【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


ゴマは老化防止成分の宝庫

 私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。

 その一つがゴマで、毎朝必ず、炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。
 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。

 ゴマの成分の約50%を占める脂質は、リノール酸とオレイン酸で構成されており、血中の悪玉コレステロール(LDL)の上昇を抑えたり、大腸で便のすべりをよくしたりする作用があります。

 食物繊維にも、腸を刺激して排便を促す働きや、コレステロールの排出を促す働きがあります。

 なかでも特筆すべきは、ゴマ特有の成分「セサミン」でしょう。セサミンは、ゴマリグナンという抗酸化成分の中に含まれる成分の一つです。健康食品としても、おなじみですね。

 私たちの体内では、常に活性酸素が発生しています。それによって細胞が酸化され、老化が進んでいきます。
 活性酸素が増えると、肝臓の働きが低下して、肌のハリがなくなったり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールが増えたり、生活習慣病にかかりやすくなったりします。

 この活性酵素を撃退し、アンチエイジング(若返り)に効果があると注目されているのが、セサミンに代表される、ゴマリグナンです。
 ゴマリグナンには、脂質の酸化を防ぐ働きがあります。ゴマ油がほかの油より酸化しにくいのは、このためです。
 ゴマリグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする成分でもあり、ホルモンバランスを整え、更年期障害を改善する効果があると考えられています。

 このほか、脂肪燃焼効果、食欲抑制効果、エネルギー代謝の促進など、ダイエットにも有効な成分をたくさん含んでいることもわかっています。

調味料代わりに使うのもお勧め

 このように、ゴマには多彩な健康効果があります。

 これを、トウガラシと共に酢に漬けた「ゴマ酢」にすると、ゴマの健康効果に、酢の持つ血液サラサラ効果や、血糖値上昇抑制効果、トウガラシの発汗作用による脂肪燃焼効果などもプラスされるので、より高い効果が望めるでしょう。

 また、ゴマ酢では黒ゴマを使用しますが、黒ゴマの皮には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれているので、より高い白髪の予防効果や抗酸化作用が期待できます。

 さらに黒ゴマは、白ゴマと比べて脂質が少なく、鉄分やカルシウムの含有量が高いこともポイントです。
 鉄分が不足すると、鉄欠乏性貧血を引き起こし、白髪や抜け毛が増えることがあります。特に、女性は鉄分が不足しがちなので、意識的に摂取したいものですね。

 なお、ゴマ酢をとるときに気をつけていただきたいことが、三つあります。

①空腹時に酢を飲むと、胃を痛める恐れがあるので、食事中や食後にとりましょう。

②特にご年輩のかたは、酢とゴマを一緒に飲むと、むせたり誤嚥を起こしたりする恐れがあるので、十分注意してください。

③残った黒ゴマやトウガラシは捨てずに、すりつぶして料理にかけるなどして食べましょう。

 また、ゴマ酢は、漬けたゴマとともに、調味料代わりに使ってもいいでしょう。サラダや温野菜にドレッシングとしてかけると、ゴマも一緒に食べやすくなります。ポン酢代わりに使っても、いろいろな料理に合うと思います。ゴマ酢に酸味と辛味があるので、そのぶん、減塩が可能です。

 ただし、ゴマは粒のままだと吸収されにくいので、よく嚙んで食べるようにしましょう。
 アイデアしだいで、いろいろ楽しめそうですね。ぜひみなさんも工夫してみてください。

→「ゴマ酢」の基本の作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング