【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

【眼科医】白内障の原因と症状、改善方法 ― 予防にお勧めのサングラスはSWANS

白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)


加齢とともに紫外線が白内障の進行に影響

 白内障は、カメラでいうレンズの役割をしている、目の中の水晶体が濁ってくる病気です。

 原因はさまざまですが、なかでも老化(加齢)に伴うものが最も多く、加齢性白内障と呼んでいます。白髪や顔のシワ、体力の衰えと同じように、どんな人でも老化とともに進行していくわけです。
 水晶体の中は、主に水分とたんぱく質で構成されています。若くて健康なうちは無色透明で光をよく通しますが、老化でたんぱく質が変性して濁ると、光が通過しにくくなります。
 曇ったレンジでファインダーをのぞくようなもので、光が通過しにくくなったり、乱反射して網膜にきちんと像を結ばなくなったりするのです。

 白内障の自覚症状は人によって多少差はありますが、通常、次のような形で現れてきます。
・目がかすむ。ぼやける
・視力低下。小さな文字が見えづらくなる
・屋外などで光がまぶしく感じられるようになる
・薄暗いときや場所で物が見えにくくなる
・物が二重や三重にダブッて見えるようになる

 目にこのような異常を感じたら、放置せずに早めに専門医を受診してください。

生活習慣や栄養療法で白内障のリスクが軽減

 ところで、昨今はアンチエイジング(抗加齢医学)といって、心身のさまざまな老化現象を遅らせる研究が盛んに進められています。
 白内障もいわば老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。

 白内障の引き金となる水晶体のたんぱく質が変性する要因としては、加齢とともに、紫外線などによる「活性酸素」の影響も強く指摘されています。
 目と体をサビさせる悪玉物質となるこの活性酸素は、紫外線などの光刺激や喫煙、ストレス、過食や高脂肪食、過度の飲酒などで発生し、眼内の組織の老化に拍車をかけます。さらに、水晶体のたんぱく質を傷つけて、白内障を助長させていくのです。
 ですから、予防もこれらのリスクを軽減させることが何より大切になります。

有害光から目を守る栄養と保護レンズ

 目を活性酸素の害から守るために、お勧めしたいのが、抗酸化力(活性酸素を消去する力)の優れた栄養素を食品から十分に取ることです。

 主な抗酸化ビタミンであるビタミンCやE、目に有効な抗酸化色素・カロテノイド類のルテイン、アスタキサンチン、β―カロテン、リコピン、ポリフェノール類のアントシアニンなどの継続摂取が勧められます(上記一覧参照)。
 事実、厚生労働省の大規模な疫学調査(1995年)においても、ビタミンCの白内障に対する予防効果が確認されています。

 報告では、食事からのビタミンCの摂取が最も多いグループは、最も少ないグループに比べて、白内障を発症する質が男性で35%、女性では45%も低くなっていました。

 ビタミンCは、体内で作ることができないうえに、水溶性なので体内に蓄積できず、余分なものは体外に排泄されてしまいます。ですから、1日1000mg以上を目安に、何回かに分けて取るのがコツです。
 ビタミンCを多く含む食品は、レモン、キウイ、リンゴ、ブロッコリー、緑茶など。サプリメントで補うのもいいでしょう。

サングラスは側面も覆えるタイプがよい

サングラスを選ぶ際には注意が必要

 また、皮膚が衣類などで覆えるのと違い、目は常に直接露出しているため、有害光からの保護がとても大切です。
 紫外線などの有害光対策は、機能カラーレンズを入れた保護メガネを活用するのが勧められます。ただし、選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

 紫外線(人間が見える光より波長の短い光・UV)は、波長によってUVA、UVB、UVCの3種に分かれます。
 波長の最も短いUVCは、オゾン層の破壊によって、近年は地上にまで届くようになった有害な紫外線です。
 UVBは、角膜(黒目)へ吸収され、その浴びる量が多いと、角膜炎や結膜炎などの原因になります。海水浴やスキーなどでUVBを大量に浴び、目に強い痛みや充血による涙が止まらないなどといった症状を経験した人も多いことでしょう。

 そして、UVAは、角膜を通り抜けて、ほとんどが水晶体で吸収され、水晶体の透明なたんぱく質を傷つけます。その傷が徐々に蓄積することにより、水晶体を白く濁らせて、白内障を引き起こします。
 白内障の原因の約25%以上が、紫外線の影響とされています。紫外線の著しく多い熱帯地域や、空気が薄くて紫外線の強いネパールやチベットなどの高知に白内障や失明になる人が多いことが、それを裏付けています。
 さらに、可視光線の中でも短波長で高エネルギーの紫青色光(以下、ブルーライト)は、加齢黄斑変性(見たいところが見えずらくなる病気)の原因となる有害光とされています。

 テレビやパソコン、スマホなどのブルーライトも、目にとって有害になるため、現代では屋内での作業が多いからといって油断なりません。
 ところが、市販のUVカットレンズの中には、UVBしかカットされないものが大半で、これでは有害光対策は不十分です。
 購入する際には、UVAとUVBの両方をカットし、「紫外線通過率が0.1%以下」と表示されたもので、同時にブルーライトもカットする、薄い黄色のカラーレンズを入れたサングラスを選んでください。

 こうした諸々の条件をクリアするものとして私が患者さんにお勧めしているのは、SWANS(山本光学)のスポーツサングラスやアイプロテクションレンズ(HOYA)のレンズなどです。
 また、メガネフレームは側方もしっかり覆えるシールド付きのものや、ゴーグルタイプがお勧めです。普通のフレームだと、側方から入る日光がサングラスの内面で散乱し、有害光がより多く眼内に入ってしまうためです。

 コンタクトレンズを使っている人は、UVカット機能のあるソフトコンタクトにしたうえで、保護用の機能サングラスをかければ万全でしょう。
 特に注意すべき点として、黒いカラーだけのファッションレンズは、視界が暗くなるために瞳孔(ひとみ)が広がり、かえって紫外線などの有害光が目の中に入りやすくなるので、「百害あって一利なし」です。

 このように、有害光から目を守るために、屋外ではつばの広い帽子や日傘などを使用したうえで、紫外線やブルーライトをカットする保護用メガネをかけるといいでしょう。また、長時間、テレビやパソコン、スマホを使用する際にも保護用メガネをかけて、有害光から目を守ってください。

村上茂樹
1959年、山口県萩市生まれ。医療法人「湘悠会」むらかみ眼科クリニック院長。医学博士。86年、順天堂大学医学部卒業。92年、井上眼科病院(東京都)診療部長。94年、西日本病院(熊本市)眼科部長就任。96年、熊本県宇土市にむらかみ眼科クリニックを開設。2007年、順天堂大学客員准教授。12年より、同大学客員教授に就任。日本眼科学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医、日本抗加齢医学会専門医。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 近視 白内障

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)