのが、認知障害です。
認知症の核心となる症状は、記憶障害ではなく、この認知障害なのです。

認知というのは、世界と自分をつなぐ手段です。
認知障害が起こると、世界と自分とのつながりを失ってしまいます。

自分を取り巻く世界との関係づけができないので、どのようにふるまうのが正しいのかわからなくなるのです。
例えば、部屋に財布を取りに戻ったものの、部屋に入ったとたん、何をしに来たか忘れたとしましょう。

単なる物忘れであれば、そのとき思い出すことができなくても、どこかで「そうだ、財布だ!」と思い出し、取りに戻ることができます。
ところが、認知症の人は、自分の部屋に戻っても、「この部屋はなんだ?」と考えるばかり。

ほかの部屋を渡り歩いたり、脈絡のない行動を取ったりするのです。
物忘れであれば、そこが自分の部屋だと理解できますが、認知症になると、自分とその場の関係が理解できないので、どう行動したらいいかわからないのです。

そのため、行動がどんどん脈絡のないものになってしまいます。
認知症の人は、このような、状況を理解できない不安や心配のなかで生きています。

問題行動もそこから起こるのです。

1日に1500mL飲めば数日で効果が現れる

この認知障害を引き起こす、最大の要因が「脱水」です。
私たちの体に含まれている水分量は、成人で体重の60%。体重が50kgなら、30kgが水です。

これほど大量の水がないと、体は正常に機能しません。
体重50kgで65歳以上の高齢者なら、総水分量の1~2%、すなわち300~600mlの水が欠乏すると、意識の覚醒水準が低下して頭がボンヤリしてきます。

さらに総水分量の3%、900mlの水分が欠乏すると、血液がドロドロになって発熱が起こります。
認知症になった高齢者は、飲んでいる水の量が、たいてい不足しています。

トイレが近くなるのを嫌って摂取量が少ないので、体内の水分量はどんどん減っていきます。
前述のように、脱水によって総水分量の1~2%の水が容易に失われると、意識水準の低下が起こります。

すると、認知力が低下して、認知症の核となる認知障害が起こります。
この結果、自分が置かれている場がどういう場であるのか、理解・判断できなくなり、認知症に特有の異常な行動を取るようになってしまうのです。

夜になると興奮して歩き回る人に、日中、十分な量の水を飲ませると、1~2日で治まります。水はそれほど効果的で大事な物です。
認知症を治す際には、水を十分にとってもらうことが極めて重要なのです。

現在では、四つの基本のケアが定まっています。

❶水分を1日に1500ml以上摂取する。
❷便秘を解消する。
❸1日に1500kcal以上の食事をとる。
❹ウォーキングなどの運動をする。

便秘や低栄養も、認知症の異常行動の誘因となるものです。
逆にいえば、これらのケアを実践すれば、認知力を向上させ、認知症の問題行動を大きく改善させることができるのです。

とにかく、認知症を防ぎ、治すためには、脳トレをするのではなく、まず水を十分に飲む(飲ませる)ことから試してみてください。
わずか数日で、必ずはっきりとした効果を実感できるでしょう。

竹内孝仁
1966年、日本医科大学卒業。東京医科歯科大学助教授、日本医科大学教授を経て、2004年より現職。1973年から特別養護老人ホームにかかわり、おむつ外し運動、胃ろう外し運動を展開。在宅高齢者のケア全般に取り組む。著書に『ボケは脳の病気ではない~だから防げる、治せる』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


認知障害 認知症 脱水

関連する投稿


【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

調査開始時と追跡調査時のデータを解析したところ、調査開始時から日常的に緑茶を飲まない人と比べて、緑茶を飲んでいる人のほうが、認知症やMCIの発症率が低いことが判明したのです。【解説】山田正仁(金沢大学附属病院神経内科長・金沢大学神経内科学教授)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

日本では、認知症に対する医療や社会の理解が非常に遅れています。結果、誤った対応によって症状がより深刻化し、ご本人や周りの人たちがつらい思いをしてしまうケースが後を絶ちません。医師や介護職の人はもちろん、家族も病気に対する正しい知識を持つ必要があります。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング