頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方 見た目の若返り効果もある!

頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方 見た目の若返り効果もある!

蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。脳を活性化する簡単な方法があります。それは、蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


頭部への血液とリンパの流れをよくして活性化!

脳への血液とリンパの流れをよくして、脳を活性化する簡単な方法があります。
蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。

蝶形骨は、目と鼻の奥に位置する、チョウのような形をした骨です。
この骨は、前頭骨・側頭骨・頭頂骨・後頭骨・顎骨など、頭部の多くの骨と連結する、頭蓋骨のリーダー的存在です。

この蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。
認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。
逆にいえば、蝶形骨を緩めることで、これらの症状改善が期待できるのです。

蝶形骨が、頭部のあらゆるところに影響を与える要の骨だということは、以前からわかっていました。
しかし、蝶形骨は顔の奥にあるので、外から触れられません。
そのため、「蝶形骨の緩め方」は、医学関係者や治療家にとって、長年のテーマでした。

ごく最近、蝶形骨を緩める方法を発見したのが、健康プロデューサーの杉本錬堂氏です。
錬堂氏は、数々のひらめきと経験から独自のメソッドを考案し、「天城流湯治法」として広めています。

私は2016年に天城流湯治法に出合い、クリニックでの治療に取り入れて、絶大な効果を上げています。
今回は、錬堂氏が発見した蝶形骨を緩める方法を、皆さんにご紹介しましょう。

まぶたと口角が上がって見た目が若返る人続出

蝶形骨を緩めるポイントは、髪の生え際付近にあります。
おでこの膨らみを、真ん中から外側に指でなぞっていき、膨らみが終わるところ(おおよそ目尻の辺り)から、まっすぐ上に行って、髪の生え際とぶつかった辺りです。
加齢で生え際が変わった場合は、以前の生え際の辺りを目安にしましょう。

そこに、手の親指の先を当て、グリグリと刺激します。
指を左右に動かして、骨から周りの組織をはがすような気持ちで行いましょう。
刺激するのは、5~10秒程度でOKです。

頭ほぐしを行うと、その場で視界が明るくなったり、眠気が覚めたりといった変化が感じられます。
「頭のもやが晴れた」という声も聞かれます。

まぶたが上がって目が大きくなったり、口角が上がったりして、見た目が若返る人も少なくありません。
これは、蝶形骨が緩んで頭部全体がリラックスし、血液とリンパの流れがよくなった証拠です。
まぶたや口角が上がるのは、筋肉の緊張が取れ、本来の状態に戻るからです。

頭がボーッとするときや、頭痛・頭重感があるときに行うと、即効性があります。

先日、交通事故後の頭痛に悩む患者さんが見えました。頭ほぐしを教えたところ、頭痛が改善したと報告がありました。

脳内の血流がよくなるので、認知症の予防にもお勧めです。
すでに認知症を発症しているかたには、ご家族がやってあげるのもよいと思います。

また、蝶形骨のすぐ上には、脳下垂体があります。
脳下垂体は、ホルモンの働きを調整し、生命維持をつかさどる重要な器官です。
蝶形骨を緩めると、脳下垂体の働きが整い、全身のホルモンバランスもよくなります。

更年期障害などの不定愁訴の軽減にも役立つでしょう。

頭ほぐしは、1日何回やってもかまいません。
頭をスッキリさせたいとき、不快症状を和らげたいとき、そして認知症予防にも大いに活用してください。

認知症は、記憶をつかさどる脳の海馬の神経細胞が減っていく病気とされています。
しかし、認知症が急増したこの50年を考えると、生活習慣が関与していることは否定できません。

特に大きいのは、食事です。
添加物、農薬、遺伝子組み換え食品など、自然界にはない「毒」が口から入り、脳に沈着しているのではないでしょうか。

また、脳の血流量を減らす降圧剤や、脳に直接作用する精神薬(睡眠導入剤を含む)の乱用も影響しているでしょう。
認知症を予防するには、そのような毒を体に入れないように心がけることも大切です。

さらに、よくかんで食べることも重要です。
よくかむことは、脳への血流を促進します。上あごの骨は、脳への血流のスイッチともいえます。
咀嚼することでポンプ作用が働き、血液やリンパ液が脳に送られるのです。
逆に、咀嚼不足は脳への血流を悪くします。

「胃ろうにすると認知症になりやすい」というのは、食べ物をかまないことで、脳への血流量が減るからです。
あごの骨は蝶形骨とつながっているので、咀嚼は蝶形骨を緩めることにも役立ちます。

頭ほぐしと、よくかむことを習慣にして、脳機能のアップに役立てましょう。

平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室、新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


最新の投稿


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)