【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


多くの人は2〜3ヵ月で痛みやしびれが軽快!

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。
脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。

悪化すると、長く歩くことが困難になります。
当院には、病院の治療を受けてもなかなか症状が改善しないという脊柱管狭窄症の患者さんが、多数来院されています。

そのような患者さんに、私が指導しているのが、今回ご紹介する「前後開脚」です。
やり方を覚えれば、いつでも実行できるセルフケア法です。

これを熱心に行っている人の多くは、始めて2〜3ヵ月で、痛みやしびれが軽快しています。
では、前後開脚がなぜ、脊柱管狭窄症に効くのかお話ししましょう。

私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが、「腸腰筋」です。
腸腰筋とは、大腰筋と腸骨筋と呼ばれる二つの筋肉の総称です(下の図参照)。

おなかの深部に位置し、腰椎(背骨の腰の部分)や骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。
主に股関節を屈曲させる働きがありますが、体重を分散させるために背骨が描くS字カーブの腰椎部分を維持する働きも担っています。

現代人は、スマートフォンやパソコン操作などが原因で前傾姿勢になる傾向があります。
そうした悪い姿勢が続くと、腰椎のS字カーブがくずれ、最終的にネコ背になってしまいます。

その際、正しい姿勢を保とうと踏ん張ってくれるのが、腸腰筋です。
しかし、腸腰筋にも限界があるので、長続きはしません。

疲れがピークに達すると、かたく縮んでしまうのです。
すると、腸腰筋がつながっている腰椎や骨盤を、下方向に無理やり引っ張るような形になり、腰椎がつぶされ、脊柱管の狭窄を悪化させます。

さらに、腰椎や骨盤が引っ張られることで、腹圧(おなかの中の圧力)が高まります。
腹圧が高まると、内臓が圧迫されてかたくなり、それが腰への負担にもなります。

また、腸腰筋がかたくなると、その裏側(お尻側)にある筋肉(梨状筋)も緊張して、座骨神経を前後からはさみ込むように圧迫するので、腰や下半身の痛みやしびれを引き起こしやすくなります。

このように、脊柱管狭窄症の原因は、かたく縮んだ腸腰筋と深い関係があるのです。

気持ちいいと感じる力加減で!

つまり、脊柱管狭窄症をはじめ、腰痛や座骨神経痛を改善させるためには、腸腰筋を緩めることが近道になります。
しかし、腸腰筋はおなかの奥にあるため、簡単にアプローチすることはできません。

そこで、私がお勧めしているのが、前後開脚です(やり方は下の図解を参照)。
両足の筋肉を、綱引きのように引っ張り合うことで、腸腰筋を伸ばして、緩めることができます。

ポイントは、前に出した足の太ももの裏側にある筋肉と、後ろに出した足のつけ根の腸腰筋を、気持ちいいと感じる力加減で、前後とも「同じテンションで引っ張り合うこと」です。

綱引きのように同じ力で引っ張り合うことによって、通常では伸ばすことのできない腸腰筋を伸ばして、緩めることができるのです。
慣れないうちは難しいかもしれませんが、腰をグッと落として、前後の足の突っ張り感を確かめてください。

この体勢を維持するのが難しいという人は、イスなどにつかまってもかまいません。
理想は、足を入れ替えて、それぞれ15分ずつ行うことです。

巨大な腸腰筋を芯から緩めるためには、それだけの時間が必要なのです。
どうしても時間が取れない人は、片方だけでかまいません。

その場合、症状が現れている側の足を、後ろに出しましょう。
お風呂上がりなど、血行がよくなったときに実行すると、ストレッチ効果がアップします。

前後開脚は、4年前から患者さんに指導していますが、腰や下肢(下半身)の痛みやしびれに悩む患者さんの8〜9割に効果が上がっています。
例えば、Aさん(30代・男性)は、ギックリ腰を放置したことで、脊柱管狭窄症に陥りました。

お尻から太もも、足先にかけての痛みとしびれに襲われ、長時間イスに座ることもできなくなったそうです。
そんなAさんが前後開脚を始めたところ、1ヵ月後には、痛みとしびれが取れて、長時間イスに座っても平気になったと喜んでいます。

前後開脚は、少なくとも1ヵ月は続けてください。
きちんと続ければ、必ず効果を実感できるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

気温や湿度が高くなるこれからの季節。足のにおいの相談が多くなります。足のにおいを解消するには、日常、足のケアを続けることが何よりも重要です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科部長、東京医科歯科大学皮膚科フットケア外来)


【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)