【認知症と睡眠】「アルツハイマー型」を予防する“短時間の昼寝” 不眠症にも効果

【認知症と睡眠】「アルツハイマー型」を予防する“短時間の昼寝” 不眠症にも効果

30分以内の昼寝を実行すると、アルツハイマー型認知症の危険性を大幅に減らすことがわかりました。よく眠ることは、認知症を予防し進行を送らせるうえで、大いに推奨できるのです。ですから、夜よく眠るための努力を地道に続けることが重要です。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


ぐっすり眠れば脳の老廃物が排出される!

いうまでもなく、健康を守るためには、睡眠は極めて重要な要素です。
よく眠れない日々が続くと、老若男女を問わず、たちまち生活の質が下がってしまいます。

認知症になると厄介なのは、睡眠障害がしばしば生じることです。
よく知られているのが、夕方から夜にかけて、興奮して異常行動を起こすパターンです。

興奮して徘徊したり奇声を発したりするなど、さまざまな異常行動が見られます。
当然、このような状態になると夜間に十分な睡眠を取れません。

結果、日中にダラダラと居眠りをして過ごすことになり、夜に眠れなくなるという悪循環が起こります。
こうして認知症患者のかたが、完全に昼夜逆転の生活をするようになると、介護する家族にとっては、大きな負担となってしまいます。

一方、うつ病の場合も、しばしば睡眠障害が起こります。
ただし、うつ病の睡眠障害の特徴は、「一度眠っても真夜中や早朝に目覚めてしまう」「目覚めるときにドキドキしたり、息苦しかったり、体が重たかったりする」などの身体症状を伴うことが多くなります。

眠れずに過ごした深夜や早朝は、誰にも相談することができません。
このため、うつ病の患者さんの場合「私なんか生きていてもしかたないんだ」など、1人で誤った判断をする危険性があります。

それが、自殺という最悪の事態を招いてしまうことさえあるのです。
このように、睡眠障害は、認知症の人にとっても、うつ病の人にとっても、併発すると非常に厄介な症状です。

特に、認知症治療の場合、以前から睡眠は重要視されてきました。
睡眠をよく取って体調を整え、生活習慣病があるならできるだけ改善するよう努めること。

これは、認知症の予防に役立つだけでなく、既になってしまった場合でも、進行を遅らせるうえでのポイントです。
しかも、近年の認知症研究の進展によって、睡眠が、認知症と深く関連のあることがわかってきました。

認知症の6~7割を占める、アルツハイマー型認知症の原因物質とされるのが、「アミロイドβ」と呼ばれる脳の老廃物です。
加齢に伴って、アミロイドβが脳内に多量に蓄積することが、神経細胞を死に追いやり、脳の萎縮を引き起こすと考えられています。

アミロイドβは、加齢によって徐々に蓄積されますが、一方で、脳から排出されてもいます。
つまり、アミロイドβの排出がスムーズに行われているなら、脳内に多量の蓄積が起こらず、認知症を発症しにくくなるのです。

先日、あるテレビ番組でも紹介されていましたが、このアミロイドβの排出を進める条件こそ、「睡眠の質」だと判明しています。
つまり、深くぐっすりと眠ることが、アミロイドβを減らして、認知症を防ぐことに役立つのです。

ちなみに、推奨される睡眠時間は、6~8時間です。

60分以上の昼寝は逆効果寝過ぎないように注意!

このように、よく眠ることは、認知症を予防し進行を送らせるうえで、大いに推奨できるのです。
ですから、夜よく眠るための努力を地道に続けることが重要です。

例えば、朝起きたらウォーキングなど適度な運動をして、日の光を浴びて体内時計を調節するといいでしょう。
さらに、お勧めしたいのが「昼寝」です。かつては、「昼に寝てしまうと、夜になって眠れなくなる」という理由で、昼寝は控えるようにいわれたものです。

ところが、最近の研究では、短時間の昼寝をすると、日中の眠気を防げるだけでなく、不眠症を予防・改善するうえで効果があると考えられています。
日中、ずっとうつらうつらするのを避けるためにも、きっちりと短い時間昼寝をして、頭の中をスッキリとさせることが望ましいのです。

昼間の眠気が解消できれば、日中はより活動的に動けます。
そうなれば自然と疲労がたまり、夜、スムーズに眠りにつくことができるでしょう。

短時間の昼寝が、認知症の予防に役立つことは、以前から研究報告でも示されています。
2000年に、国立精神神経センターが行った疫学研究があります。

これは、アルツハイマー型認知症の患者さん337名と、その配偶者260名の間で、昼寝の習慣を比較調査したものです。
それによると、30分以内の昼寝を実行すると、アルツハイマー型認知症の危険性を大幅に減らすことがわかりました。

ただし、30分程度の昼寝であれば、危険性は明らかに低くなりますが、60分以上昼寝をしてしまうと、逆に、危険性が高まるとされています。
昼寝は、認知症を予防するために非常に役立ちますが、寝過ぎないように注意して、30分くらいを心がけましょう。

年配のかたは、昼寝をすることに罪悪感を持つ傾向があるようですが、認知症を予防・改善するために、昼寝を毎日の習慣にしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

人間の体にとってメンテナンスとは、「筋肉トレーニングをする」ことです。筋肉を鍛えれば、いつまでも自分の足で歩くことができますから、自立した生活を送るには、いくつになっても筋肉トレーニングが必要なのです。筋トレで、私が必ず皆さんに指導するものの一つに、「ふくらはぎストレッチ」があります。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

正しい生活改善をすれば不眠の大部分は改善・解消できるものです。それでも十分な効果がない場合、目安として、不眠症状が「週に3回以上、かつ3ヵ月以上」持続すると「慢性不眠障害」と診断されます。この場合は医師に相談し、補助として睡眠薬を使うのもよいでしょう。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)