【女性の薄毛(FAGA)】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


→【関連記事】抜け毛が減った!皮膚科医推奨の「お湯洗髪」

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす

私は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。
このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」と不思議に思われるかたがおられるかもしれません。
 
しかし、これは不思議なことではないのです。
毛髪というのは、つめと同じく本質的には皮膚の一部です。

単に、皮膚の上に毛が生えているのではありません。
皮膚が、形を変えて分化したものが毛髪なのです。
 
ですから、皮膚科の医師が、皮膚の一部である毛髪の状態を診ることは、いわば当然のことといえます。
そこで今回は、皮膚科医として、薄毛治療で忘れられがちなポイントについてお話しします。
 
まずいえるのは、近年、「薄毛で悩む若い女性が増えている」ということです。
女性の薄毛には、女性ホルモンの減少によって起こる「女性型脱毛(FAGA)」や、ストレスによって起こる「円形脱毛症」などがあります。
 
そして、いずれの場合でも、冷え症に悩んでいる傾向が強いのです。
そこで、そうした患者さんに冷え症を改善する漢方薬を処方すると、同時に薄毛が改善するケースが多くあります。
 
近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、いよいよ確かなものとなっています。
医学的に発毛効果があると認められている「ミノキシジル」という薬品は、血流を増強する作用によって、発毛を促します。
 
そこで、冷え症によって全身の血流が悪くなることが、頭皮にも悪い影響を及ぼしているとすればどうでしょう。
冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つことは、間違いありません。
 
高い金額を費やしてシャンプーを買ったり、サロンに通ったりする前に、まずは冷え症を改善することが重要です。
毎日必ず湯船につかる、腹巻きを使うようにするなど、できることから始めてみましょう。

減塩に留意しながら和食中心の食生活を!

冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。

皮膚は、内臓の鑑かがみといわれています。つまり、内臓の不調はそのまま皮膚に現れるのです。
皮膚の一部である髪について、同じことが当てはまるのはいうまでもありません。
 
野生動物は体が泥だらけで汚くても、毛は抜けません。
しかし、不健康だとたちまち毛並みが悪くなったり、毛が抜けたりします。
人間もそれと同じです。
 
特に重要なのが、腸の状態です。
薄毛治療にどんなにお金を費やしても、腸が不健康なままでは頭皮が改善することはありません。
腸の状態は、それほど頭髪にとって重要です。
 
では、腸の状態を整えるために、何を食べればよいのでしょうか。 
最新の医学研究によって、腸の健康・不健康を決めるのは、腸内細菌であることが明らかになっています。
 
私たちの腸内には、多種多様な腸内細菌が棲せい息そくしています。
顕微鏡で腸の中をのぞくと、それらはまるで植物が群生しているお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。
 
腸内には、善玉菌、悪玉菌、そのどちらにも属さない日和見菌があって、勢力争いをしています。
これを、善玉菌=2割、悪玉菌=1割、日和見菌=7割のバランスに保つことが、理想的な腸内フローラとされています。
 
そこで、積極的に摂取するべきなのは、善玉菌を増やす食物繊維などを多く含んだ食品です。
日本人の腸内細菌は、長い年月をかけて日本の食事で育ってきたものです。

したがって、基本的には和食がお勧めです。
日ごろから和食を心がけ、食物繊維をたくさんとることから始めましょう。
 
ちなみに、韓国の人は辛い物を食べても平気ですが、日本人が同じことをすると、たちまちおなかを壊します。
これはすなわち、「日本人の腸内細菌が韓国の料理に慣れていない」ことを示しています。
 
くり返し強調しますが、日本人の持っている腸内細菌には、なじみのある和食が最適なのです。
ただし、和食は塩分の濃い物も多いので、この点だけは注意が必要です。

なぜなら、塩辛い物ばかりを食べると、腎臓を傷め、全身の老化を早めて脱毛を引き起こす危険性があるからです。
できるだけ減塩するよう留意しながら、和食中心の食生活を送ってください。
 
腸内フローラの状態を判断するには、「形のキレイなバナナ便が出ているかどうか」でわかります。
もし、いい状態の便が出ていないとすれば、あなたの腸内フローラは望ましい状態ではありません。
髪の毛ばかりではなく、便の状態にも気を配ってください。
 
今回お話ししたような、冷え症の解消、腸内フローラの改善といったことは、女性に限ったことではありません。
男性についても、全く同様のことが当てはまります。
 
若々しい髪を持った人は、健康で長生きできるといえます。
実践できることから始めてみてはいかがでしょうか。 

荒浪 暁彦
あらなみクリニック総院長。慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師。浜松医科大学卒業後、同大皮膚科に入局。静岡市立清水病院、富士宮市立病院などを経て、現在に至る。著書に『最強!の毛髪再生医療』、『さらば薄毛、最強の自毛復活プロジェクト!』、『人の寿命は「肌」でわかる、「腸」で決まる』(すべてワニブックス)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

【不調対策レシピ】ストレス・不眠に効果「玉ねぎヨーグルト」チョイ足しアレンジ

一般的な台所にある食材に、玉ねぎヨーグルトをチョイ足しするだけで……意外なおいしさが楽しめるうえ、気になる不調対策にもなります。普段の食卓で、ちょっとした箸休めにいかがでしょうか。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【髪の増やし方】薄毛・抜け毛の原因は“ふくらはぎ”にあり?「ウォーキング」でM字ハゲも改善した

【髪の増やし方】薄毛・抜け毛の原因は“ふくらはぎ”にあり?「ウォーキング」でM字ハゲも改善した

抜け毛や薄毛で悩んでいるのなら、なるべく早く行動を起こすことです。髪の毛の問題は、初期ほど改善するものです。私の育毛アドバイスの中でも、ウォーキングは大事です。「歩くこと?」と、拍子抜けする人がいるかもしれません。歩 くことが、頭皮のケアを生かして育毛効果につながるのです。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

腸内フローラの乱れは便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。「きな粉ヨーグルト」で腸内細菌が増え、腸内環境が整います。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)