【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


現代人の生活は 肝の働きを弱める

 中国の伝統医学である中医学では、体に現れるさまざまな症状を、五臓(肝・心・肺・脾・腎)と六腑(胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)との関わりで考えています。
 ここ数年、急増している目の疲れやドライアイ、かすみ目などのトラブルも例外ではありません。特に目は「肝」と密接な関係があり、肝の働きが悪くなると、こうした不快症状に見舞われます。
 私たちの体内では、食事から取り入れた栄養を元に作られた血が巡っています。肝は血を蓄え、目に血を送っています。目は血から滋養を得て力を養い、ものをしっかり見たり、うるおいを保ったりしています。
 肝の働きが悪くなって目に血が行き届かなくなると、目の力も衰えて不調をきたすようになります。
 肝の働きが悪くなる原因は、睡眠不足や働き過ぎ、暴飲暴食、精神的なストレスなど、現代人の生活そのものの中にあります。
 肝の働きが衰えている上に、スマートフォンやパソコンの画面を見て目を酷使すると、不調に拍車がかかります。
 目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。
 クコの実は疲労回復や老化防止などさまざまな薬効があり、薬膳料理によく用いられます。杏仁豆腐にちょこんと添えられている赤い実を、食べたことがある人もいるでしょう。
 クコの実は肝の働きを助け、肝の血が目に届くように調整します。これにより目の力が回復し、ドライアイや視力の低下、目のかすみなどさまざまなトラブルが解消します。

ふやかすことで 消化吸収をよくする

 品質のよいクコの実は、鮮やかな赤い色をしており、大きさは小指の爪くらいあります。色が黒ずんでいるもの、小さ過ぎるものは避けましょう。賞味期限が明記されていることも確認してください。
 クコの実は、スーパーマーケットでも購入できますが、生薬(漢方薬の原材料となる天然物)を扱っている漢方薬局やインターネットのショップで入手するのがお勧めです。
 クコ湯は簡単に作ることができます。湯のみにクコの実10粒を入れ、かぶる程度の熱湯を注ぎます。そのまま30分ほど放置すると、硬いクコの実がふっくらとふやけます。こうすることで、消化吸収がよくなります。
 そして、そこに熱湯を湯のみの八分目まで注ぎます。これで、ほんのり甘いクコ湯の出来上がりです。ふやけて軟らかくなったクコの実を食べ、お湯を飲みます。
 目の疲れ、乾き、かすみ、視力低下など、なんらかの症状がある人は1日2回、朝晩の食前(30分~1時間前)に飲みます。食前が無理なら、食後でも構いません。これといった症状のない人も、目のトラブル予防に、1日1回、夕食前に飲むといいでしょう。

2週間ほどで 効果を実感

 個人差はありますが、クコ湯の効果は2週間ほどで実感できるようになります。朝晩飲んでいる人は、より効果が早く出るようです。私の元には、クコ湯を飲んだ方から次のような感想が寄せられています。
「パソコン作業を1日続けても、目がショボショボしなくなり仕事がらくになった」「目が乾きにくくなった」「視界が明るくなった」「ものがくっきり見えるようになった」「日中、サングラスをかけなくても光がまぶしくない」などです。
 クコ湯の効果をより高めるには、クコ湯と菊花茶をブレンドしてもいいでしょう。
 菊花も肝に働きかける植物で、目にこもった熱を冷まして目の熱感を取ったり、目の乾燥や疲れを解消したりする効果があります。
 肝は精神や情緒の働きとも関係があり、肝の働きが衰えるとイライラしたり、気持ちが沈んだりします。菊花は、イライラや、落ち着かない気分を鎮める効果もあります。
 菊花茶を適宜作り、クコ湯と混ぜて飲むといいでしょう。菊花には苦味がありますが、甘味のあるクコ湯とブレンドすれば飲みやすくなります。クコの実、菊花茶は、冷蔵庫で保存しましょう。

井上正文
1978年、明治薬科大学卒業。薬剤師。1984年、群馬中国医療研究会設立に参加、2016年より群馬県前橋市の木暮医院の漢方相談室に勤務。漢方治療の臨床経験は30年以上に及び、講演活動も積極的に行う。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


【育毛薬膳】ハゲ、白髪の悩みを漢方パワーで一掃!頭皮の血行を促し髪が若返る!

【育毛薬膳】ハゲ、白髪の悩みを漢方パワーで一掃!頭皮の血行を促し髪が若返る!

漢方では、頭髪のことを、「血余」といいます。つまり、血液の余ったものが髪になるとされているのです。逆にいえば、血が足りないと、抜け毛、薄毛、白髪など、髪のさまざまな悩みが起こってきます。今回の育毛薬膳で、特に腎・肝・脾の働きを高める食品を選んでいます。それぞれの食品について解説します。【解説】マダム晴子(香港薬膳師)


【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

【新常識】スモークサーモン&レモンで眼精疲労を解消!ピント調節力もアップ!

人の目は、35歳くらいからピントを合わせる調節力が低下してきます。これが老眼の始まりです。老眼や眼精疲労を放っておくと、深刻な事態になることもあるのです。最近の研究で、「アスタキサンチン」の摂取で、眼精疲労が抑えられることがわかりました。目によい栄養素を積極的に取りましょう。【解説】梶田雅義(梶田眼科院長)


ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

ガムをかむと目の機能が活性化!眼圧が下がり老眼も改善すると最新研究で判明

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川 賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング