【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。【解説者】平地治美(和光治療院・漢方薬局代表)


舌のコケが厚くなると高血圧や肥満の引き金に

舌は、ツボや経絡(生命エネルギーの通り道)がたくさん存在する非常に重要な部位です。
そして、漢方には、「舌診」という診断方法があります。

文字どおり、舌を診ることで、目には見えない内臓の状態はもちろん、その人が本来持っている体質、心の状態や性格までもがわかるのです。
舌は、本体部分の「舌身」と、その上を覆っている「舌苔」に分けられます。

舌診では、舌身と舌苔をそれぞれ観察し、舌の色、舌の形や状態、舌裏の静脈などを確かめます。
私も患者さんに舌診を行っています。

舌は、体調の変化が如実に現れるので、漢方を処方する際には欠かせない診断法なのです。
舌診で最も重要視されるのが、舌苔です。

舌をコケのように覆っていることから舌苔と呼ばれますが、その正体は、もちろんコケではありません。
実は、食べカスや細菌、古くなった粘膜など、いわゆる舌についた垢なのです。

通常、薄いピンク色の舌の上に、うっすらと白い舌苔がついているのが、健康な状態です。
しかし、食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすると、舌苔が厚く、腫れぼったくなります。

こうした舌苔は、胃腸が疲れていることを教えてくれるわけです。
また、舌苔が厚い状態が続くと、味覚が鈍くなり、濃い味つけでないと満足できなくなります。

高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病の引き金にもなりかねません。
さらに、舌苔は、細菌のすみかとなるため、口臭の原因にもなります。

高齢者の場合は、舌苔の細菌が肺に入ることで、誤嚥性肺炎を引き起こす危険もあるのです。
ですから、歯を磨くことと同様に、毎日自分の舌を観察し、舌苔のケアをすることが、とても重要です。

舌苔をケアする方法は、いろいろあります。
薬局などで売られている、舌ブラシを利用するのもいいでしょう。

その際は、力を入れず、なでるように取りましょう。
ゴシゴシと強い力で取ると、舌の表面が傷つき、口臭が強くなったり、味覚異常につながったりする危険もあります。

また、舌苔を取り過ぎてしまうと、生体反応が過敏に働き、「もっとたくさん作らなくては!」と、より多くの舌苔が生成されてしまいます。

朝食前になめれば夜間の老廃物も掃除できる!

そこで、私がお勧めしているのが、ハチミツをなめることです。
これだけで、適度に舌苔を除去することができます。

用意するのは、市販のハチミツ(非加熱で純度100%の物)だけです。
口を水でゆすいでから、ティースプーン1杯のハチミツを舌に垂らし、なじませます。

そのままなめてもかまいませんが、気になるかたはその後、口をゆすぎましょう。
ハチミツには、たんぱく質を溶かす性質があり、余分な舌苔を溶かしてくれます。

また、殺菌・抗菌作用にも優れているので、口臭予防にも役立ちます。
ハチミツをなめるのは、できれば朝食の前がよいでしょう。

私たちの体は、眠っている夜間に、排毒機能が働き、体に不要な老廃物が、舌苔として浮き出てきます。
だからこそ、朝いちばんにハチミツをなめて、夜間に浮き出た舌苔を掃除する習慣をつけましょう。

また、ハチミツは、ビタミンやミネラルが豊富で、さまざまな薬効が期待できる優れた食材です。
民間療法では、口内炎やのどの痛みの改善、滋養強壮などに使われているのは、皆さんもご存じでしょう。

漢方でも、滋養強壮を目的によく利用されています。
中国最古の薬物書『神農本草経』には、「上品(生命を養う目的の薬)」と区分されています。

滋養強壮のほかに、老化を予防する、精神を安定させるなどの薬効があると記されています。
ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。

私の患者さんのなかにも、ハチミツを補助的に利用するようになって、食欲や間食が抑えられて、10kg以上の減量に成功したかたがいます。
また、ぜんそくに悩んでいた患者さんに、就寝前にハチミツをなめるよう指導したところ、夜間のぜんそくの発作が出にくくなったと喜んでいます。

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。

平地治美
和光治療院・漢方薬局代表。鍼灸師・薬剤師。千葉大学大学院医学研究院非常勤講師。明治薬科大学卒業後、漢方薬局勤務を経て、鍼灸を学んだのち、約20年間、漢方臨床に携わる。「鍼灸と漢方薬は、併用することで相乗効果が生まれる」をモットーに、日々治療・漢方相談にあたっている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない の2タイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)