【認知症の予防法】食事と運動で症状は改善する 糖質制限とウォーキングが効果的

【認知症の予防法】食事と運動で症状は改善する 糖質制限とウォーキングが効果的

認知症は何をすれば予防・改善できるのでしょうか。脳の「海馬」は、新しい出来事を記憶する場所です。認知症の最大の特徴は、この新しい出来事を忘れてしまうことにあります。ですから、海馬の血流が増える「ウォーキング」が非常に重要なのです。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


鼻歌交じりの速さで1日5000歩が効果的

→【関連記事】「認知症は改善しない」は誤解である

「認知症は改善できる病気」とご紹介しました。

では、何をすれば予防・改善ができるのでしょうか。
それは、ずばり「ウォーキング」です。

認知症は、脳の神経細胞の減少や、神経細胞どうしの情報伝達が悪くなることで、認知機能が低下する病気です。
少し前までは、脳の神経細胞は、大人になってからは減る一方だと考えられてきました。

ところが、数年前に発表された国際論文で、ウォーキングなどの適度な有酸素運動により、神経細胞の再生を促す神経栄養因子が分泌され、脳の神経細胞が増えると立証されたのです。
さらに日本でも、国立長寿医療研究センターの研究により、運動と頭の体操を同時に行うことで、軽度認知障害(MCI)の人の認知機能が改善することが確認されました。
ウォーキングにより、脳の海馬の血流が増加することもわかっています。

海馬は、新しい出来事を記憶する場所です。
認知症の最大の特徴は、この新しい出来事を忘れてしまうことにあります。
ですから、海馬の血流が増えるウォーキングは、認知症の予防・改善において、非常に重要なのです。

このように「歩いてくださいね」というと、「じゃあ明日から走ります!」と息巻く患者さんが、必ずいらっしゃいます。
しかし、年配のかたのランニングは、私はお勧めしません。

ランニングをすると、心拍数が急上昇します。
特に年配のかたは、140を超えると、不整脈や狭心症を発症しやすくなります。
また、ランニングは、かかとやひざに、体重の約3倍の負荷がかかるため、年配のかたにはお勧めできないのです。

そして、東京都健康長寿医療センターが行った、大規模な身体活動調査「中之条研究」では、認知症には「1日5000歩、そのうち速歩きが7.5分」の歩き方が、最も効果的だと判明しました。
つまり、認知症対策のウォーキングは、「心拍数が乱れない程度のスピードで、1日5000歩」を心がければいいのです。
スピードの目安は、「鼻歌が歌える程度」がちょうどいいでしょう。

そして、慣れてきたら、何かをしながら歩く「ながら歩き」をすると、より効果的です。
「計算をしながら歩く」「川柳を詠みながら歩く」など、自分に合った歩き方を見つけてください。
もちろん、「景色を見ながら歩く」ことも、りっぱなながら歩きです。

私は、数多くの患者さんを診てきましたが、歩かない人ほど、認知症になる人が多いと感じています。
ですから、歩くのが嫌いという人も、まずは1分でもいいので、歩いてください。

そして、少し奮発していい運動靴を購入するなど、歩くモチベーションを高める工夫をしてみてはいかがでしょうか。

徘徊は止めずに同行して歩こう!

足腰が弱い人や、要支援・介護の認定を受けている人も、歩くことをあきらめないでください。
少しでも足を動かさないと、ますます認知機能は低下してしまいます。

例えば、転倒が怖い人、ひざや股関節が悪い人には、2本の杖を使って歩く、ポールウォーキングがお勧めです。
ポールは、スポーツ用品店などで購入できます。

また、外を歩くのが怖いという人は、家の中を歩きましょう。
段差や階段に注意すれば、まさに頭を使いながら歩いていることになります。
家の中を歩くことも難しい場合は、イスに座って足踏みをするだけでも効果大です。

ちなみに、「アルツハイマー型認知症」の周辺症状として多く見られるのが、「徘徊」です。
これを多くの人は心配しますが、私は、認知症改善のためには、徘徊を止めるべきではないと考えています。
部屋に閉じ込めるほうが、一気に認知症を悪化させるからです。
とはいえ、1人だと歩いている途中で迷子になってしまう可能性があるので、誰かが同行して歩いてほしいと思います。

なお、糖尿病の人は、認知症リスクが約2倍に高まるといわれています。
また、メタボの人は認知症になりやすいという研究結果も、次々と発表されています。
この点からも、歩くことは認知症対策に有効ですが、加えて食事にも気をつける必要があるでしょう。

ウォーキングと、糖質を減らした食生活を実践している認知症の人は、夜もよく眠れるようで、皆さんニコニコと、自然な笑顔になっていきます。
これは、脳内で「幸せホルモン」と呼ばれる神経伝達物質・セロトニンが多く分泌されている、まさに「壮快」な状態。
記憶は低下していても、いたって元気に過ごしている人が、たくさんおられるのです。

ぜひ皆さんも、毎日歩いて、認知症の予防・改善に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

医師からは薬を処方され、「この病気とは一生つきあわなくてはいけない」と言われました。そして、「食事は腹6分目まで」「脂っこいもの、甘いものは控える」「食後すぐ横にならない」などの指導を受けました。薬を飲むと痛みはいくぶん和らいだものの、決してらくにはなりません。【体験談】山田花畑(仮名・システムエンジニア・40歳)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

【逆流性食道炎】原因は糖質の食べすぎ?糖質制限で改善、再発も予防できる

「逆流性食道炎」は、胃に入ったはずの食物が、食道へと逆流する症状をくり返す病気で、胸のムカムカ、胃の痛み、酸っぱいものがこみ上げてくるといった症状に苦しめられます。そのため、人と食事ができなくなる、熟睡できない、集中力の低下などを引き起こし、生活の質が大きく下がります。【解説】江部康二(高雄病院理事長)


【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

【足のむくみが解消】ふくらはぎを緩めるストレッチでこむら返りも消失

人間の体にとってメンテナンスとは、「筋肉トレーニングをする」ことです。筋肉を鍛えれば、いつまでも自分の足で歩くことができますから、自立した生活を送るには、いくつになっても筋肉トレーニングが必要なのです。筋トレで、私が必ず皆さんに指導するものの一つに、「ふくらはぎストレッチ」があります。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)